ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

相撲

いやぁ~ 暑かったです。
とうとう札幌も今年初めての夏日となり、朝から暑い!
家内のリハビリもないので何処かへ出かけようか・・との話も出たが、遠慮させてもらった。
そこで 午後からはプールへ涼みに・・・・・・・
"今日の水は冷やっこい"
・・なんて声も聞こえてきましたが、実際は何時もと同じ水温で 29度 です。。。

帰宅して ゆっくりとテレビ観戦。
大相撲名古屋場所がはじまっています。
"大相撲"は一度だけ升席で観戦したことがあります。
もう随分前のことですが、当時のお取引先が升席を持っていて時期になるとお誘いを受けるので職員が順番に足を運ばせていただきました。(四人で)
その席が、花道の直ぐ側で土俵にも近かったためお相撲さんが出入りするたびにテレビに映ったとか、酒をぐいぐい飲んでいたとか、大口開けて笑っていたとか・・・
随分と冷やかされたものです。
以後、そんな機会もなくなってしまいましたが、機会があればもう一度観戦してみたいと思っています。札幌では本場所が開かれませんのでなかなかチャンスはありませが・・・。
かといって地方巡業を見に行こうという気にはなりませんし・・・。

外国人力士の台頭が目覚しく 国技も形無し・・と言われて久しいですね。
モンゴル勢の筆頭は朝青龍だが、ブルガリア共和国出身の琴欧州、グルジア出身の黒海も名を売っています。
それぞれの出身国は小国です。
モンゴル国=面積こそ日本の4倍もありますが人口は254万人、
ブルガリア共和国=面積は日本の三分の一で、人口は776万人、
グルジア=面積は日本の五分の一で、人口は460万人です。
(人口は概算です)

そして今、最も注目されているのがエストニア共和国出身の”把瑠都”です。
          写真→は寸借してきました・・・
f0020352_18291865.jpg(エストニア共和国=面積は日本の九分の一で、人口は135万人です。)
とにかく体が大きい・・197センチ、172キロ。
赤毛で色白。初土俵が平成16年5月場所、翌年新十両、そして平成18年5月場所で新入幕とトントン拍子の出世で未だ大銀杏を結うことができないのが何ともユーモラスです。
とにかくその腕力の強さは桁外れだとか・・・
先場所、解説者(元横綱北の富士)が握手して悲鳴を上げたと・・解説中に言っていたくらいで、「荒削りの大器」とか「末恐ろしい人材」との評判です。
今日も勝って5勝1敗。今場所の活躍が楽しみなお相撲さんです。

それにしても・・・・・日本男児にこのような逸材が出てくるのはいつのことでしょう。待ち遠しい限りですね。
[PR]
by m-morio | 2006-07-14 18:41 | 日々雑感 | Comments(0)