ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

2015年 10月 06日 ( 1 )

PC

情報技術の技術革新はめざましい。
ワープロ専用機からPCへと移行してすでに20年ほどだろう。
この10年で更にその進化の速度が上がったように思う。
メモリーカード一つとってみても、ごく普通に使っていたはずの「MB」のカードは使い道が限られてしまい、今や「GB」の時代となった。
また、送信・転送速度も一頃1時間かかっていたのが、数秒の速さだ。

PCは日常生活に欠かせない道具になった。
私の場合、日々のニュースのチェック、もろもろの記録そして予定の管理程度だが、
このPCが使えなくなると途端に生活のリズムが変わる。

8月某日、朝スイッチをONに。
ところが起動しない。
メーカーへ連絡したところ、ハードディスクが損傷している可能性があるという。
いろいろ押し問答するも、結局は修理に出すことに。

結果は、ディスクを取り換えることになったが、問題は「データ」。
不具合となったディスクからデータを取り出す作業にトライするが、どの程度復旧できるかわからないという。
機械がらみのことに疎い身としてはお任せするしか術がない。

最終的には、データは、C、Dドライブで700GB程度を確保できたとの連絡があった。
ディスクの交換やデータの取出しでおよそ3週間。

心配したデータもほぼすべてが戻ったようだ。
もっとも、復元したデータの大半は録画とbackup。
この分は未だ放置してある。

折角、自動backupの対応をしても、PCに残したままなら何の意味もない。
反省すること頻り。

それにしても、3年で故障とは・・・
[PR]
by m-morio | 2015-10-06 10:37 | 日々雑感 | Comments(0)