ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

正しい 敬語は?

朝刊に ”敬語正しく使ってますか?!” という記事がありました。
日本語の乱れがいろいろ言われだしてから随分と時が経過していますが、若者の妙な省略語とは少し質が異なるのでしょうが、
私自身、日常会話で使っている敬語には正しくない使い方が多いのだろうなぁ と痛感しながら読みました。

「おっしゃられた」という言葉は無意識に(意識することなく)使ってしまっている。
「おっしゃった」が正しいのだという。

敬語ではありませんが、
自分で使っていながらちょっとおかしいかも・・・という言葉に

「・・・・・してみたいと思います」という表現。

「・・・・・したいと思います」 でいいのだ。

言い切ってしまえばいいのに

なぜ「みたい」というフレーズをいれてしまうのだろう。

断定しないでぼかした言い方をする。

少々 自信のない様子 という印象を与えてしまいそう!

意識して直さねば・・・・と思います。

もう一つ
これは聞き苦しい・・のですが。

テレビなどからも時々聞こえてきます。

「それでは、**については○○のほうより説明いたします」

この○○さんがその会社の社長さんだったら・・いかがでしょうか?

目上の人にたいして 「・・のほう」 とは礼を失するように思うのですが。
いや、社内の者をさしているのだからこれでいい・・という考え方があるのでしょうか?

いずれにしても「社長より」でいいんじゃなかろうか・・と思うんですが。

「私のほうから説明いたします」ならまだ納得できますが。。。私は

「ほう」は要らない言葉なのでしょうが。

これは会社の例ですが
司会者と来賓の関係でも時々耳にします。
司会者が
「それでは、この映画の監督をつとめられました○○様のほうからご挨拶を・・」
とやっていますが。。

いかがなものでしょうか?

f0020352_14164166.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-11-29 14:23 | 日々雑感 | Comments(0)