ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

Albert Einstein 1

f0020352_1685618.jpg新年の季語に「読初」(よみぞめ)という言葉があるが、年末の「よみおさめ」というのはないらしいことを新聞で知った。

アインシュタイン 日本で相対論を語る」(講談社)を昨年の最後の一冊として一度目を通し、正月に再度手にしたのでこれが"読初"となった。

昨年が、Albert Einsteinの没後50年にあたるのだということを、この本を探してくれた女性店員の話ではじめて知った。最近までフェアーをやっていたとのこと。

なぜこの本にいやAlbert Einsteinに興味を持ったのか?
私を知る方は一様に首をかしげることだろう  ありえなぁ~い なんて。
相対性理論の勉強をしようなどというとんでもないことを考えたのではない。
そんな難解な理論はチンプンカンプンで興味はない。
そもそもこの本は、Albert Einsteinの"日本滞在日記"なのである。
"なぜ?"は横において、ここにその内容の一部を数回に分けて"記録"する(読んだ証しを記録しておく程度のこと)。

編集したものです・・・
[PR]
by m-morio | 2006-01-03 16:10 | | Comments(0)