ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

カテゴリ:宮丘公園( 14 )

なってきました
▽1週間ほどは晴天が続きそうです
近所の小学校の運動会です
昨年は雨で順延があちこちで・・・
今日は のびのび と 楽しんだことでしょう

▽散歩道の緑もまぶしくなってきましたので 森林浴を楽しんでいます
f0020352_1604465.jpg


いつもならそろそろ蝉の声が聞こえてもいいころなのですが・・・
地上に顔出しても 寒くて震えているのかもしれません
f0020352_1601975.jpg


しばらくおとなしくしていた 熊さん が 散歩に出てきたらしい
この17日に出された注意看板・・・・足跡が見つかったとか

この道を進む勇気はありません
f0020352_15575148.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-05-29 16:18 | 宮丘公園 | Comments(0)
f0020352_13111697.jpg

久しぶりに宮の丘公園を散策しました。
旅にでていましたので、今年は出遅れました。 エゾエンゴサク や エンレイソウ はもうその姿を見ることが出来ません。
一番元気があったのが この ヒトリシズカ です。
ニリンソウもまだ生き生きしていました。
f0020352_13112856.jpg

この後、クルマバソウ、マイヅルソウなどが楽しめます。

近所の庭はチューリップが満開。
f0020352_13114543.jpg

新緑の香りを胸いっぱいに吸い込んでの散策はほんとうに気持ちが良いですね。

春のほんの短い期間だけ花を咲かせるフクジュソウやエゾエンゴサクそしてカタクリなどの植物を「スプリング・エフェメラル」と呼ぶことを熊五郎先生に教わったことがあります。
エフェメラルというのは「短命な」という意味だとか。
でも、その一生は必ずしも短命とは言えないようです。
カタクリが例にとりあげられることがあります。
このカタクリ・・・
1年目は糸のように細い葉が一枚出るだけ
2年目はもう少し大きな葉
3年目はさらに大きな葉
開花するまでに7、8年かかるとか
その後、日当たりが悪くなると花をつけず、条件が整うとまた開花する・・・
というサイクルを繰り返し、40~50年も生きるのだそうです。
ということは、その年、年に私たちが楽しむのは短くても、決して短命な植物ではないということのようです。
[PR]
by m-morio | 2009-05-13 13:32 | 宮丘公園 | Comments(0)
f0020352_15471328.jpg


桜や梅に気をとられていて 裏山の公園 に ごぶさたしていました。
マイヅルソウ や クルマバソウ の見ごろは もう少し後のようですが、ヒトリシズカ はなかなか元気でした。

平日の昼下がり 1時間余の散策の間 二人の人とすれ違っただけでした。
風も無く 穏やかですが 気温は上がらず 10度程度でしょうか・・・ちょっと肌寒いですが
気持ちのいい散歩でした。

ヒトリシズカ は 園内の表示 に・・・

2対の葉が接していて輪状になる多年草
白い花のように見える部分は花びらではなく 雄しべの集まり

とありました。
[PR]
by m-morio | 2008-05-12 15:58 | 宮丘公園 | Comments(0)
今年は雪解けも早く、桜も例年より開花が早まりそう・・・との予報は、お天気の神さま?のいたずらか足踏み状態です。
開花予想まで狂い気味。
昨日現在、
日本気象協会は5月1日、ウエザー社は5月3日、札幌気象台は5月6日・・と微妙に違う。。。。
いずれにしても結局平年並みに落ち着くのでしょうか。

今朝の天気は”雪”。あっという間に5センチも積もった。
と思ったら 青空が。。 雪はまたさーっと解けてしまいました。
宮丘公園のフキノトウは日を浴びて元気!!

f0020352_15351928.jpg
f0020352_15353577.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-04-12 15:53 | 宮丘公園 | Comments(0)
早くも 4月に入りました。 ちらほらと花の便りが聞かれるようになりました。
といっても”桜”ではありません。 ”福寿草”です。
福寿草を見ることができる場所は札幌にもありますが、市内のあのT公園はまだ雪の中です。
我が家の庭の「宮丘公園」もまだこんな状態で、積雪1mはあるでしょう。芽吹きは・・ポツポツと。
f0020352_1012985.jpg




ということで月末に、車で2時間半の芦別まで足を伸ばしてみました。
好天に恵まれ、久々に背筋を伸ばして教室の皆さんと楽しいひと時を過ごしてきました。
f0020352_1062892.jpgf0020352_10181494.jpg





南斜面は黄色一色に覆われていましたが、雪の中の様子を・・・
[PR]
by m-morio | 2007-04-02 10:15 | 宮丘公園 | Comments(2)
ヒグマが出ることがある公園へ数ヶ月ぶりに足を踏み入れました。
f0020352_9205081.jpg今月中旬にやっと解禁になったのです・・・入園が。
例の熊が捕獲され、処分された後 新たな熊の落し物が見つかり閉園が続いていましたが やっと解放されました。

昨朝は 手稲山に初冠雪 が確認され ピリッと寒さを感じましたが 歩きなれた公園の秋の香りを感じながらの散歩も心落ち着くものでした。

ただ残念なことに、この再開を機会にご丁寧に整備されたらしく、細道の両側が刈り取られた草ですっかり覆われていました。
ということは 春に見られたマイヅルソウなどは跡形も無くなっているということで・・・


期待していた 赤い実 に会うこと叶わず。。。
[PR]
by m-morio | 2006-10-24 09:23 | 宮丘公園 | Comments(0)
f0020352_18293764.jpg近くの住宅の近くまで出没していたヒグマが駆除された・・・ということは以前書きました。
その後の報道によると
このヒグマは ここ数年出没していたのと同一であることがDNA鑑定の結果ハッキリしました。

でも 公園は未だ閉鎖中です。

どうやら 新しいフンが見つかり 分析すると 山の餌のみを食べていて 民家の作物は食べていないという。
新しい(?)ヒグマです。 まだまだいるということです。

よって 公園の閉鎖は 引き続き・・・です。
[PR]
by m-morio | 2006-10-01 18:29 | 宮丘公園 | Comments(0)
駆除されました。
今月上旬から何回か近所(といっても我が家から5~600メートルは離れていますが)の民家近くに出てきていたので、
市が住民に注意するよう呼びかける一方で駆除のための罠(わな)を仕掛けていました。
ここ数年 この時期に 現れてはいたのですが 昨年は この罠にはかかりませんでした。

しかし、とうとう捕まり 駆除されたとのこと。
推定7~8歳 の オス 体長154センチ、体重150キロ の 羆(ヒグマ) だったとか・・・・

このクマが昨年出没したクマと同一かどうかDNA鑑定をし、他にいないことを確認するまで公園への立ち入りは禁止だという。

駆除の報を聞いて ホットするよりも 寂しさがこみ上げてくる。

勿論 人命は大切である。クマの生息地域に我々が侵入していることも事実だ。
我が家が この地に転居してきた 10年前は 頻繁に キタキツネ の姿をみることができた。
でも 当時は クマ が 民家近くまで降りてくるということはなかったように思う。
そのキタキツネも数年前から、現れなくなり 代わりに クマが 現れた という状況だ。

山の実りが悪いのか、実をつける草木に異変が起こっているのか、我々に問題があるのか。

いつも言われながら 共存 への方策が見つからないのは 努力が足りないのだろうか?
f0020352_1215336.jpg
[PR]
by m-morio | 2006-09-15 09:50 | 宮丘公園 | Comments(0)
札幌もすっかり秋の気配が訪れ 気温も 今日は 最高21度くらいまで下がってしまいました。朝からの雨のせいでしょう。
実りの秋、収穫の秋となったのはいいのですが また 現れました。

今朝の新聞によりますと 
ご近所 で 家庭菜園のトウキビが食い荒らされたりブドウ棚も荒らされているのが発見され、近くを調べたところクマの足跡が見つかったとか。。。。

区役所では広報車をだして、近づかないよう朝から呼びかける一方保育園や小中学校にも注意を呼びかけているようです。

わが 宮丘公園 も 立ち入り禁止になってしまいました。
そろそろ 公園の草花の実 の様子が気になりつつあった矢先でもあり 残念です。

クマさんも すっかり 里の味 を覚えてしまったらしく 義理堅くキチンと現れてくれますね。
                        
                                 ↓ 写真は 昨年のものです。
f0020352_18371136.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-09-05 18:33 | 宮丘公園 | Comments(3)
暫く公園の散歩も中断していました。その後の野草の成長具合が気にはなっていたのですがいろいろありまして散歩すらままならなかったのですが・・・・・
ということで 出かけてみました。

まずあの ヒトリシズカ=一人静 
前回はこんな状態が・・・
f0020352_2183766.jpg










f0020352_20165647.jpg
                                         →という具合になりました。








マイズルソウ=舞鶴草 ですが
前回は
f0020352_21111181.jpg















f0020352_2019718.jpg
さて 鶴の舞 に見えますでしょうか。見えないようでしたら 写真が悪いのです。
ご容赦を! 花が散り秋には真っ赤な実をつけます。










それから あの クルマバソウ=車葉草 は
f0020352_21115131.jpg

















今 真ッ盛り
f0020352_20204727.jpg
右を見ても 左を見ても 白一色でしたね。









普段 家庭の庭では見られないものにも出会いました。
コウライテンナンショウ=高麗天南星 と言います。
ちょつと不気味ですね。マムシ草などと呼ばれているらしいです。
f0020352_20224929.jpg


それから これは ホウチャクソウ=宝鐸草 宝鐸は「大きな風鈴」のこととか・・
f0020352_2025625.jpg


札幌の方には余り珍しくはないのでしょうが、この日記を 福岡のIさん にご覧頂いていますので敢てくどくど記録しています。
Iさんには 少しでも札幌の様子 を楽しんでいただければ幸いです。

ところで過日「ボケのこと」に触れました。その新聞記事に次のようなことが書かれました。

「21世紀型の散歩」と題して
同じ散歩でもただ速足で歩くだけでなく、頭を使った「21世紀型の散歩」をおすすめしたい。散歩がボケ防止によいのは、脳に血流がよく流れるからで、その上更に頭を使えば一層脳を鍛えることになる。平たく言えば五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を刺激することで脳が活性化され、ボケ予防になる。
例えば、道端に花が咲いていたら写真に撮って、その花の名前を後で図鑑で調べるとか、俳句を作ってみるとか、スケッチをするとかするのもいい。途中でおいしい臭いに釣られたら寄り道してお店のヒトと会話を楽しむのもよい・・・

と書かれていました。

私の散歩も結構ボケ防止に役立っているとのこと・・・・大いに結構!

そうそう 忘れていました
春 真っ先に 顔を出した フキノトウ は いま こんな様子です。
f0020352_2133469.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-06-02 21:03 | 宮丘公園 | Comments(0)