ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

卒業

随分長い間 たっくん の話題が途切れてしまいました。

たっくん は 元気一杯です。

ここ3年ほどは、地域のミニ・バスケットチームに所属し、日々練習に、試合に熱中しました。
水泳もテニスもやめて、ひたすらバスケ漬けの毎日でした。
お父さん、お母さんも クラブのお世話や 応援に大忙しでした。
地方遠征もありました。

その たっくん も 小学校を卒業です。

良い思い出であり、仲間達と過ごす日々が如何に大切かを、身を以て感じていることだろうと じいじ は 思っています。

たっくん は 人に好かれる子です。

彼が 京町家に住んでいることは 以前に触れました。
ここに良く人が集まります。
お泊り会と称して4~5人が泊まっていくことは度々です。

特に大勢集まるのが、クリスマス会です。
この会は、彼が企画して自宅で催します。
ほぼクラス全員(といっても20人程度ですが)が集まるのですが、なぜかしら総勢50人近くにもなったことがあったとか。
クラス全員、その兄弟姉妹、そしてお手伝いのお母さん方、さらに担任の先生一家・・・
写真で見ると壮観です。

“人が集まる家”って良いなぁ・・・と思います。

そんな彼も、春から中学生です。
正月に我が家に遊びに来たとき、一緒に風呂に入りながらいろいろな話をしました。
中学に行ってもバスケは続けると言っています。
こんどは”部活動”ということになるのでしょう。

体力的にはちょっと大変だろう・・・と じいじ は 余計な心配をしています。
でも、ミニバスケを始めたときの練習風景を観ましたが、パスさえも心許なかった彼が、今は良く走りチームの貴重な存在になっている様子を動画で見るたびに、ジーンときます。

付け加えておきたいのが、お父さんの存在です。
練習試合の審判を引き受けて子供たちと一緒にコートを走り回っているのは立派。
(資格をもっていないので、練習試合のみですが)
そんな姿を目の前で見ている彼は、きっと晴れがましい気持ちでいるのだろうと想像しています。

中学の3年間はあっという間に過ぎることでしょう。
そのあとは、高校・大学の受験が控えています。
今のうちに、しっかりと体力をつけてくれればと願っています。

じいじ は 彼が成人するのを目に焼き付けるまでは頑張りたいとの思いがありますが、
今の健康状態ではその可能性は ? です。

たっくん 頑張れ!

↓ お父さんの審判の様子
f0020352_18473825.jpg

[PR]
by m-morio | 2014-03-17 18:53 | たっくん | Comments(0)