ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

実習へ

予定通り 中山峠の湿原での実習に参加してきました。

いやぁ~疲れました。
歩いて、歩いて 実に往復10キロほどを・・・暑さはさほどではありませんでしたが、湿原までの林道を黙々と歩きました。
私にとっては驚異的な距離でした。

まずハクサンチドリが赤紫の色をつけて出迎えてくれたのを初めとして、エゾカンゾウ、ワタスゲ、ベニバナイチヤクソウ、ノビネチドリ、シナノキンバイ、イワイチョウと数多くの花々を撮ることが出来ました。
このように道路の左右に咲く可愛らしい花々がその疲れを癒してはくれるのですが、帰りはもう いゃっ といった感じでした。
写真はその途中の様子です。
f0020352_16371854.jpg一本道なので年寄りでも迷わないだろう・・・と思ってか、元気な人たちはどんどん行ってしまいました。
私の後には女性が二人だけです。
ここからまだ15分は歩いたはず・・・
峠の駐車場に着いたときは既に12時40分(朝8時30分に出発したのです)、もうへとへとで声も出ませんでした。

確か、前宣伝では片道40分ほど歩きます・・ということだったはずでしたが、若い人の基準であることをうっかりしていました。
この林道を歩いているのは我々だけのようで湿原に先着していた3人組以外は全く人にあいません。
湿原内ではルールをキチンと守りながらなど沢山の花を楽しんできました。
熊五郎先生のお話ではここには18くらいの湿原があるとか。
体力があるならば全部とは言わないからもう少し歩けるのになぁ・・などと 今 家にいて思っていますが、
歩いているときは もう二度と来ないぞ~なんてぶつぶついっていたのです

・・・そろそろ足が痛くなってきました。あしたはどうなっていることでしょう。

でも、これから映画を観に行く予定です。今日しか観ることができないので・・・。
[PR]
by m-morio | 2006-07-15 16:41 | 写真 | Comments(2)
Commented by 森野熊五郎 at 2006-07-16 16:05 x
昨日はご苦労様でした。長い林道歩きの果てに辿り着いた中山湿原はなかなか魅力的でした。今夏はエゾカンゾウの開花はやや少なめのように予想されますが、季節を違わず湿原を彩る花々を愛でるのに格好の場所かも知れません。秋の、黄金色に染まる頃に、また訪ねてみたいですね。デジカメの作品はいかがでしたか。教室で拝見させてください。本日は雨竜沼自然館で営業中です。使いにくいWINDOWSのノートPCから書き送ってみました。
Commented by m-morio at 2006-07-16 19:03 x
熊五郎先生 お忙しいにも係らずコメントをいただきありがとうございます。
ご覧のような雑文を書きなぐっておりまして、時々 こんなことで良いのか? 
と 自問することもありますが 今時の世相では何らかの形でメッセージを送るのも悪くない・・との思いで書き綴っている次第です。
お暇な時にまた覗いていただければ幸いです。