ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

図書館でのマナー

f0020352_9471033.jpg
TVの特集で・・
図書館の本が泣いています! と。

とにかくヒドイですね。

写真をカッターで切り抜くもの
雑誌(料理、旅、婦人向けファッション、スポーツなど)は10ページ程がスッポリと切り抜かれている。
中には、表紙だけ残っていて中身が全て持ち去られているのもある。
以前「図書館で思うこと」の 借り手のマナー の項で、本のいたるところにマーカーで塗りつぶしたり、エンピツ等でしるしをつけてあることに触れましたが、そんな生易しい状態ではないようです。
図書館側では、同じ雑誌のコピーをとって補充する場合もあるとか。大変な苦労だ。

また、ある図書館ではその現状を(抜き取られた雑誌などを)”本が泣いています”と題して展示していました。

(突然ですが)昨日、教育基本法改正案が承認されてしまったとか・・・
子供たちには愛国心云々もさることながら、人として守るべき「当たり前」のことをしっかりと教え込んで欲しいですね。

でも
図書館の一件は”大人”の仕業だろう。  
「当たり前」のことを教えられているはずの”大人”なのだろう。

だから救いようのない「寂しさ」を感じてしまうんです。
[PR]
by m-morio | 2006-12-15 09:54 | 日々雑感 | Comments(0)