ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

「受け売り・・現代史Ⅴ」 ウズベキスタン の 巻

今回から「受け売り」の言葉を添えることにしました。
「ことば面白噺」で考えさせられたのと同時に、この言葉が気に入りましたので。。。

今日は ウズベキスタン のことについて聴講してきました。
まず 場所です。f0020352_19181524.gif
中央アジアの一国で、ソ連が崩壊した時に他の国と一緒に(5カ国)独立しました。
面積は日本の1.2倍くらいで、人口2,660万人です。人口では中央アジアの中で最も多い国です。
この国では紛争は起こっていません。
ではどこに着目して取り上げられたのでしょうか。
この辺りのことは後日整理します。

今回も国旗のことを。。。。
f0020352_19231740.gif
これがウズベキスタンの国旗です。
月と星はイスラム教のしるし。
星の数は、ウズベキスタンを構成する12州を意味します。
青色は空を、白は国土を、緑は農業を、そして赤い線は国を守る決意を表しているのだそうです。
1991年独立ですからまだ15年程度しか経っていません。
シルクロードの要衝として栄えた中央アジアの国は私たちにどのような興味ある事実を伝えてくれるのでしょうか。
[PR]
by m-morio | 2006-10-19 19:33 | 市民カレッジ | Comments(0)