ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

”井蛙”のつぶやき・・川路のこと

前回、書き忘れたことがありましたので・・・

◆川路は、軽輩の身から次々と出世したことはすでに述べました。

その略歴は下記のとおりです。

江戸幕府勘定組頭格寺社奉行吟味物調役→勘定吟味役→佐渡奉行→小普請奉行→普請奉行→奈良奉行→大坂東町奉行→勘定奉行→西丸留守居→外国奉行

f0020352_20121687.jpg
◆川路は、プチャーチンから記念に「写真」撮りましょう・・といわれたことがあります。
しかし、このとき川路は頑なに固辞します。
その言い分は「私は醜男」だから・・というものだったとか。
プチャーチンはたいそう残念がったらしいが、もしそのとき撮っていたならば、
プチャーチンと並んだ肖像写真がのこったかも・・
と思うと残念な気がします。

◆川路聖謨が勘定奉行に昇進したときの日記に
「官僚の心構え」
として次のように書かれている。

1 議論で反論するときは穏やかな言葉を使う
2 相手の意見に道理がなくても、それが職務を損なわないなら心にとどめないこと
3 会議の際は、確固とした自分の意見を持ち、その上で多くの者の意見を聞く
4 衆議に従った場合は、自分の意見を忘れ固執しないこと
5 多忙に紛れて人に対する対応を粗略にしないこと


川路は、なかなかの堅物で、
質素倹約を旨とし、家中のものにもそれに倣わせ、
旅に出ると”仕事中”ということで、酒を断ち、家来にも従わせたとか。

そんな川路の姿を彷彿させる5ヶ条です。

どこかの国のある党のどなたかさんにお見せしたいような気もしますが。。。
f0020352_20292057.jpg
[PR]
by m-morio | 2010-05-06 20:31 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)