ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

年表

自前の”日本近現代史の年表”を作っています。
でも、この年表をわかり易く作るのは少々難しい。

年表ですから、基本は年代順に配列しています。
では、何を!?となるとその基準は、政治・経済・社会問題・諸外国との関係など広範囲にわたります。
全てを取り込むわけにはいきません。
            その一部は、こんな按配です・・・未完成 
f0020352_2043057.jpg
まだまだ手直しが必要です。

明治維新によって、天皇一代のあいだ一年号とする ”一世一元” の制に改められましたが、
徳川幕府の時代は目まぐるしく将軍が交代しています。いろいろな改革、事件がどの将軍時に起こったか(施政されたか)ということも一覧できれば良いのでは・・・とも思っているのですが。

こんなことに手を染めていますのでその歩みは亀のごとくです。

ペリー来航が開国の発端になり、国内事情もあって幾多の政争を経て開国へと進み、ついに徳川幕府が倒れ、明治維新へと移ります。

天下分け目の関が原の合戦から明治維新までの270年で武家政治も滅び、維新から太平洋戦争の80年弱で新政府も潰えました。
現在の民主主義政治も60年を超え70年に迫ろうとしています。

過去何度も政治の体制は大きく変化してきましたが、その荒波に翻弄されたのは何時の時代も”庶民”であったような気がします。

明治政府は、武士を士族とし、農工商民などを平民としました。
廃藩置県が布かれ、財政の安定のための土地制度と租税制度の改革は、一部に土地の私有をも認められましたが、庶民の不平等感は簡単には拭い去れず、各地で一揆が起こることになります。

庶民生活、殖産興業など政治による改革が庶民にどのような影響・負担を強いたのだろうか・・・という視点でも時代の推移を見ていきたいと日々思っています。

・・・・が、どうしても気になるのが江戸城明け渡しの時期に、新政府への艦船引渡しを拒否し、謀反を起こし箱館へと渡った「榎本武揚」のことです。
少しだけ時間を掛けて読書してみます。
f0020352_20182759.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-08-25 20:26 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)