ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

薬の副作用

薬に"副作用"はつきものなのでしょうね。

私が服用している薬にも"副作用"の危険が潜んでいます。

・治療薬として服用中の薬は、1999年に承認されてから2年前の05年までの間に130余人の患者が重い副作用で死亡しています。(2年前に新聞のトップ記事になったときは、本当に驚きました)
ですから、定期的に通院しその"副作用"が出ていないか検査しているのですが、何とも落ち着かないことではあります。
「効くけど 怖い」のが薬です。「すぐれた 効果 と 副作用 が同居」しています。

・もう一種。 これはポピュラーな薬ですからご承知の方も多いでしょう。
「ステロイド」です。
一般名: プレドニゾロン。 商品名: プレドニン が有名でしょうか。
これも扱いを間違うとその"副作用"にやられます。
私は、こちらのほうは痛み止め(頓服)として少量を服用していますのであまり気にしていませんでした。

ところが、この夏に風邪をひいたのをキッカケに、体のどこかに妙なスイッチが入ってしまったようで、倦怠感が伴い体調がすこぶる悪いんです。
今、医者といろいろ相談していますがまだ原因や対策が決まっていません。

でも 困ったことに この「ステロイド」を飲むと何とか落ち着くので参っています。
この薬はできるだけ飲みたくないと思っていますので。。。

さてさて月末の検査でどういう結果が待っているのでしょう。f0020352_18493142.jpg

いずれにしても、"副作用"を気にしながら二種類の薬を服用するのはあまり気持ちの良いものではありません。
[PR]
by m-morio | 2007-10-12 18:51 | 日々雑感 | Comments(0)