ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

Windows XP の運命

1月末に 米マイクロソフト社はパソコン用基本ソフトWindowsVistaなるものを発売しました。
この新OSの発売は約5年ぶりで、現行の「WindowsXP」より操作性が向上したことなどが特徴らしいです。

写真の保管・整理、インターネットと簡単なWordやExcelしか使わない私はあまり関心も持たずにいました。
ところが今使っている「WindowsXP HomeEdition」のサポートは2年後の2009年1月で終了すると聞きました。

えっ サポート終了ってなんだぁ~ 急に不安になりました。

調べてみると、サポート終了とともに 
マイクロソフトによる「セキュリティ更新プログラム」=最新のセキュリティバッチは提供されなくなる。
よって、今後新たなセキュリティの欠陥が見つかっても修正されませんよ。
要するに、ウィルスに感染したり不正アクセスを受ける危険にさらされますからご注意くださいよ・・・
ということらしい。
XPのHomeEdition はあと2年で "あぶなくて" 使ってられない状態 になるというのです。 

そうです、いずれはVistaに乗り換えてくださいよ!というわけです。

まあ、しゃあ~ないですね。
考えようによっては「後2年使える」ということです。
2年後までには新OSの不具合などが修正されて、丁度使い勝手が良いような状態に落ち着いているだろう、それまでは今のXPを上手に使っていけばいい・・・と気持ちを新たにした次第。。。

因みに、95・98・Meは当然でサポート終了ずみ。XPのサービスパック1も'06.10.10で終了しているとか。2000は、'10.7.13で終了らしいです。

ついでに
「今使っているパソコンに、Vistaを導入できるのか?」という質問に・・・

Vistaが正常に作動するには、「メモリーが1ギガバイト以上」などの条件をクリアする必要がある。
既にはつばいされたパソコンで「ブレミアムレディ」のシールが張られているモデルなら、問題なく動くとのことです。
なお、MSのHP内の「ウインドウズ・ビスタサイト」(http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/)にアクセスすれば、そのパソコンでVistaが使えるのか、メモリーの増設がどれだけ必要かなどが確かめられる・・・と書いてありました。
もちろん(?)私のPCは"要 メモリ増設"でしたが!
f0020352_1805160.jpg
[PR]
by m-morio | 2007-02-09 18:18 | 日々雑感 | Comments(0)