ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

おやっ と 胸に 響いた言葉

人様のことをとやかく言える立場でもないですが

今時の若い人たちの話し言葉にうんざりすることがたびたび・・・・です。

若者と相対して話す機会は殆どありませんが、いろいろなお店や、飲食店では嫌でも聞かされます。

よく例としてあげられますね。

「○×になりまぁーす」

なんていうの・・・。

▼ところが昨日、おやっ という言葉をかけられました。

「敬老優待乗車証」というのがありまして、札幌市へ申請すると割安でバス・地下鉄に乗車できます。
春に2万円分購入しましたが、残り少なくなったので追加をお願いしたところ、最寄りの郵便局で受け取るよう連絡が来ました。
5千円納付して2万円ぶんの乗車証を受け取ります。

その郵便局の窓口でのこと

納付書を窓口に出したところ

窓口の女性から

“5千円 ご用意 ください!”

と声を掛けられました。

カバン中から財布を出し、現金を引き出す という私の動作を見透かしたような絶妙なタイミングでした。

今までは 多くの場合 「○○円お預かりします」 あるいは 「○○円です」
程度の言葉だったように思います。

この ”ご用意ください”

という言い回しは 郵便局の方針なのか 窓口の女性の個人的なものなのか分かりません。

いずれにしても、私は 大いに 気持ちよく 用事を済ますことができました。

▼銀行や病院など多数のお客に応対する場所でのこの種の言い回しは時代によって変遷していきます。

銀行は、ずっと窓口では”○○さん” と呼んでいたものが、ある時期から”○○様”になりました。

これが病院へも波及しました。私は”さん”付けで良いと思っている人間ですが(銀行でも)
でも、ちっとへんだなぁ と思うのは病院における「患者様」という言い方。
病院で”お客様”も妙なものだから「患者さん」ではだめなのだろうか。
“患者”さまは「神様」なんでしょうか。

関係ない話ですが
病院で患者を番号で呼ぶあの仕組み・・・・・馴染めないです。
いろいろ事情・理由もあるのでしょうが。。。。
病院によっては、単に掲示板に番号を表示し、順番がきたら点滅する・・・・なんてところもあります。
待たされるのを覚悟で本を読むいい機会・・・と思っていて本に集中していると掲示板を見落としてしまう。
第一オチオチ本に集中できなくて嫌いです。

後半は 蛇足 でした。
f0020352_16434479.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-10-20 16:46 | 日々雑感 | Comments(0)