ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

F4Sと300mmF4の運命

NIKONから電話が来た。ドキドキ・・・                                   点検させていただきました。
まず、レンズですが三脚座の取替えは可能ですが、衝撃を受けていますので詳細な検査が必要と思われます。
東京まで送りますので10日ほど時間をいただきたい。
なお、費用は最大限2万円程度を考えておいて欲しいとのこと。
了解し作業を進めていただくことにした。

それからボディのほうですが、(このあたりから心臓は急激にドックンドックンと大きな音を立て始めた)
結論から申し上げますと、残念ながら修理不能なので・・とのお言葉  ガーン! 
本体がだいぶゆがんでいて・・・・いろいろ説明してくれているが殆ど聞いていない、いや聞いていたのだが半分も覚えていない。
当方のショックを感じ取られたのか、ついでにお話しますが、もしこのボディを当方で引き取らせていただき、新たな商品をお買い求めいただけるなら35%引きでOKという方法もございますのでご検討ください と 

電話を置いた後、冷静に考えればほぼ想定内のことではあった。
あの破損状態から素人でもヤバイッとの思いはあった。
でも改めて宣告されるとやはりショックだ。

昨晩の教室で先生にお会いした際”心配ですね 直りそう?”とお言葉を頂いた。
周囲の方々にも どおー? と声を掛けられ、メールを頂いたりしている。
ご心配頂きありがとうございます。
上記の通りご報告させていただきます。

さあぁー今後のことを考えねばならない。
予備のボディはあるが機能的に劣る
F4に愛着もある(中古で6~7万で手に入る)
この機会に新たな機種をと心が動く
手持ちのデジカメは気温0度以下では厳しい
デジカメの手ごろな機種が出ている・・・

といろいろ選択肢がある上に
「NIKONがフイルムから一部を除き撤退」が報道されて
更に頭の中は混乱している。
もう少し時間をかけて考えよう。
先生にもアドバイスをいただきながら・・・・

13日金曜日のことでした。
[PR]
by m-morio | 2006-01-14 10:46 | 写真