ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

受け売り現代史 ソマリア沖の海賊

たっくん こんにちは・・・
元気ですか
早いねぇ 少し前に入学式があったと思っていたらもう二年生なんだね
じいじの家に、たっくんの入学式の時の写真がまだ飾ってあるんだよ

夏休みが終わって新学期が始まったよね
学校で、インフルエンザが流行っていませんか
先生やお父さん、お母さんの言うことを聞いて、気をつけてね

さて、前にたっくんとスー・チーさんのお話しをしたよね
その後もスー・チーさんはいろいろ大変なことになっているんだ
でも、このことについてはまた別の日にお話ししようね

今日は、“かいぞく”の話をしよう・・・海賊だよ。
小説の中に出てくるのは、ドクロの旗を掲げ、片目に黒い眼帯をして、ひげ面で、おっかない顔をした大人が乗った船が暴れまわって悪いことをするというイメージだよね。
でも、これは小説の世界の話で、作り話なんだ。

ところが、今、実際に“海賊”がいるんだよ。
アフリカのソマリアという国があるんだけれど、この国は国の中で争いばかりしていて、きちんとした政府がありません。
取り締まる警察もいないので、海賊が暴れているんだ。 
ソマリア沖を通る船を乗っ取り、お金(身代金って言うんだよ)を要求するんだ。
日本の船も襲われるので、海上自衛隊の船が警備に出動したんだよ。

海賊事件は、今年1~6月の半年間で、昨年1年間の111件を上回る130件も発生しているよ。

たっくん: 日本の船は大きいんでしょ。 海賊の船に負けるのっ・・
じいじ: 海賊たちは、小さい漁船に乗って、貨物船やタンカー、客船に近づき、銃を乱射したり、ロケット砲を撃ったりして船を止めて、乗っ取ってしまうんだ。
乗組員やお客さんは人質になってしまうんだね。
そして、船を所有している会社と交渉して身代金を要求してくる。
客船、貨物船、タンカーなど大きな船でも、普通は、銃やロケット砲なんて積んでいないから抵抗できないよね。
ただ、逃げるだけなんだ。

たっくん: 身代金ってどのくらいなの?
じいじ: う~ん このやりとりはこっそりやるんでよく分からないんだ。
乗組員の命が大切だから、かなりの金額になっていると思うよ。
一人につき数千万とも言われているんだけれど・・・。

たっくん: 海賊をやっている人達はどんな人なの? それから、その場所の様子をもう少し教えてよ。
じいじ: 海賊が出るのは、アフリカ大陸の東側にあるソマリアの沿岸なんだ。f0020352_10341970.jpg
特に、北側のアデン湾は、アジアとヨーッパを結ぶスエズ運河を利用する船が必ず通るんだ。
だから、ここで待ち構えて入れば、船を襲うことができることになるよね。
f0020352_10432235.jpg


さっき言ったように、ソマリアでは1991年から内戦が続いて、きちんとした政府がないため、犯罪を取り締まる警察がないんだね。多くの国民が貧しい生活をしているんだ。
このため海岸線で生活をする漁民たちが「小遣い稼ぎ」に近くを通る船を襲い始めたところ、沢山のお金を得ることができたため、ついには海賊が“仕事”になってしまったんだね。海賊たちは、手にしたお金で、ロケット砲などの武器を買いそろえ、さらに襲撃力をつけているらしいよ。

たっくん: 対策はないの?
じいじ: 海賊の被害が続くので、ここを通らないようにしよう(スエズ運河を通らないようにしよう)と考えたんだけどね、この運河を通らなければ、ヨーロッパへ行くにはアフリカの南端(喜望峰)を大回りしなければならないんだ。
実際に遠回りしている貨物船もあるよ。
でもね、遠回りすると、荷物を運ぶのにものすごく時間がかかってしまうし、お金もかかるんだね。
参考までに言うとね・・・スエズ運河を通るのに払う通航料は平均1艘当りおよそ2400万円かかるらしいけど、それでも遠回りするよりも安上がりなんだそうだよ。
そこで、アメリカ、ヨーロッパの国々が軍艦を出して、海賊を取り締まったり、乗っ取られた船を助けたり、襲われない様に護衛する活動を始めているよ。
日本の海上自衛隊の護衛艦なども護衛にでているんだ。
ただ、
日本の船だけを守るのか。
護衛艦が襲われたら、海賊船を攻撃して沈めてしまってもいいのだろうか。
こうした問題があるので09年6月「海賊対処法」という新しい法律ができて、海賊船が攻撃してきたら、“船に対して射撃”してもいいことになったんだ。
微妙でしょ。“船”に対してであって、“人”を撃ってはいけないんだ。

ソマリアの政府がない状態を解決しない限り、海賊の取り締まりは、なかなか難しいようだね。
[PR]
by m-morio | 2009-08-27 10:58 | 市民カレッジ | Comments(0)