ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

高校野球

高校球児の熱戦が繰り広げられています。
地元の北海高校が強豪天理を下し、今日、久々のベスト4を目指しましたが

残念、九州国際大付高校に惜敗しました。

“手に汗握る” の言葉どおりの熱戦でした。

高校野球の開催については、賛否の分かれるところだったでしょう。

被災地のみなさんの心情を思うとき、「野球をやっていいのだろうか」との葛藤に悩んだことは容易に想像できます。

個人としては「やったほうが良い」「やってよかった」と思っています。

甲子園は、一部の地域とは違って計画停電の必要のない地域であり、また高校野球は全国的にファンが多い。

東北高校も参加することができたことは、落ち込みがちな地元の人々を少しでも勇気付けることができたのではないでしょうか。

それにつけてもプロの感覚には納得がいかないことばりでした。
結果的にはセパ同時開催に落ち着いたものの、某球団のトップは何を血迷ったのだろう。
計画停電が実施されている地域でナイター野球をやろう・・・などとは常軌を逸している。

野球で被災者の方々を激励するという建前に文句を言うつもりはない。

当初案を撤回して4日だけずらすという目くらましで凌ごうとしたところ、政府から横槍が入る始末。

「野球は、お上の指図はうけない」と某球団の幹部が言ったとか。

しかし、この問題は”野球”の問題ではない。

”電力供給”の問題だということに思いをいたさなかったのだろうか。

我が家は某球団のファンだが、今回の対応ですっかり熱が冷めてしまった。
挙句の果てには、あの 「江川問題」 まで思い出してしまいました。

選手のみなさんには何の責任はないのですが。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、大震災から3週間
長いようですが、あっという間とも感じます

個人として 何が出来るのだろうか?

・・・と自問

結局、多くの方々が書き・言われているように
日本中が意気消沈しちゃダメなのでしょう

経済が停滞することは、立ち直るのに大いなる障害となります

復旧・復興に莫大なお金が必要で、その額25兆円とも言われます
ちなみに、阪神淡路大震災のときは10兆円だったとか

しかし、これとて護岸工事や建物の復旧費用のみであって、個人の家財や住宅の費用は組み込まれていないのだとか

被害が無かった地域に住まいする私たちに今すぐできること

通常の生活をすること

必要な物を必要な時に買い、電機・水道などは出来るだけ節約する

そんな些細なことから始めようと思っています

そんな趣旨からも

近々 現代史 をUPしようと準備をはじめました
[PR]
by m-morio | 2011-03-31 18:42 | 日々雑感