ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

検査を受けまして・・

ず~っと 胃の調子がおかしいなぁ・・と感じていました。
持病の定期診察時に担当医から早く検査を受けなさいと言われていましたが今日まで伸ばし伸ばし。。。
実は3年前に受けた病院に電話してみたら3週間待ちだという。なかなか評判の良いところなのでやむを得ないのかなぁと思いつつもそんなに待つのも嫌だし・・などとグズグスしていました。

では・・ということで風邪程度の時にお世話になっている近所のお医者さんへ。
3年も受けていないんですかぁ・・など言われながらも3日後にやりましょう・・ということになったのが今日でした。

胃カメラは4回目だろうか。初めの2回は口から・・で相当苦しい思いをした記憶があります。
前回は大腸の検査と一緒に麻酔をかけての検査でしたので眠っているうちに終わり、全く異常なしでした。

検査にはいろいろな準備があります。
血圧を測ります。胃の内部の泡を消す薬を飲みます。
鼻から麻酔薬を入れるのですが、それが口内に流れてきてとても苦いんです。
もろもろの準備を看護士さんがやってくれるのですが、この方新人さん。
常にメモを持っていて、手順ごとにそのメモを読み上げながらそして確認しながら先へと進んでいきます。
はじめはとても不安で知らず知らずに身体に力が入っていきました。でも考えようによっては"慣れ"ていないから確実に処理してくれているという安心感めいたものを感じるようになりましたが。。。(最後は婦長さんに引き継がれました)そしてやっと先生の登場です。

今回ははっきりと腹部に違和感を持っての検査でしたので、
先生に
"何かあるからしっかりみてくださいよ"と話しながらの受信でした。(鼻からの挿入なので会話が自由にできましたし、勿論内部の画像も良く見えます)

すーっとカメラが入っていきます。
Dr: あれっ 随分はいるなぁ ああm-morioさんは胃下垂だったねぇ、
う~んいいよ、綺麗だよ、この襞(ヒダ)の素晴らしいことっ、問題ないよっ 
私: いや、先生 私腹黒いからその襞のかげに何かが隠れているかも・・もっと良くみて(婦長さん 吹きだす) 
Dr: 大丈夫。。。

ということで終了。

結局、この違和感が何か分からないまま・・・、
ついでに、腹部のエコー(超音波)検査とピロリ菌の検査も受け、腹部も全く問題なし、ピロリ菌の方の結果は後日・・ということになり、気休めに、食べ物を速やかに腸に送り込む薬なるものを1週間分もらって帰宅。

兎も角も胃の内部に異常がないことがわかっただけでも一安心。
f0020352_13572585.jpgこれで妙な違和感が消えてくれるといいのですが。
[PR]
by m-morio | 2007-04-14 14:02 | 日々雑感