ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

カテゴリ:たっくん( 74 )

随分長い間 たっくん の話題が途切れてしまいました。

たっくん は 元気一杯です。

ここ3年ほどは、地域のミニ・バスケットチームに所属し、日々練習に、試合に熱中しました。
水泳もテニスもやめて、ひたすらバスケ漬けの毎日でした。
お父さん、お母さんも クラブのお世話や 応援に大忙しでした。
地方遠征もありました。

その たっくん も 小学校を卒業です。

良い思い出であり、仲間達と過ごす日々が如何に大切かを、身を以て感じていることだろうと じいじ は 思っています。

たっくん は 人に好かれる子です。

彼が 京町家に住んでいることは 以前に触れました。
ここに良く人が集まります。
お泊り会と称して4~5人が泊まっていくことは度々です。

特に大勢集まるのが、クリスマス会です。
この会は、彼が企画して自宅で催します。
ほぼクラス全員(といっても20人程度ですが)が集まるのですが、なぜかしら総勢50人近くにもなったことがあったとか。
クラス全員、その兄弟姉妹、そしてお手伝いのお母さん方、さらに担任の先生一家・・・
写真で見ると壮観です。

“人が集まる家”って良いなぁ・・・と思います。

そんな彼も、春から中学生です。
正月に我が家に遊びに来たとき、一緒に風呂に入りながらいろいろな話をしました。
中学に行ってもバスケは続けると言っています。
こんどは”部活動”ということになるのでしょう。

体力的にはちょっと大変だろう・・・と じいじ は 余計な心配をしています。
でも、ミニバスケを始めたときの練習風景を観ましたが、パスさえも心許なかった彼が、今は良く走りチームの貴重な存在になっている様子を動画で見るたびに、ジーンときます。

付け加えておきたいのが、お父さんの存在です。
練習試合の審判を引き受けて子供たちと一緒にコートを走り回っているのは立派。
(資格をもっていないので、練習試合のみですが)
そんな姿を目の前で見ている彼は、きっと晴れがましい気持ちでいるのだろうと想像しています。

中学の3年間はあっという間に過ぎることでしょう。
そのあとは、高校・大学の受験が控えています。
今のうちに、しっかりと体力をつけてくれればと願っています。

じいじ は 彼が成人するのを目に焼き付けるまでは頑張りたいとの思いがありますが、
今の健康状態ではその可能性は ? です。

たっくん 頑張れ!

↓ お父さんの審判の様子
f0020352_18473825.jpg

[PR]
by m-morio | 2014-03-17 18:53 | たっくん | Comments(0)
▽写真撮影
 観光客はほぼ全員が何らかのカメラ(携帯など)を持参して撮影しています。
同行者の記念撮影やら紅葉を撮る人・人・人。
まさに1億総カメラマンの様相です。    勿論、私もその中の一人ですが。。。

こんな体験をしたのですが、皆さんどのようにお感じになるでしょうか。

某有名なお寺。
“床もみじ”(床みどり)で有名なところ。
寺院も、それを“売り”にしている(・・と思われるのだが)。

拝観料を払って中に入る。
さほど大きなお寺でないので、そのお目当ての“床もみじ”(未だ緑が主体でしたが)は入り口の直ぐそばに観る事ができます。

ところが、なにやら騒々しくマイクから音が流れてきます。
初めはよく聞き取れなかったのですが、どうやら 「・・・しないでください」 といっている。
決して静かな物言いではない。
年配の女性の声は、キンキンと響き、来訪者を叱責している。

「床もみじ」の写真を撮るな! といっているのだ。

「そこの三人ずれのご夫人」などと、個別に指摘しての厳しい注意だ。
そばに寄って見ると、確かに、柵に「撮影禁止」の札がベタベタと張ってある。

 寺院内にいたタクシーの運転手さんに聞いてみたら・・・・・・・
いつもそうなのですよ
かなり厳しく注意されますよ
・・・とのこと。

さて、これはどういうことだろう!

“床もみじ”を売りにしていて、観光客もそれを目当てに訪れるのだろう。
記念に一枚の写真を撮りたいと思うのは人情。

いろいろな観光情報誌やパンフレットの紹介には必ずといっていいほどこの“床もみじ”の写真が掲載されていて、顧客を誘っているのだ。
パンフレットのどこを見ても「撮影禁止」なのでご注意ください・・
などとは記載されてなどいない。(私の見落としならばお詫びするが)

なんかおかしいなぁ。
しっくりこないなぁ。
・・・・・胸の中から離れない違和感があります。
仏像や襖絵などの撮影禁止は何となく理解できるのだが。。。。

当寺のHPを開いてみました。
よく眺めてみますと  「撮影を目的としたお参りはご遠慮下さい」
とある。
さらに別のページには
「「床もみじ」「床みどり」を含む客殿内は撮影していただくことは出来ません」
とある。

理由は良く分からない。
そこまでするのなら、観光案内誌にもしっかりとPRしてもらうべきなのではなかろうかとおもうのだが。

寺院内で、「床もみじ」にカメラを向けたとたんに、キンキン声で叱責されるのはたまったものではない。

拝観を目的にしない、仏心を欠く私には訪れる資格がないようである。   二度と足を運びたくない。

お寺側が「撮影を目的にした客は歓迎しないと言っているのだから」。

その翌日、TVの旅番組で秋の京都が紹介された。
案の定、この寺が写し出された。あの場をどのように写すか、なんと説明するか・・・
注意深く観ていた。正面の柵に何枚も張られた「撮影禁止」の表示は写さず(映したのかも知れないが、乱反射して画面では確認できない)、放送でも「撮影禁止」なのだが特別許可をとって放送しているとの断りもない。
寺院側も、この機会に、声を大にして”撮影禁止”をPRしてもよいのではないか。
f0020352_15431571.jpg

                                     この写真は私が撮ったものではありません
この"床もみじ"は、やはり、客寄せパンダなのだ。
パンタは撮影できるけどね。
[PR]
by m-morio | 2011-12-08 15:37 | たっくん | Comments(0)
10日余り札幌を離れ京都へ行ってきました。
目的の一つは、孫のたっくんの成長の様子を肌で感じること。
そしてもう一つは、京都の紅葉を愛でることでした。
今年の紅葉は平年よりも1週間ほど遅いということは事前に承知していながらも、体がむずむずして落ち着かないし、飛行機は、予約なしで空いている便に乗ろうということなので空席状況を毎日チェックしながら、飛行機も少し混んできた様子なので11月下旬に旅立ちました。

▽鞍馬寺
 京都の紅葉は(桜も同じでしょうが)、どうしても神社・仏閣を訪れ、その庭園などとあわせて鑑賞するというのが定番なのでしょう。
この時期の京都は観光客でにぎわっています。
修学旅行生もわんさと来ていました。
有名寺社行きの交通機関は平日でも満員状態です。

市バス・京都バス・地下鉄(東西線・烏丸線)・阪急電鉄・京阪電鉄・叡山電鉄を駆使して、あちこちを散策しました。市内から出ませんでしたのでJRは使わず、タクシーも使わずでした。
ほぼ毎日出歩きましたので、その費用もなかなか馬鹿になりませんでしたね。
交通費もさることながら、ずしりと懐に響くのが拝観料・入山料・施設維持料という名の入場料。
下は100円から、上は1000円でした。(私が支払った限りでは・・・)
鞍馬寺では、維持費に協力頂いたお礼にケーブルカーを片道利用いただきます・・・・という理由付けでの料金もありました。

この鞍馬寺には、街中の紅葉には少し早いので高いところに行ってみようと考え、はじめて足を運びました。牛若丸(源義経)伝承話の地ですから、ひょっとして“天狗さん"に会えるかも(笑)と期待して。。。。

叡山電車で鞍馬まで。駅前には、大きな天狗の面が出迎えてくれました。
さて、どこまで行こうか! 本堂(鞍馬寺金堂)まで行って引き返してこよう・・・・。
その標高は570mですからケーブルをつかい、更に徒歩でも結構な運動になるだろうとの計算でした。
金堂周辺の紅葉は、なかなか結構でした。燃えるような“赤”とはいきませんでしたが。。。

金堂前には狛犬ならぬ“阿吽の虎”が鎮座していた。
参拝を終え、紅葉の写真を撮り、さて戻ろうか・・・と思ったのですが、確か“木の根道”というのがあることを思い出し、せっかくここまで来たのだから(もう二度と来ることはないのかも・・・)との思いから、この機会に観ておこうと思ったのが運のつき。。。。
鞍馬寺から貴船へ抜ける山道を1.5キロ歩くはめになりました。
f0020352_1936087.jpg
その上りがキツイこと。霊気を含む涼しさなどどこへやら、汗だくのアップダウン。
目当ての“木の根道”に到達した喜びも早々に貴船に向かって下山。

f0020352_19333918.jpg

f0020352_1933563.jpg



金堂まえから1時間20分。
途中、お母さんに手をひかれた幼児のペースにはついて行けるだろう・・との考えは甘かった。

f0020352_19332887.jpg


もう、汗だく そして ヘトヘトで、いつの間にか親子の姿はみえなくなってしまいました。
72歳の身体にはきつかったです。
こんな体験も一つの思い出になりました。
[PR]
by m-morio | 2011-12-06 19:53 | たっくん | Comments(0)
およそ1ヵ月かけて写真集を作りました。

その写真集を、先日受け取って 

むっ・・・!!

なんだ これはっ・・・?

欠陥商品か?

なんと表紙は真っ黒 で 文字も、写真もないf0020352_15555553.jpg
慌てて 中を捲ってみて びっくり・・・
表紙になるはずのものが1ページ目に・・・

ここで やっと 自分のミス に 気付きました。

とほほ(^_^;)

この一月はこの写真集つくりに心血を注いできました(一寸 オーバーですが)
10年間分の写真の中から、限られたスペースに、どの写真をどのような順序で、どのくらいの大きさで・・・と試行錯誤の毎日でした。

何度も写真を入れ替え、サイズを調整し・・・の繰り返しでした。

実は、期限がありました。

なぜ!?

それは この写真集が 孫の たっくんの 10年間の成長の記録なのだから。
何とか10歳の誕生日には間に合わせたいとの一心でした。

8月の下旬には、もう間に合わないかも知れないので、たっくんに電話して、間にあわないかもしれないので 
そのときは ごめん と 先に謝っておきました。

でも 誕生日に間に合うと、そうでないのとでは 値が違うだろう・・・との思いで、じいじは がんばりました。

ですから 日数を逆算しながら 最後は 大いに焦りましたよ。

そんな状況だったために 最後の最後で 画竜点睛を欠いてしまい、写真のような きわめて情けない写真集になってしまいました。

表紙には、最近の彼の“勇姿”が バーン と 載る はずだったのですよ。

見っともない・・・とはいいながら、中身はまあまあの出来なのではないかと思っているのですが、

たっくん の反応は?

10歳の彼にとっては、今は 別のプレゼントのほうが嬉しいでしょう。

写真集は、じいじ が 押し付けたプレゼントです。

でも、後10年経って 成人したときに たっくん が この写真集を 手にして “じいじ ありがとう!”といってくれれば本望です。

じいじ も それまで 元気に過ごさねばなりません。

たっくん 誕生日 おめでとう!! 今日は たっくん の 10回目 の 誕生日!

写真集の裏表紙
f0020352_1651468.jpg
[PR]
by m-morio | 2011-09-10 16:06 | たっくん | Comments(0)
明けましておめでとうございます

楽しい一週間を過ごしていましたので、年末のご挨拶も失念してしまいました。

3年連続で たっくん が 冬の札幌に来てくれました。

夏の便りに 「また、スキーがしたいです」 と書かれていました。 
その本気度が分からなかったのですが、彼の希望が叶って再びスキーを楽しむことが出来ました。

寒い一日、キロロスキー場に出かけました。 前年に体験しているとはいえ、ちょろっとスキーをはいた程度のことなので、大したことでもないだろう・・・と予想していました。

ところが・・・・
お父さんがスキーで並走しながら撮った携帯のカメラの”動画”を見て、びっくり!
なかなか上手に直滑降を滑っているんですね。

3時間ほどびっしりと滑って大満足の様子です。

ひょつとしたら今年も ”また”スキーをしたい・・・なんて言うのかも
・・・・・と少し期待しています。

そんな一日、レンタカーを調達して、6人で、ちょっと豪華なランチを食べに出かけました。
たっくん は なかなかの健啖ぶりです。
じいじよりも食べますね。

お母さん曰く・・・
「子ども料金で大人より食べるんだから、不公平かもね

シルバー料金というのがあってもいいんじゃないかしら」

確かに一理ありますね。 じいじは 子ども料金にしてくださ~い。

温泉でゆっくりと一年間の疲れを解し、札幌市内に戻って、こんどは”お寿司”を、たらふく食べるというお食事ツアーの一日でした。

いろいろなところを見、体験した充実した一週間を過ごし昨日帰京しました。

最寄の駅まで送った際、たっくんの「もう、じいじとお別れなの」の一言に、ほろりとさせられました。

じいじは、今年年男です。
孫の成長振りを毎年この目で確かめられるように元気に過ごしたいと思います。

昨年は、春先からの腰痛に出鼻を挫かれ、写真撮影はさっぱりでした。猛暑にもやられましたね。

今年は、体力の衰えを気力で補いながら、少しだけ行動範囲を広げられればいいなぁ・・と思っております。

f0020352_12231237.jpg

               一部の方の賀状にこんな写真を貼り付けました。
               「マガンから野生のパワーをもらっています」と添え書きして。
               カラーを敢えてモノクロにしました。
               随分陰気な写真だなぁ・・と思われた方もおられるかも知れませんが、
               この飛翔の迫力は捨てたもんじゃありません。 元気をもらいました。
[PR]
by m-morio | 2011-01-02 13:01 | たっくん | Comments(0)
時期としては、紅葉には間があるのは承知のうえで敢えてこの時期を選びました。
私の都合ではなく、”ばあば” の都合に合わせましたので・・・。
木々はまだ緑一色で、紅葉が見ごろになるのは下旬になるのではないでしょうか。
f0020352_13343433.jpg
右の写真は、大原三千院の「わらべ地蔵」です。美しい苔の中で静かに微笑んでいました。

たっくん と たっぷりと遊んできました。
・・・と言っても、 たっくん は学校がありますから、べったりというわけにはいきませんが。

今回は、たっくん の 日常生活にいろいろと触れることができました。

▼バスケット
 この4月からバスケのクラブに入部しています。この練習が週3回あるとのこと。
その練習を見学する機会に恵まれました。
たっくん は 3年生ですから、身体の大きい6年生の動きにはとうてい及びませんが、なかなか元気にそして楽しそうにボールを追っている姿は頼もしい限りでした。

▼20周年記念
 たっくん が 通う小学校は、来年20周年を迎えるとのことで、今その記念事業に向けて準備に余念がありません。
今回は、校庭で人文字を作り、空から写真を撮るという機会にぶつかりました。
そのお手伝い?にと、グランドに馳せ参じ協力してきました。 
正に、枯れ木も山の賑わいでした。
セスナ機が上空を3回ほど旋回して撮影し、終わると、機体を左右に揺らして挨拶して返っていきましたので、子供たちから ワーッ という歓声があがりました。
どのように写っているのでしょうか。

▼子ども美術展
 京都市主催の美術展(絵画と工作を合わせたような作品もある)で3年生の たっくん の作品が ”特選” に選ばれたとの連絡があったので美術館に足をはこびました。
何作か提出していたらしく、どれが入選の対象作品が分からなかったのですが、会場で確認して納得したようでした。この子はなかなか手先が器用で、工作は特に好きです。

▼学校の授業で
 近所にある商店街のお店の協力を得て、店頭に立って「柿」の販売を体験しました。
残念ながら私たちはその現場に立ち会うことができませんでしたが、仕事を中断して出かけたお母さんの話では、大きな声でお客さんに呼びかけ、お金の授受もしっかりとやっていたようです。
たっくん の 説明によると、普通130円ほどの柿を100円にして2個を1パックにして販売したとか。。。

私たちが帰る日は、授業で「豆腐」を作るのだとか言っていました。
夜、札幌から電話して確認しましたら、豆腐は、キチンと固まったし、お昼に食べたらすごく美味しかったとのことです。

▼友達
 たっくん は 部活(卓球)が無い日は3時半~4時には帰宅します。
翌日の教科書などを準備すると、直ぐ、友達の家へと遊びに出かけます。もちろん自宅にくることもあります。
5時半までには帰宅します。
それからは、宿題をしながらお母さんの帰りを待つ・・・・
というのが日課になっているようです。

そんな一日、我が家に友達二人がやってきた。
その元気の良いこと・・・古い町家の2階が落ちるのではないかと心配するほどの元気の良さです。
小一時間、思いっきり遊んで、キチンと挨拶をして帰っていきます。
真に気持ちの良い子どもたちです。

こんな たっくん の日常生活の一端に触れさせてもらった10日間でした。

f0020352_1335124.jpgこの写真は甲賀市(こうかし)信楽町の陶器市に出かけた際のもの。
信楽とたぬきはいろいろなご縁があって、商売繁盛などの縁起物として制作・販売しています。
"他を抜く"ということらしいですね。
売り物のたぬきは色づけされているのがほとんどですが、そんな中で目に付いたのが、この”白いたぬき”です。
なかなか品があって人をひきつけます。

[PR]
by m-morio | 2010-11-12 13:45 | たっくん | Comments(0)
札幌の天気は不安定です。
今朝から 雪が断続的に降っています。

たっくん は 朝から 又従兄弟のアキオくん一家と一緒に 出かけました。

雪 を愉しむために スキー場 か 滝野すずらん丘陵公園 あたりに行っているはずです。

天候が不安定なので まず出発して 道路の状況を見極めながら 行き先を決めるのだとか・・・

湿った雪ですから 恐らく 大きな雪だるまができることでしょう。

10時に出発しましたが 3時半すぎても未だ戻りません。
大晦日ですから そろそろ帰ってくることでしょう。

帰ってきてから遊んだ様子を聞くのが楽しみです。



さて、今年も今日で終わりですね。

沖縄旅行や冬の札幌で たっくん と ともに過ごせたことは大変嬉しいことでした。

ここ数日 たっくんの京都での生活ぶりを 本人やお父さん お母さんから縷々聞かせてもらいました。

今年の締めくくりとして たっくんの京都のクリスマスのことを書いて終わりにしましょう。

たっくんのクリスマスは大変賑やかだったようです。
2年生全員とその兄弟姉妹の総勢25人ほどの子どもたちが たっくんのお家に集まったのだそうです。

普通の住まいならばちょっと収容しきれないでしょうね。

以前に触れましたように たっくん は 京都の"町家" に住んでいます。
100年以上も経つ建物です。
何かの折に 学校で この"町家" というものを知らない子がいることが分かって 一度機会があったら 見たい!
ということだったようです。

それが 今年のクリスマスに実現しました。

25人の子どもと数人のお手伝いのお母さん方による大変賑やかな会だったとの事です。

その様子を撮った写真をここに張り付けたいと思ったのですが 今は できません。

(お母さんが 携帯で撮ったものなんですが この携帯のカメラも進歩して 「マイクロSD」を使っていました。
私の使っている「ミニSD」の半分ほどの大きさです。 これをPCに取り込むリーダーが合いません。
買えばいいのですが 結構なお値段です。 利用頻度などを考え 今回はパスしました。・・ということで貼り付けられないのです。)

たっくん が 開会にあたって 乾杯・・ と高らかに発声している様子をお見せできないのが残念です。

"町家"について お母さんが 一語りした様子もあるかも・・・・・

彼の学校の2年生は1学年1クラスです。
全員で18人なんです。
そして 兄弟姉妹 が一緒だつたのですから その賑やかさが想像できますね。

みんなが仲良しで イジメもないし 学校生活を大いに楽しんでいるとのことですから
じいじ としても嬉しい限りです。

今年1年 拙い文章をお読みいただきありがとうございました。
古希を迎え 気力、体力とも衰えてきましたが 来年も折に触れ 身の回りの様子を
書き連ねていきますのでよろしくお願いいたします。

どうぞ 良いお年をお迎えください。
[PR]
by m-morio | 2009-12-31 15:49 | たっくん | Comments(0)
            この写真はたっくんのDSで撮った写真を彼が加工したものですf0020352_193457.jpg
冬休みになりましたので遊びに来ています。

昨日到着しました。
午前中に着きましたので夜の千歳空港の雪によるトラブルには遭わずにすみました。

◇今日はたっくんと二人だけで一日行動です
 たっくんがどうしても行きたいところがあるというのでお供です。

さて、どこでしょう?

1年ほど前にオープンした "ポケモンセンター" です。

大阪の梅田にあるんやが、京都にはあらへん・・・と。

欲しいものばかりです。

決まったかい・・!
と聞くと、沢山あって決められないといいます。

そんなに沢山なのっ?

うん 13 もあるんだっ!

えっ! 店内をぐるりと一回りして 13 とは・・・
この子の頭の中はどうなっているんでしょう!

最後は一つに絞れず三個になってしまいました。

◇たっくんからの質問
 いつものことですがたっくんの"どうしてっ?" 攻勢にはじいじもタジタジです。
地下鉄を待ちながら・・・
柱に貼られた車両編成のポスターを見て

「この色が変わっているのは何?」といいます。

「安心車両」と書いてあります。 最近登場した 「女性専用車両」 のことです。

説明文には、(時間制限した上で)女性と小学校入学前の男子が乗ることができるとかかれています。
そのまま伝えても彼が納得しないのは分かっていても、それ以上の説明ができません。

交通局さんは 小学校2年生の男子 にこの辺りをどのように説明するのだろう。。。

「じいじ」はおろおろするばかりでした。

でも・・・孫と二人だけの行動は楽しいですね。。。
[PR]
by m-morio | 2009-12-27 19:33 | たっくん | Comments(0)
なんとなく ブログの画面 を 開いたのですが 何を書き込みましょうか!? と頭をひねって・・・・

今の 札幌は 雪は少ないです

今朝は数センチ積もっていましたが 解けるかも・・・気温は3度です

孫の たっくん が 年末に京都からやってきます

雪遊び を 殊のほか楽しみにしているようです

去年 公園で作った 大きな雪だるま が忘れられないのかも!

お父さん お母さん は スキー を経験させたいようですが 
本人はあまり乗り気ではないのだとか

f0020352_14304269.jpg 

クリスマスまでには 少し間がありますが 毎年 たっくん への プレゼントに悩みます

もう トーマス は卒業したし プラレール(だったかな?)も・・・
ポケモン への興味は まだ続いているのだろうなぁ

最近は
DS?ゲームとやらを買ってもらったとか言っていたので
興味の対象が また 変わっているのかも知れない

26日にやってくるから 顔を見てから 決めようか・・・

たっくん ! 
今年 欲しいものは何かな?
値の張るものは 勘弁ね(*^_^*)
[PR]
by m-morio | 2009-12-03 14:45 | たっくん | Comments(0)
しばらくぶりの更新になってしまいました。

GWに、たっくんの一家、たっくんの福岡のじいじとばあば、そして我が家の総勢8人が沖縄・石垣島に集合しました。
その前後を京都で過ごしましたので・・・結構長い間札幌を離れていました。

JRや空港はこのシーズンですからそれなりに混んではいますが、あまり気になることもありません。
ただ、私たちに風邪気味が多かったので全員がマスクをしてぞろぞろと歩きますと新型インフルエンザを警戒してか、ジロリと見られている感じがしました。
エレベーターに5人がマスクをして乗っていたところに、一人の男性が乗り込もうとして、一瞬躊躇した様子だったのには恐縮しましたね。

GWの観光地は混雑、渋滞が相場ですが、飛行機こそほぼ満席でしたが、まあ、ゆったりとした旅でした。
四泊五日をリゾート・ヴイレッジで過ごしましたが、
施設は清潔、従業員の接客態度も良く、美味しい食事も提供され、かつ天候にも恵まれ、目の前にはプライベートビーチもあり、皆の評判は上々でした。

気温は25~27度程度であまり高くはありません。札幌と3度ほどの差でしたが、最低気温がかなり違いますから随分暖かく感じます。
すっかり南国気分に浸りました。
高い料金を出して、長時間の飛行機で移動をしてハワイまで出かけるよりも、はるかに手軽です。

この島を観光するにはレンタカーがあると便利です。
私たちの場合、島の外れにあるリゾート施設を利用しましたので、街中までは車で15分程度はかかるし、近所には商店はありません。
食事などは全て施設の中で済ますことができ、コンビニもあります。
駐車場の大半が「わ」№でしたね。

ハプニング・・・もありました。
下手な操縦士にぶつかった。
那覇空港着陸時、穏やかな気候にもかかわらず、着陸態勢に入るや突然スーっと機体が下がる。
それが何回も・・なだらかな降下とは程遠い。乗客からは悲鳴も・・・
数えていました。何と5回もです。気分が悪くなりそうでした。

挙句の果て、着陸時のショツクが凄かった。ドーンと・・・。
その衝撃は経験したことがないほど酷いもの。
なんと、酸素マスクが一個だけ飛び出しましたから・・・・・。
お詫びのアナウンスもなし。
まったくー、もーう(@_@;) 

肝を冷やしました。あの操縦士は減俸ものですよ ○○Lさーん。 

ともあれ 身内だけの 楽しい旅でした。

たっく~ん 
2年生になって 身体もしっかりしてきましたね。
卓球と茶道クラブも頑張って続けてください。

写真:
お母さんが用意していった「凧」は、たっくんに大好評!!
とても百均で買ったとは思えない揚がり具合に夢中で遊んでいました
f0020352_12582863.jpg

高速船に乗って西表島へ
48km/h ですれ違っています。
f0020352_12575338.jpg

[PR]
by m-morio | 2009-05-11 13:15 | たっくん | Comments(0)