ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

8巻の文庫本が・・・・

手元に届きました
司馬遼太郎の「坂の上の雲」
です。f0020352_14261461.jpg
先日、義兄に会ったときに、たまたま本作品の話になり、結局8巻を譲り受けることになり、今日届いたのです。

以前に、市民カレッジを受講した際、日本の近現代史を勉強するにあたって参考となる本(小説)を紹介して欲しいと依頼した際に講師の大学教授に勧められたのが、子母澤寛の「勝海舟」(文庫本で5巻。読了。)とこの「坂の上の雲」でした。

たまたま昨晩、NHKでドラマ化した作品の再放送があることを知り鑑賞しました。
12月から第2部を放送するにあたっての再放送のようです。

折に触れ、小説と映画あるいはテレビのドラマ化については違和感を拭い去れないと書いてきました。
それは止むを得ないこと。
小説と映画とは別物で、小説は映画化されることを前提には書かれていないのだから・・・・と。

この「坂の上の雲」にしても、テレビを観ようという気はあまりありませんでした。
義兄との話題と時期をあわせたようにテレビの放映があったため、流れに乗って昨晩初回の再放送を観ることになりました。

原作を読んでいませんから、小説との差についてはなんともいえません。

原作に目を通すのはもう少し先のことと思います。
江戸城明け渡し後、慶応4年9月に明治と元号が変わりました。
本作品の舞台は、明治10年代以降のようです。明治元年以降の10年についてもう少し知識を積み重ねたうえで取り掛かろうと考えています。

ですから、今回はテレビが先行し、原作を読むのが後追いになるような気がします。

それにしても文庫本とはいえ8巻は大作ですね。
ゆっくり、じっくり取り組もうと考えていますので、読了まて、数ヶ月かかることでしょう。
f0020352_14263989.jpg
f0020352_14253685.jpg
[PR]
by m-morio | 2010-11-21 14:36 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)