ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

カテゴリ:宮丘公園( 14 )

というのが 例の 熊が出る(出ることがある)公園 です。
私の散歩コースの一つになっていまして、およそ33haの広さがあるとか・・・
数多くの鳥がさえずり、野草や樹木が生い茂った自然豊かな公園です。
休日はもちろん、朝夕は犬の散歩をかねてウオーキングする人々にお会いします。

この公園は「西野市民の森」の一翼をになっておりまして、およそ2キロの散策道路が整備されています。 
市民の森の入口(というか 終着点 というか)が、我が 宮丘公園 なのです。

がしかし、この散策路にも"熊が出ることがある"ので私は未だ一度も足を踏み入れたことはありません。
公園に入る度に この2キロの道の入口の側を通るのですが・・・
「市民の森ではヒグマに注意しましょう」という大きな看板が設置されています・・
でも "熊の発見者に" なぁ~んてことになりたくありませんので・・・

熊の心配さえなければ、この散策路は新緑の季節の今は快適なはずなのですが・・・
臆病者の私は、公園の中をおとなしく野草などを観察しながらの散策を楽しんでおります。


家内にアクシデントがあって暫く散歩もままならなかったのですが、少し落ち着きましたので寄って見ました。

いつのまにか 「ヒトリシズカ」 が成長していました。
f0020352_2035688.jpg

f0020352_204920.jpg


また、「マイズルソウ」 は こんな具合で 間もなく開花かなぁ といった状態でした。
こり写真では "鶴の舞" とはいきませんが・・・
f0020352_205496.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-05-19 20:19 | 宮丘公園 | Comments(0)
まだ幼いのだろうか、いまひとつ元気に欠けるウグイスのさえずりを聞きながらの晴天の公園散策は至福のひと時・・。

ここ数日の高温に後押しされて、春の花は急速にその芽を葉を成長させたようです。

フキノトウやフクジュソウと先を争うように芽を出すのがこの エンレイソウ です。
日本の各所で見られるごく馴染みの深い花です。

写真のように、始めは下向きに咲いていますが、徐々に横向きになっていきます。
丸みを帯びた菱形の3枚の葉にちょこんと小さな花が乗っています。
色は緑色から小豆色まであります。
茎の高さは20~40センチといわれていますが、この公園の今の様子は比較的小ぶりで15センチ程度です。

名の由来は、薬草としての効用に注目され中国で「延齢草根」という名の胃腸薬として重宝されたことからこの名がついたと聞いています。

緑や黒紫色の球形の実をつけます。

f0020352_19243450.jpg

f0020352_19235342.jpg

f0020352_19241998.jpg

f0020352_1937199.jpg


今日 珍しいな光景にぶつかりました・・
本当っ 嘘でしょう ・・・
下の写真は何かお分かりになりますよね。
この時期このような蝉の抜け殻を見ることは殆どなかったことです。
でも現実にあったのですが・・。
昨年のが残ったったのか?・・・・・
北海道の厳しい雪と風に耐えて木にしがみ付いていられるとはとても考えられません
・・紙のように軽いのですから

では 今年の?
なのでしょうね!
でも早い!蝉の声などジンとも聞こえませんが・・・
f0020352_19294819.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-05-07 19:41 | 宮丘公園 | Comments(0)
f0020352_18492045.jpg


雨が落ちてくるかも?と気にしながらいつもの 熊が出る公園 へ散歩にでました。
殆ど人に会いません。すれ違ったのは2人のみ・・

この花は  鶴が羽を広げて舞う姿 に似ていることから 「舞鶴草」 と呼ばれていて、我が庭(市が管理してくれていますが・・・)には、小さな群落を作って生育しています。

今年は まだ 落葉を押しのけて やっと若葉が顔を出したばかりといった様子です。
これから 白い花を咲かせ  秋には 赤い実 をつけます。

忘れなければ(?) 鶴の舞 の様子 や 真っ赤な実 の写真を おみせします。
・・・古い写真はありますが、やはり今年の新鮮なもののほうがいいでしょうから・・

足首の調子がよろしくないので 早足で歩くことはできません。
でも カメラを手に ゆっくりと周りを観察しながらの 散歩も捨てたものではありません。
[PR]
by m-morio | 2006-05-05 19:11 | 宮丘公園 | Comments(0)
近所の公園の ふきのとう が満開です。 
余所見をして歩いていると踏んづけてしまいそうです。

この ふきのとう は 図鑑で引いてもでていません。
アキタブキ(秋田蕗)の花のことを一般的にこう呼んでいます。

この黄色の花は春待ち遠しい北海道では真っ先に顔を出し、春近しと教えてくれる 春告花 (こんな言葉はありませんが)です。

雪の中からむっくりと顔をだすもの
枯葉を押しのけて太陽を求めるもの
石ころの重圧にもめげずに咲き誇るもの

と様々な表情をみせてくれます。

咲き始めがかわいらしいく、あまり背丈が伸びたものは みっともない・・とわたしは感じているのですが

春遅い札幌でもそろそろ 見頃のふきのとうは終わりに近づいています。

きょうの天気は曇り 気温12度くらい 今夜は雨らしい・・・
f0020352_11415866.jpg
f0020352_11421447.jpg
f0020352_1142287.jpg
f0020352_11424248.jpg
f0020352_11425312.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-04-30 11:50 | 宮丘公園 | Comments(0)