ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

「忠臣蔵」

浄瑠璃や歌舞伎で演じられる「仮名手本忠臣蔵」に端を発する。

江戸時代中期、江戸城内の松の廊下で、赤穂藩藩主浅野内匠頭(たくみのかみ)が、高家肝煎・吉良上野介に切りつけた刃傷沙汰。

この松の廊下事件で、加害者とされた浅野は即刻切腹となり、被害者とされた吉良はお咎めなしとの沙汰が出た。
当時の喧嘩両成敗という前例からすると異例の裁きであったと後世語られる。

公儀が下した理不尽な決定に抗して、家老大石内蔵助をはじめとする赤穂藩の旧藩士47人(赤穂浪士、いわゆる“赤穂四十七士”)による、元禄15年12月14日の本所・吉良邸への討ち入りおよびその後の浪士たちの切腹までを題材にとった物語の総称として「忠臣蔵」という言い回しが使われているようである。

小説などによると、吉良側の人数は、討ち入りありとして準備を整えて、その人数は応援組を含めて赤穂側の3倍以上とも言われる。
にもかかわらず、四十七士は誰一人欠けることなく凱旋しているのは、考えてみれば不思議な話ではある。

それはそれとして・・・・

先日、映画「最後の忠臣蔵」を観ました。

実は、この作品が小説を映画化したものとは梅雨知らず、暇に任せての鑑賞でした。

時折触れるように、私は、小説を読むが、それを映画化したものはあまり観ない。
もちろん全く拒否しているわけではない。過日、宇江佐 真理の「雷桜」も観ましたし。。。

観るときは、殆どの場合、小説を読んだ後・・・ということが多い。
しかし、今回は、「小説」の存在を知らずに劇場に入り、エンディングで池宮彰一郎の同名の「小説」に基づいていることを知った。

迂闊なことであったなぁ・・との思いを胸に劇場を後にしました。


討ち入り直前には、数名の者が脱盟・逃亡したとか。
また、性格・気性から、大石によって認められなかったものも多いのだとか。

その脱盟者の一人、
事が成就した際に、大石内蔵助の命により、この事実(討ち入りの様子を)を後世に伝え、遺された遺族や一統に加わらなかった藩士たちの暮らしが立つように影ながら支援をせよとの命を背負って、その姿を消した男。
(寺坂吉右衛門)

もう一人
内蔵助の隠し子の養育を任され、討ち入り前日に脱盟し、忘れ形見を、嫁ぐまで養育した男。(瀬尾孫左衛門)

それぞれの艱難辛苦が実に見事に表現されていた。

忠臣蔵は、かなりの演出・創作・脚色が行われていて、必ずしも史実の通りではないとされている。
しかし、ここまで定着した「忠臣蔵」の既成概念を打ち崩すような小説を書くとは・・・・。f0020352_15213493.jpg
恥ずかしながら、久々に、涙が止まりませんでした。

そうそう
改めて「小説」も読みました。文庫本・短編集の中の一編連作4編の1編。
基本的な構成はそのままですが、両名を取り巻く周囲は若干脚色されている。

再び、鼻をぐすぐすいわせながら。。。
[PR]
by m-morio | 2010-12-26 15:41 | 日々雑感 | Comments(0)