ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

「裏金」と「罰金」

運転免許証を手にしてほぼ40年になる。
その頃は取得に3ヶ月の期間を要した。
学科、構造、実技が各1ヶ月づつ。費用は3万円程度だったように記憶している。仕事で必要になり会社がかりでしたが。。
最近ある方と話していたら、今の教習所では「タイヤ交換」の指導はしないんだそうですね。当時はキチンとやりましたよね。

まぁ そんなことはどうでもいいんですが・・・・・取得後今までに、あの白黒斑の車のご厄介になったことが数回・・・。速度違反2回と信号無視1回だと思うのですが。。。
・・・・しっかり "指紋" を採られ 気分最悪・・というのを思い出してしまう。 「印鑑」を持っていたら「拇印」は勘弁してくれるのだろうか・・・・

勿論、罰金を国庫に納めたのですが、果たしてその罰金はきちんと管理されているのだろうか?とふっと頭を過ぎった。

というのも性懲りも無くまた岐阜県で「裏金問題」が発覚した。報道によれば分かっただけでおよそ10年間に17億円のお金が動いたとか。。。
「裏金」は県の監査の対象とならない県職員組合が管理する口座へ避難させて管理したとか。
我が自治体の警察でもあった話でもあり "困ったもんだ"・・・と嘆いていたら、裏金とは違うが「罰金」を連想した次第。

確か、このことについて書かれた本があるはず・・・と書棚から探し出してめくってみた。そこにこんなことが・・・・そのまま転記します。

「罰金というのは、国家予算にも地方予算にも計上されない警察の隠し財産です。監査もない。ただ、信号、歩道橋といった安全施設以外には使えないことになっています。ところが歩道橋は評判が悪くてね。作ってくれという注文がこない。そこでやたらと道路にペンキを塗りたくることになるんです。追い越し禁止の黄色の線の多さは世界一でしょう。最近はただ黄色のベンキでは足りなくて、タイヤが踏むとピーッと音がでる仕掛けになりました。ただの黄色のペンキより値が張るからです。請け負う会社ですか?警察の天下り先ですよ。工事費が思わぬほど高くついたらどうする?心配ありません。年度末に交通取締りをやって罰金を集め、帳尻を合わせりゃあいいんです。」

これはその原稿を書いた筆者が元警察官から聞いた話として書かれたもの。
推測するところ今から10年ほど前の話らしい。
事実がどうかも判然としない、
その当時あったことかもしれないが今も続いているのかも判らない。
が 全く根も葉もないこととも思われない。
今時はどんな様子なのだろうか 
何故か知りたくなりますね。

事実か否かはともかくとして、
「監査がないから」という発想は頂けない。
お役所というところはいろいろな場面で「監査」「指導」する立場であることをご承知いただかなくちゃあ。。。

北海道は もう 秋です。 大雪山系は 20日頃 紅葉真っ盛りになるはず・・・f0020352_14475784.jpg
[PR]
by m-morio | 2006-09-07 15:00 | 日々雑感