ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

ぽんと・・・

人の器量というか度量というのか・・・それを測る尺度はなんだろう。

決して”お金”ではないだろうが。。。

ソフトバンクの社長が、被災者に個人で100億円を寄付するという。
さらに今後、社長に在職中の役員報酬の全額も・・・だ。

金額の多いという点では、ユニクロの社長や楽天の創業者も個人で10億円。
それぞれの社長は、これまでの消費者への恩返しとの意味合いが濃いのだろうし、このことが企業のイメージをあげるのは間違いないだろう。

真に太っ腹である。

あの石川遼も今年の賞金を全額提供すると宣言し、それを励みにマスターズも頑張ると話している。
もちろんスポーツ界、芸能界からも内外を問わずに義捐金が集まり、かつ今後の活動の収益金からの提供を約束している人もいる。

本当にカッコ良い。

“ぽんと”
○億円、○百万円だ。

日本赤十字社などへの義援金はもう1千億円を超えたとみられる。阪神大震災をしのぐ勢い・・・
いや既に超えているのかもしれない。

高額な金額ばかりではない。

街頭の募金には、子どもが、しっかりと握り締めた5円玉を募金箱に入れている。

「おかね」は ちりも積もれば・・・
なんと大きな力を発揮するのだろう。

支援はお金ばかりではない。 “それぞれの支援”があっていい。


一方
避難所は快適な場所ではない。

まだまだ、必要な物資が必要としている人々に届いていないという。

気になるのは、衛生状態も徐々に悪化しているということ。

いろいろな事情があって故郷を離れたくないという気持ちは理解できる。

だが、一度不自由な避難所から退避して、ゆっくりお風呂に入り、下着を取替え、気持ちを落ち着かせることも必要なのかもしれない。

たとえそれが少しだけ遠方であっても。。。。

被災しなかった地域に住む人間の勝手な戯言と言われるかもしれないが。。。。。。。。。


不自由な生活を余儀なくされているお年寄りが、一日も早く通常の生活に戻れることを願うばかりである。
[PR]
by m-morio | 2011-04-07 16:19 | 日々雑感 | Comments(0)