ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

夕張 散策

夕張市でのフォトウオークの催しに参加しました。
桜咲く夕張を散策しながら、写真を撮ろうという企画です。
快晴、気温20度の中を、およそ4キロの距離を歩きました。
桜もほぼ満開、久しぶりに汗をかきました。

▼ご存知のように、国内で唯一財政破綻した市で有名になってしまいましたが、炭鉱で栄えたこの街の人口は今でこそ1万人を少し上回る程度まで減少していますが、往時は12万人に迫る人口を数え、夜の繁華街で一晩に働くホステスさんは400人を超えたこともあったのだとか。

その旧繁華街の今を訪ねてみました。
空家のオンパレードです。
f0020352_8594328.jpg

元料亭だったという木造3階建ての建物は、朽ちるに任せて放置されていました。
素人目には、次の冬を越すことができるのだろうかと訝るほどの荒れようです。

映画「幸せの黄色いハンカチ」の撮影の場所(主演の高倉健が人を殺めてしまうシーンだとか・・・)も立ち入るのにも危険を感じるほどでした。

こんな状態で放置しておいて、人が入り込んだり、火事の心配もあるだろうに・・・・との懸念を持ちます。

▼民間の有志によって「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が毎年2月に開催されています。
今年は12千人が集まったといいますから、夕張の人口を大きく上回ったということになります。
キネマ街道と名づけられた通りがあります。
f0020352_901527.jpg

私の年代の者にとっては大変懐かしい映画の看板が通りのあちこちに残っていました。
ただ、その看板も既に色あせています。
誰が管理しているのかは聞きそびれましたが、朽ちるまで遺して、塗りなおしなどの予定はないようです。

▼この写真は、たまたま遭遇した夏祭りの子ども神輿を眺めているお年寄りを撮りました。
にこやかに子どもたちをご覧になっていたのですが、写真を撮らせてくださいと声を掛け、カメラを向けたトタンにちょっと厳しい表情に変わってしまいました。
f0020352_903125.jpg

緊張させてしまったようです。
お礼を言って辞すときには、またにこやかなお顔に戻りましたのでホットしました。
無断で、少しはなれたところから撮れば、そのにこやかな表情を画面に納められたのかもしれませんが、礼儀として声かけはすべきなのでしょうね。
それに、カメラにセットしていたレンズは20ミリでしたし。。

夕張市の高齢者は人口の44%だとか。 平均25%程度と比較すると極端に高いですね。
市の財政状況を反映し、企業誘致もままならず、若者の多くが市を後にしたのでしょう。

復興を期待して止みません。

なお、この老人の写真は、
6月12日~24日の間、市内の ホテルマウントレースイ で展示される予定です。
[PR]
by m-morio | 2012-05-21 18:39 | 写真 | Comments(0)