ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

全人代・・・「一人っ子政策」の方針転換は?

中国では日本の背中を追うように高齢化が進んでいます。
高齢化の背景には、30年近く続けてきた「一人っ子政策」があり、この政策の見直しを求める声が強まっています。

18世紀半ばに約4億人といわれた人口は、1949年に中華人民共和国の成立後、医療や公衆衛生の改善により、死亡率が低下し1年間に2300万人(東京都の倍もの人口ですね)も増加した年もありました。
急激な人口増加は
生活水準の向上に支障をきたす
食料不足に拍車をかける
との懸念から、人口増の抑制を目的として1979年に導入されたのが「一人っ子政策」です。
 
中国政府の統計では、2006年の老齢人口(60歳以上)は1億4900万人で、全人口の11%。(ちなみに、日本の場合・・外国人を除く・・34584千人で27.4%、65歳以上で21%。2006/10月基準)
専門家によると、25年には老齢人口が2億9100万人とほぼ倍増、全人口に占める割合は2割を超えると予想しています。
高齢化に伴い、昨年の養老年金の支払が5000億元(約7兆5000億円)を突破して年金の財源不足など社会保障制度への影響も問題化しているようです。
人口問題などの専門家グループが、
「中国の高齢化のスピードは危機的。子供二人を認めるべきだ」として署名活動を展閲するなど、見直し論が勢いを増しています。

しかし、中国政府は
「高齢化問題以上に、人口増大による環境破壊や資源不足などの方が深刻」と、一人っ子政策堅持の立場を崩していません。

[PR]
by m-morio | 2007-03-28 13:02 | 中国のこと | Comments(0)