ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

カテゴリ:たっくん( 74 )

カヌー体験のCDがツアー会社から届きましたのでその中から選びぬいた写真を。。。
f0020352_19374345.jpg

f0020352_1938153.jpg

f0020352_19383471.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-07-05 19:39 | たっくん
体験 4 海 
我が娘がバレーボールをやっていまして、夏はビーチバレーへ出かけます。
1日の日曜日に、たっくんは海での遊びをかねて一緒にでかけました。どうやら大勢の仲間が自分が食べたいものを持参して焼いたり、煮たりして楽しむらしく、多少の準備をしてでかけました。
海は、まだ冷たくて足を水につけるくらいしかできなかったようですが、皆に可愛がられてにこにこして戻ってきました。カメラを砂のうえに落としたらしく動かなくなってしまいました。 よって、映像なしです。。。

体験 5 カヌー
たっくんは、北海道行きがきまってからはお母さんと一緒にガイドブックをみながら行きたいところ相談していたようですが、そのなかでもどうしても乗りたいとの希望があったのが”カヌー”でした。
さあ~大変! じいじの体調ではちょっと不安だなぁ~と思っていましたら、こんなHPを見つけたから・・と連絡があり、調べてみるとガイドが一緒に乗ってカヌーを操ってくれる・・というのがあることがわかりそれに行こうということになりました。 

それで富良野へ。。。
川は、空知川です。快晴で微風という絶好の天気。まず、簡単な説明や注意事項を聞いて、ライフジャケットを装着、パドルの扱い方を習って、さぁ~乗船。
6人乗りのカヌーに我々4人とガイドさんが乗りおよそ1時間かけて5キロの道のりを下りました。
急流では多少の水しぶきがあがりますが、操船はガイドさんがやってくれますので安心して乗ってられます。気温は29度近かったようですが、水の上は本当に快適でした。穏やかな流れアリ、急流アリと変化に富んでいます。ガイドさんの合図で一斉に漕いだり、流れに任せて漂っていたり・・の~んびりとした水面上は極楽でした。

たっくんは一番前に乗りパドルをしっかりと持ってなかなか上手に漕いでいました。周りを眺める余裕も出てきて、飛び交うアオサギや鴨を眺め、ウグイスの声を聞いてのカヌー遊びは最高の喜びだったようで、京都に帰ったら今度はお父さんに連れて行ってもらうんだぁといってます。
この日は、このツアー会社の夏最初の営業で私たちが第1号のお客さんだとのこと。
そのせいかどうか分かりませんが、1人乗りのカヌーに乗ったガイドさんが我々のカヌーの周りを縦横無尽に動き回って付きっ切りで写真を撮ってくれました。近いうちにCDに焼いて送ってくれるとのことです。きっと たっくんの真剣な表情も写っていることでしょう。
f0020352_11324371.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-07-04 11:37 | たっくん
体験 3
サッポロさとらんど(農業体験交流施設)というのが北区にあります。
昨日は、そこで1日遊んできました。 
この施設には、その名の通りいろいろなことが体験できるようになっています。馬車や乗馬、炊事広場、手作り体験、収穫体験、動物とのふれあい などなどです。

広大な芝生を走り、遊具で遊び、SL列車に乗って、やぎや綿羊に餌をあげるなど多くの体験をしてきました。
「バター作り」にも挑戦し、美味しいバターを持ち帰ってくることになっていたのだすが、な~んとそのバターを帰りまで冷蔵庫で保管してもらっていたのをすっかり忘れて帰ってきてしまいました。あまり日持ちしないようなので・・・諦めようかということになりかけたのですが、結局はじいじが取りにいくことになってしまいました。
これから行ってきますぅ!とほほっ

たっくんは今、石狩方面に出かけました。 おばちゃんのビーチバレについていきました。
天気は良いのですが、風が強いので海には入れないでしょうが、海の風を身体で感じながら今頃は”焼肉”を頬張っていることでしょう。

じいじは明日からのために体力温存中です。。。
明日とあさっては富良野方面に泊りがけで行ってきます。
f0020352_1213431.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-07-01 12:17 | たっくん
をテーマ?に たっくん が札幌に遊びに来ています。 25日から・・・。
来年から学校なので、この時期に涼しい北海道を体験できるのは今年だけかも・・・との思いがあったのと、たまたまお母さんが時間的に余裕ができたのを機会にタイトルのような意図をもってやってきました。

事前に知らせてきてはいたものの、さて”自然”に親しむとなるとなかなか大変です。じいじの体力の問題もありますので。。。

体験 1 くわがた
”くわがた”を採りに出かけました。 昼間、のこのこと出かけていって探すのではなくかなり本格的にです。
たっくんのオジさんがセミプロなので連れて行ってもらいました。午後に出発して、現地(秘密の場所です)に着き、仕掛けをセッティングして日没を待ったそうです。(じいじは留守番です)翌朝1時半に帰ってきました。収穫は40匹程度だったとか。。。そのうち5匹をもらって嬉々として帰ってきました。
今、プラスチックの容器に入れて大事に育てています。京都に持ち帰るのですがその世話がなかなか大変なようで(キンギョ、メダカ、ザリガニ、そのほかにキャンプに行ったときに獲ってきた名前が分からない魚などがいますので)たっくんだけでは手が回らずおとうさんとおかあさんの助けを借りているようです。

体験 2 さくらんぼ
”さくらんぼ狩り”に行きました。
いちごやぶどうは関西近郊でも体験できるのですが、”さくらんぼ”となると場所がかなり限定されます。勿論、初体験です。時期としては少し早いので7月に入ってから・・とも考えましたが、予定がいろいろあるので曇天のもと車で1時間余の余市まで行ってきました。
この果樹園は今なら”いちご”と”さくらんぼ”を同時にたのしむことができるので、たつくんは目をランランと輝かして脚立に登ってむしゃむしゃやっていました。
”さくらんぼ”は少し早め、”いちご”はそろそろ終わりの時期・・といったタイミングでしたが楽しい1日でした。

さて、この後は 海、山、川の予定があります。 
たっくんの思い出作りのために、老骨に鞭打って 頑張ります。
f0020352_2119369.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-06-29 21:23 | たっくん
f0020352_20165493.jpg

f0020352_20145033.jpg

                                慈照寺(銀閣寺):  近くからよりも新緑の中からの眺めがいいですよ

京都には「○○の道」と名付けられている道がいくつかあります。
その一つに、金閣寺あたりから仁和寺周辺までを”きぬかけの道”といいます。
この道を歩いてみては・・との声もあってその一部を歩いて見ました。でも、この道は車の交通量が多くてとてものんびりとした散策を楽しむ環境とは思われません。

そこで定番の”哲学の道”を歩くことにしました。
ここは京都の東山地区に位置していて、慈照寺(銀閣寺)から南禅寺周辺までの区間に遊歩道が整備されていて、側を走る疎水は、琵琶湖疎水の支流で蹴上から南禅寺を通って北に流れるのですが、若王子神社の側から銀閣寺までの疎水路の側およそ2キロにわたる小道を”哲学の道”と名付けられています。
昔、ある哲学者が思索にふけり、散策したことからその名がつけられたのだとか。。。

きぬかけの道と違って、車道からはきちんと隔離され、側の車道も狭いので車もゆっくりと走りますから、のんびりとした散策を楽しむことができました。
平日ですからときどき南禅寺方面からの人たちとすれ違います。気温25度程度まで上がっているようでしたが少し汗ばほどで、誠に気持ちの良い散策でした。(私は、慈照寺から南禅寺方向へと進みました)
慈照寺(銀閣寺)は、金閣寺と対照して話題になる寺院ですが私は金閣寺よりもこのお寺が好きです。
今回、改めて新緑の中から眺めると何とも落ち着いた風情を感じました。時折、就学旅行生が賑やかに追い越して行きますので、新緑の写真を撮るのもそこそこに先を急ぎました。
疎水の流れを追うように進みますと幾つかの寺院・神社がありますので右に左にと寄り道をしながら進みますのでとても時間がかかります。結局この日はおよそ5時間歩き回ったことになるのでしょうか。

[後日 追記]
琵琶湖疎水については、京都市水道局のHPに載っていますので興味がおありでしたらどうぞ・・蹴上の浄水場はつつじがきれいなところとのことですが、ゴールデンウイークの数日間のみ公開しているとか。。

もう少し写真で説明しましょう

f0020352_201778.jpg

  修学旅行生から逃れて、法然院の境内に入りますと一転して静寂に包まれほっとします

f0020352_20172252.jpg

  哲学の道 の一こま

f0020352_15123080.jpg

  疎水の側には、ポツポツと甘味処などがあります。ヒマなのでしょうか玄関先で猫が毛づくろいをしていました

f0020352_20174710.jpg

  この時期のもみじを ”青もみじ” と表現しているようですが、こういう種類のものも目に付きます
[PR]
by m-morio | 2007-05-27 20:32 | たっくん
たっくんは 5歳の男の子です。 ご多分に漏れず「車」が大好きです。
ですから じいじのお寺周りについていくのは嫌いです。
それでも1日一杯付き合ってくれた日がありました。
宇治へ 二人だけで 出かけたときです。 じいじ の 顔をたててくれたのでしょうか。。。

その後は ”行こうかっ”というと ”嫌だッ” といいます。

ある日、保育園の保育参観後の午後 たっくんの大好きな機関車を見に二人で出かけました。
おかあさんに 二人分のお弁当をつくってもらって。。。
「梅小路蒸気機関車館」といいます。
機関車18両を保有し、往復1キロの乗車もできるところです。
試乗を終わって帰ろう・・というと、未だだといいます。その後、機関車の点検、燃料の石炭の補充、そして車庫入り・・・という作業があるからそれを見ていくのだといいます。
何回か来ているところのようですが飽きもせず楽しそうに遊んでいます。
やはり お寺よりも はるかに楽しそうでした。
f0020352_19412144.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-05-25 19:42 | たっくん
たっくんのおとうさんの職場は大阪です。
だから毎日京都から大坂まで通勤しています。1時間20分くらいかかるのだそうです。
帰りが遅いのでなかなか大変な毎日です。だから、たっくんと遊べるのは土曜と日曜だけです。

京都滞在中、たっくんの日常を観察していて面白い発見をしました。
日頃、たっくんは両親のことをおとうさん・おかあさんと呼んでいます。勿論、札幌に遊びに来たときもそうですが・・・・
最近、頻繁にこの呼び方が変わるらしい。。。

脱線しますが、
滞在中何度かたっくんを保育園に迎えに行きました。普段はおかあさんが6時半過ぎに行くのですが私が行くときは大体午後5時頃になります。この時期、日没までには時間があります。
たっくんのエネルギーはまだまだ満タンのようで、寄り道をして遊んでいきたいといいます。
だから、二度ほど近くの公園に友達と連れ添って出かけました。
まぁ、その元気のいいこと驚くばかりです。およそ1時間ほどの間ほとんどジッーとしていません。黙っていたらいつまでも遊び続けそうですが、お友達のおかあさんも6時頃を目処にしているようで、それぞれ阿吽の呼吸で遊びを打ち切ることになります。
その遊びの最中は、オレだの、オマエだの、コラッ、バカ・アホまで飛び出し・・・・男の子言葉の連発です。

そんなことが耳に残っているときにお家で耳にしたのが、おとうさん、おかあさんを「トモ」、「フミ」と呼んでいることです。えっ、と思いました。そうなると自分のこともボクではなく「オレ」に変わっています。 時々、おとうさんを「オマエ」と呼んで叱られていましたが。。。
家で遊びに夢中になるとモードが切り替わってしまうとのこと。遊びが終わって一寸甘えたくなると「おかあさん」にかわるようです。


先日の休日の午後おとうさんの仕事振りをみに出かけました。普段なかなかみれませんのでこの日は是非にと私が希望して実現したのです。
と言っても、職場へ出かけたのではなく所属するチームが担当した建物を見せてもらいました。
f0020352_1538133.jpg

某大学の学生会館です。昨年2月に竣工したとか。。。食堂はもとより書籍、文具、日用品、美容室、ネイルアート・足マッサージまであると言いますから今時の学生さんは幸せですよね。

建物の屋上には桜の木などが植樹されていて来春が楽しみなのだそうです。
この施設は業界でも少し話題になったとかで、最近中国のTV局が取材に来日し、おとうさんが説明役を担当したらしい。

たっくんも興味深げに眺めていましたが彼の脳裏にはどのようにインプットされたのだろうか。
ひょっしたら、建物よりも構内で出くわした大道芸(3~4mもの高さの一輪車上でボールングのピン状のものを操る)の方が興味深かったのかもしれません。

f0020352_15382075.jpg


f0020352_15383940.jpg


f0020352_1539516.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-05-23 15:43 | たっくん
◆昨日、札幌に戻ってきました。
千歳から高速に乗らずにゆっくりと周囲の様子を眺めながら我が家まで1時間半のドライブをして見ました。
桜は八重がかなり目だっています。北海道の桜前線はもう根室まで達したのでしょうか。
藻岩山、手稲山の緑が目に染み入りそうで、あぁ~札幌だなぁと実感しました。
ライラックの花も咲き始めていました。そろそろライラック祭りが始まるのではないだろうか。
家庭の庭にはチューリップが色とりどりに咲き誇っていて初夏の心地よい風に揺れています。

大して疲れも残っていないなぁと感じてはいたのですがやはり慣れたベットは寝心地が良かったぁ。
10日間の郵便物の整理、メールのチェツク、マンションのお仕事が押し迫っていたのでその打合せなどなどを処理しているうちにもう1日が終わろうとしています。
今日の札幌は最高気温が26度を超えたとのこと。京都で27度ということもありましたが日なたでは札幌のほうが暑く感じました。

まだ写真などを整理する時間がありませんが・・・京都雑感のつづきを・・・

◆あまり難しいことを考えずに、新緑の中に身を置きそよ風に押されながらブラブラとお寺の境内を歩いていますと、いろいろな人々に会います。静けさを求めての散策も時にはけたたましい中学生の一団にハッと正気にもどされることもありました。
f0020352_2059512.jpg
この写真は散策しているうちに出くわした一カットです。
プロのカメラマンが舞妓さん一人を連れて南禅寺の境内でしきりにポースをつけていました。
修学旅行生は悲鳴のような歓声を上げて遠巻きに見ています。
彼らもコンデジで横から撮るのですがどうも上手くいかないらしく"おしさん 撮れました?"と聞いてきます。デジカメの液晶モニターを見せてあげると"うわっ いいなぁ!"なんていってました。
プロの撮影が一段落すると、「あの~一緒に撮らせていただけませんかぁ」・・と、なかなかタイミングよくお願いしていました。プロも、モデルを動かさないで・・という条件でそのお願いに応じていて舞妓さんもニッコリ・・でした。
f0020352_2101245.jpg
日頃の心がけが宜しいとこんなこともあるということでしょうか。(中学生のことです)
この後も私の動きにあわせたように暫くはご一緒(というより私が追っかけをしたのかも・・・)。。。

◆外人さんが多いということを前回書きましたが・・・とうとう声を掛けられました。
一人歩きの中年の男性から。。。
どうやら英語かそれ以外で話せる言葉はないか?との問いかけであることは分かったのですが。。。さぁ! 日頃体験しない場面ですよ。どうしよう!周囲にはだれもいませんし・・・。
教科書どおりに答えるなら I can not speak english などというのかも知れませんが、
とっさには japaneas  only sorry と口に出てしまいました。 
先方には十分に通じたようで sorry といって遠ざかっていきましたが・・・・
これでよかったのか、もう少し別の言い方があったのか今でも分かりません。
[PR]
by m-morio | 2007-05-22 21:16 | たっくん
1週間も京都の町を散策していますと目に付くことがいくつかあります。

まず 着物姿のご婦人か゜多いこと。 歴史ある町ですから当然といえばそれまでですが・・・
漏れ聞くところによると着物を着た人の公共の乗り物料金が優遇された?(期限限定かも・・)ことがあるらしいですが 未確認です。

京都の観光では、バスと地下鉄をいかに上手く利用するかがポイントになります。
市内の観光スポットを漏れなく縦横に走っています。
たっくんの家は、幹線道路の堀川通りから一本中道に入っている大変便利な場所に位置していて修学旅行の定番"二条城"には徒歩10分でいけます。京都駅などに出るにはなかなか便利でして。。。
あっ バスのことでした・・・
このバスはアイドリングストップ運動と銘打って京都市がチカラを入れているらしいのですが、停留所、信号待ちのつどエンジンが切れる(自動的らしい)ので乗っている者にとってはあまり居心地がよろしくありません。エンジんがかかるたびに、あのブルーンという車体を震わす大きな振動を感じますのでね。

さらに 外国人の多さ。。。
とにかく多いです。
 
先ほども 東福寺で修学旅行の中学生達とすれ違いました。私の前を数人の外国の方が歩いていて・・・・なにやら声をかけている。 どうやら ハロー、ヘロー と・・・
おまけに 私にまでも ハロー ときた。

たっくんのおかあさんがいっていました。
街の中で よく出くわす光景・・・・・

外国の方が 困っているらしい。
声をかけてあげたいのだが・・・
自分自身、京都のことをよくわかっていないし、なによりも語学がぁっ・・
と躊躇しているうちにタイミングを失して自分が情けなるんですよ。。。と


いつの日か、颯爽と may I help you?  なんて声をかける日が来るのだろう。

観光も長くなってしまったので、そろそろ札幌へ・・・と思いつつも 後数日おります・・京都に。


"東福寺"の方丈庭園では、観光客もまばらでしたので、庭園のそばで暫し五感をさらして瞑想に耽ってきました。心落ち着くひと時でした。 写真は 塔頭の一つ「霊源院」の庭先です。中に入れませんでしたので門の外からパチリ・・とやりました。
f0020352_16174134.jpg


たっくん は 保育園です。
朝 お見送りの時 お迎えはじいじがいくからね・・・と約束しましたのでそろそろ出かけましょうか。。。
[PR]
by m-morio | 2007-05-17 16:46 | たっくん
数日前から、たっくんの住む京都です。
毎日好天に恵まれ観光三昧の毎日をすごしています。

昨日は"葵祭り"でした。
別にこの日に合わせて来ているわけではないのですが、せっかく観れるチャンスですからたっくんと二人ででかけました。 
おかあさんにお弁当を作ってもらってたっくんのリックに入れて。。。

とにかく人、ひと、ヒト・・・・
およそ1時間の行列ですが、歴史の重みを感じる祭典ですね。

                 写真は たっくん が 撮ったものです。
f0020352_818749.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-05-16 08:23 | たっくん