ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ご存知、山内(伊右衛門)一豊・千代を描いたNHK大河ドラマが始まった。
そのテレビは観ていない。
f0020352_944846.jpgが、「功名が辻」を読んでいる。文庫本4冊で、未だ2冊目に入ったばかりではあるがここまでの雑感を・・・・・

この種の歴史小説の題材には往々にして諸説があって、どの説を取るかによってその内容が変わってくる。したがって、司馬遼太郎の作品で書かれていることが史実として全てが正しいのかというと必ずしもそうでない。
”内助の功”誉れ高い妻・千代の出生や名前すら謎に包まれているとさえ言われている。
因みに、なぜこの夫婦愛の逸話が有名になったのか。
戦中・戦後の小学校の国語教科書に載ったからである。その話の内容については省略するが・・・

伊右衛門(一豊)は、身分ある家に生まれながら、早くに父親を失い貧しい生活を余儀なくされた。馬廻役で知行50石は少ない。
粗末な鎧兜をつけ、剥げた槍をかかえ、足の短い馬に乗り"ひどい身なりの侍”と囁かれ「ぼろぼろ伊右衛門」と嘲笑されていた。
丸顔、色白、貴人の面影あり、体型はずんぐりとして太り気味で、その性格は温和かつ謙虚で、家臣への思いやりも深かった。酒は少ししか飲めず、口数も少なかったが、戦場にでると一変し大声を発し勇猛であった。

一方、千代は大層な美人で、利口さを「無邪気」で推し包んでいた。千代も早くに父を失ったが、尼となった母とともに母の姉の嫁ぎ先に世話になり、何不自由ない暮らしをしていた。
婚礼に際し、叔父は「先方は大層貧乏だぞ。辛抱できるかどうか」と心配したが、母親は 「貧乏のほうが末に楽しみがあるというもの」 と伊右衛門の人物だけを見込んでこの縁談を受けたのである。
嫁ぐ際に"金子(きんす)"を持たせたのがこの叔父なのだ・・・

さて、この千代という女性をどう見るか?
駿馬を買うという場面では正に賢婦人の面目躍如たるものがあるのだが、読み進むにつれ妙に鼻に付く言動が多い。
これでもか・・・といった按配に次から次へとでてくる。
一言で言うと「旦那をいい様に手玉に取っている」とさえ感じてしまうのは意地悪だろうか。
とにかく"伊右衛門教育癖"があるのだ。そ知らぬ顔をして周囲のものから情報を集め、それを基に亭主にそれとなくヒントを与え(ストレートには言わない)、本人を誘導してその気にさせるといった按配である。

駿馬の挿話にしても、

<伊右衛門が黄金十枚で馬を買ったといううわさは、城下に広くひろまり、”伊右衛門とはそれほどの男なのか”・・・人々は感嘆するが、駿馬を手に入れたことに驚いたのではなく「黄金十枚」に衝撃を受けたのである。それも「内儀が持っていたらしい」と言い伝わり、うわさは一層感動的なものになる。
千代は ”伊右衛門どのはよい妻女をもたれている” との「うわさ」を黄金十枚で買ったことになる。 馬はいずれ死ぬがうわさは死なないのである。>

と書かれているほど「強かさ」を秘めた女性だったようである。

と、いうところまで読み進んできた。
テレビの話の進み具合はわからない。
先走っては申し訳ないのでここで筆をおくが、皆さんは この"一豊の妻"をどのように受けとめられるであろうか?
[PR]
by m-morio | 2006-01-27 09:19 | | Comments(2)
携帯電話!f0020352_1944555.jpg
 ”一応”持っているのだが、あまり使うチャンスがないので”一応”だ。
機種も古く、バッテリーも長持ちしない。
普段は電源を切っているので着信といことは起こらない。

携帯するのは外出するときに限られる。
車で出かけることが多い・・・
特に、冬以外は、遠出する機会が多いので必ず持参する。

年をとってきて用心深くなっている・・・

急に気分が悪くなったら・・・
車が山の中で故障したら・・・
とか考えてしまう。
公衆電話が徐々に街角から消えていることもある・・・。

だから、私は安心のため持っているのだ。  ある種の保険なのだ。
幸いにも、これまでは緊急事態ということになっていない。

勿論、メールなども契約していない。
当方から掛ける機能を活用させて貰っているだけだ。
ある人に言わせると”意味ないジャン”ということにもなるが、わたし的にはこれで十分なのである。
ましてや携帯料金も格安で済むんだから・・・

ところが、今日、"機種変更"なることをした。
ほぼ5年前に懸賞であたったものを持っていた(使っていた とは 言いにくいのです)のだが、バッテリーが直ぐ上がり、通話中に使用不能となって女房どのに叱られるという失態が続いたためである。

この初体験の「機種変更」・・・
機械本体の価格はauの契約期間に応じて安くなっている
ポイントが貯まっていますよ・・ということで2100円割引
ただし、充電用のアダプター945円です
また、機種変更手数料2100円は別途請求します・・・・
等 足し算・引き算で頭が混乱することになった。

こんどは写真も撮れるというが、説明書を改めて読んでみるとどうやら画像をケーブルを使ってPCに移動ということはできないらしい(ここまで事前調査していなかった)。
家人がいうには、SDカードでてきるかもね・・
などと言い出した。
今晩は、説明書を抱いて寝ることになるようだ・・・夢にみるかも!
[PR]
by m-morio | 2006-01-25 20:00 | 日々雑感 | Comments(2)
K書房 あの 「中学生はこれを読め」 のお店である。f0020352_20461380.jpg
今日も外は雪であったが出かけた。

改めて書棚を眺めていて あれっ あの本だ!

今年初の教室で、自称活字中毒というAさんが"これ読んでみませんか"といって渡してくれた本がある。
著者 あさの あつこ とあった。女優の?いやぁいやぁ~全く関係ないとのこと。

積読(つんどく)しているのが結構あるので優先順位は随分あとだなぁ~
内容は全くわからないまま、お返しするのが何時になるかわからない旨お断りしながらご好意に甘え持ち帰って  "積読"

・・・その本がこの「中学生・・・」のコーナーにずらりと並んでいるではないか!
えっ そんなに "イイ本" なの 帯に児童書らしいことが書かれている
ちょっと興味が沸いたので優先順位を少し上げなければ・・・

Aさんはこのブログを覗いてくれているらしいのだがタダ見を決め込んでいる。
新年会で会ったとき曰く 「あのAlbert Einsteinですっかり引いてしまった」 なとどとおっしゃるので、名誉挽回のためコメントし易いような話題を振ってみました。  Aさんよろしく!

今日の収穫は、これも小中学生向けのもの。この著者の本は私にとって大層難しい・・・・
よって、この先生のご意見を噛み砕いて書いてありそうなこの本
        "バカなおとなにならない脳"  養老孟司 著

そうそう、前回、「売れない文庫」でまだまだ現役じゃなかろうかというものもあるのに、との疑問を持ち、今度聞いてみようと書きました。
聞いてみました!
要は、出版社の売り上げが下位のものを「売れない・・・」と称しているとのことでありました。

このK書房の地下が古本&Cafeなので、一休みしていこうと思ったら何と今年から月曜日はお休みとのこと・・・退散f0020352_20425855.jpg
[PR]
by m-morio | 2006-01-23 20:59 | | Comments(0)
メールで「人生を豊かにする言葉」というのを配信して貰っている。
ただし、全てを読んでいるわけではない。
なぜか?超有名人のお言葉が多いからだ。ヘレンケラー、エジソン・・・。
あまりに教訓臭が強くてさっと流してしまう。
その中でなかなか頭から離れない言葉があるのでご披露しよう。

パンを2つ買うお金があったら、
パンを買うのは1つだけにして、
残りのお金で花を買う。。。。
そういう生き方をしなさい


誰の言葉かなと思いながら読み進んでみると
"私の母"です・・・とのこと。 

なんと心豊かな人だろう!
そんな母親に育てられた人だからこそタイトルのような"言葉"を発信できるのだろうなぁ~
[PR]
by m-morio | 2006-01-21 11:18 | 日々雑感 | Comments(5)
じいじ の にっき を みてくれている みなさん !!
f0020352_11274215.jpgはじめまして 

ぼく まご の 
 たから です。  みんなは ”たっくん” とよびます。

ぼくね いま 4さい で おしょうがつ までは にしのみやし に すんでいたんだけれど 
おひっこし して きょうと にすんでいるの。

ひろい おうち だよ まちや っていうんだって・・・
かくれるところが たくさんあるんで 
じいじとばあば が あそびにきたら かくれんぼ しようとおもうんだ・・・
おへやが たくさんあるので 
じいじ と なかよくしてくれている おじさん や おねえさん を とめてあげられるかも 
おかあさん に きいておくね。

にしのみや で ほいくえん に かよっていたよ。
じいじ が にっき に つかっている ”はじめのいっぽ” は ここのなまえなんだ。
こんど きょうと では ようちえん にいくの
すごく たのしみにしているんだ。

それからね、ぼく たくさんの ゆき を みたことないの。
だから こんど さっぽろ の ゆきまつり をみにいくことになったの。
じいじが まっしろなゆきがたくさんあって すごくさむいよ っていっていたげと 
ぼく がんばるよ。

しゃしん は きょねん の 5 がつ に びばい で うつしたんだよ。
せなかしか うつっていなくて ごめんなさい。
ちょっと はずかしいんだ。
こんどもうすこし おかお が わかるようなのを じいじ にさがしてもらうね。


あぁ あのね ぼく 3さい のときに ひらかな や すうじ を よめるようになったんだけど 
まだ じょうずに かけないの 
だから じいじ に でんわ でおはなし して にっき にしてもらうね。

じぁ~ またね~。
[PR]
by m-morio | 2006-01-20 11:37 | たっくん | Comments(0)

今日は、歯医者へ
3ヶ月ごと通っている。
ほぼ1年前に”治療”は一段落しているので、
優しい衛生士のお嬢さんに

”は~い お口あけてくださ~い”    ”あ~ん”
”あ~良くお手入れされてますねぇ”
”歯周ポケットの数値は格段に良くなっていますよ!”
”この歯のところをもう少しシッカリ磨きましょう、多少血がでても心配いりませんよ・・・”
                        ”プガプガ”・・・
と「お口の清掃」をしてもらっている。

若いときに治療を中断し、放ったらかしにしたつけが、今きている。正に「後悔先に立たず」だ。

隣に新患の人が座った。数値を計っている。う~ん 確かに私の数値がイイ・・・気分良くしてお口をあけている。

当時の治療には家内も同じ時期に通いだした(歯医者は別)。
お互いに選択肢がいろいろあった。費用のこともあって迷った。
最終的には私のほうは”歯の移植”を選択したが、家内は”インプラント”だという。
なぜ入れ歯ではダメなの~とカンカンガクガク。
家内がのたまう
「女は長生きなのです。おとうさんよりは確実に長生きするのです(確かに、私よりはるかに元気)。
インプラントで歯の手当てをしっかりやって”老老介護”に備えるのです」という。
う~ん・・・これはマユツバもの。腹の内はわからない。ベロリと舌を出しているに違いない。なかなかのタヌキだから・・・。

ところで私のほうだが、移植のための検査を開始。
だが調べが進むうちにどうも私の身体は普通でないことがわかってきた。
持病で飲んでいる薬の影響か、キズの治りが通常の方よりかなり遅いのだ
(ついでに言うと、アルコールが全くダメになってしまった。身体が受けつけなくなった。もう随分前からだから今では慣れたが、晩酌の楽しみを家内に奪われた)。

ということは手術(切開)した後のキズのふさがりに時間がかかり、この間にばい菌などが入り込む可能性がかなり高く危険だとの結論になってしまった。
内科の主治医とも相談したが”賛成できません”とのご意見。当然インプラントもダメ。結果として部分入れ歯になってしまった。
家内のインプラント二本で50万円、私、6千円・・・
トホホ

ところで皆さん、自分の歯は何本ありますか?
80歳で20本確保が謳われていますね。
私は26本・・・
遅まきながら歯を大事にしていますが80歳まであと十余年
さあ~て どうなりますことやら
・・・それまで元気でいればの話ですが  

フガフガ
[PR]
by m-morio | 2006-01-19 15:06 | 日々雑感 | Comments(0)
NIKONから電話が来た。ドキドキ・・・                                   点検させていただきました。
まず、レンズですが三脚座の取替えは可能ですが、衝撃を受けていますので詳細な検査が必要と思われます。
東京まで送りますので10日ほど時間をいただきたい。
なお、費用は最大限2万円程度を考えておいて欲しいとのこと。
了解し作業を進めていただくことにした。

それからボディのほうですが、(このあたりから心臓は急激にドックンドックンと大きな音を立て始めた)
結論から申し上げますと、残念ながら修理不能なので・・とのお言葉  ガーン! 
本体がだいぶゆがんでいて・・・・いろいろ説明してくれているが殆ど聞いていない、いや聞いていたのだが半分も覚えていない。
当方のショックを感じ取られたのか、ついでにお話しますが、もしこのボディを当方で引き取らせていただき、新たな商品をお買い求めいただけるなら35%引きでOKという方法もございますのでご検討ください と 

電話を置いた後、冷静に考えればほぼ想定内のことではあった。
あの破損状態から素人でもヤバイッとの思いはあった。
でも改めて宣告されるとやはりショックだ。

昨晩の教室で先生にお会いした際”心配ですね 直りそう?”とお言葉を頂いた。
周囲の方々にも どおー? と声を掛けられ、メールを頂いたりしている。
ご心配頂きありがとうございます。
上記の通りご報告させていただきます。

さあぁー今後のことを考えねばならない。
予備のボディはあるが機能的に劣る
F4に愛着もある(中古で6~7万で手に入る)
この機会に新たな機種をと心が動く
手持ちのデジカメは気温0度以下では厳しい
デジカメの手ごろな機種が出ている・・・

といろいろ選択肢がある上に
「NIKONがフイルムから一部を除き撤退」が報道されて
更に頭の中は混乱している。
もう少し時間をかけて考えよう。
先生にもアドバイスをいただきながら・・・・

13日金曜日のことでした。
[PR]
by m-morio | 2006-01-14 10:46 | 写真 | Comments(6)
季刊「通□生□」の春号が届いた。
その冒頭に"心に沁みた年賀状"というのが載っていて著名人が受取った賀状が披露されいた。
興味深く拝見したのだが、さて我が家の場合は如何かと振り返る時、直ぐに頭に浮かぶ二通の賀状がある。

一通は小学校の4~6年の担任だった恩師からのもので、スタイルは何時も同じ。
赤で"賀正"の印刷の下に必ず手書きの添え書きがある。
御年86歳だがご壮健で毎年嬉しい一言を添えていただくので楽しみにしている。
ただし、なかなか読みにくい。字が小さいうえにお世辞にも達筆とは申し難いのだ(先生、ごめんなさい!)。
米寿にはクラス会(といっても10人程度だが)でお祝いをする予定になっていて今からわくわくしている。

もう一通は、元職場の上司からの賀状である。
この方とは2年程ご一緒させていただき、できの悪い部下を叱咤激励していただいたことを懐かしく想い出す。
専門誌に依頼されて原稿を書いておられたので、殊更文章に厳しいかった。いや、厳しいというより拘りをもっていらっしゃった。
仕事柄、商業文は「伝えたいことを正確にかつ読みやすく」とご教示いただいたように思う。

賀状のスタイルは毎年変わらない。
時世を憂い、教養を高めることに努め、菜園での収穫を悦び、奥様との睦まじい日々の様子を簡潔明瞭に伝えてくれる一枚である。

更に、この賀状を見て以前から気付いていることがある。
文章に句読点がないのだ。正に古文そのままである。
(うろ覚えで申し訳ないが)文章は本来かくあるべきものという。句読点をいれて文章をぶつ切りにするのは、知識に乏しいもの、文字をよく知らないもの向けに書く場合限られるといわれたそうである。
従って、みだりに句読点を入れるのは、見方を変えると相手を見下していることになる・・・と教わったように思う。
この意味では、"句読点"と"頻繁な改行"をあたかも読み手に対して親切であるかのごとく錯覚しながらブログに拙文をしたためている身としては、読んでいただいている諸氏を見下しているのかも知れない。誠に申し訳ない次第である。

先輩は、相変わらず向学心に燃え、第二の職場をご退職後は大学で古典の勉強に余念がないとのこと。自堕落な日々を過ごしているわが身を恥じ入るばかりである。
一昨年、小生の写真が某コンテストで優秀賞をいただいた際には、わざわざ東京・新宿まで足を運んでご覧いただいた。その際ご本人の写真もお送りいただき久々の(写真での)邂逅となった。泊り込みで・・・とのお誘いまで受けていながらなかなか実現できないことが心残りでもある。僭越ながらますますのご発展をお祈りいたします。

f0020352_10231261.jpg先輩!賀状の公開を快くお許し頂きありがとうございます。
進歩向上のない元部下をご容赦ください。
[PR]
by m-morio | 2006-01-13 10:31 | 日々雑感 | Comments(2)
やってしまったんですよ 

えっ!
あ~やりましたね ちょっと重症かもね~

えー (-_-;)

まあ~まず預かって調べてみましょう 
少し時間をください

急がないですからしっかり点検して見積りを・・・       

昨秋、カメラを三脚ごと倒してボデイとレンズを破損してしまった。
あのF4Sと300mmF4を・・・
以来、あまりのショックと追いかけてくるであろう経済的な負担に恐れをなしてソット仕舞いこんで気持ちを落ち着けていたが、いつまでも放置できないので昨日NIKONに持ち込んだときの会話です。

さぁ~て直るのだろうか
レンズは素人目には大丈夫そうだが・・・問題はホディだ。 
ファンダー部分の中身がモロに顔をだしている。
ちょっと危ないかも!

フィルムを出して裏フタを空けてみながら
(担当の方は)ボディが歪んでしまうとなかなか難しい場合があるのでね~

さて、修理不能あるいは相当な費用が掛かるならば諦めねばならないかも・・・。
多少の金額で直るなら良いが、
そうでなければ・・・
選択肢はいくつかある。

F4にこだわるならば中古で入手の道がある・・・
銀塩を続けるなら別機種を選ぶか・・・
キッパリとデジカメに切り替えるか・・・・・・

あぁ~悩ましい

こんな状態だから、年末年始は全く写真を撮らずに過ごしてしまった。
今日も、雪は降ったり止んだり・・・
そろそろデジカメを担いで出かけようかな!
[PR]
by m-morio | 2006-01-11 12:33 | 写真 | Comments(6)
一寸法師のことを書いたら、身内から「原文を翻訳せよ」との指示がきた。
う~ん だいたいの感じがつかめるでしょう! それでいいと思うよ と 
応えたが納得しない。
それで・・・原文に添えられていた現代語訳をそのまま転記しておきます。

それほど古くない頃、津の国(大阪のあたり)の難波の里に、立派なおじいさんとおばあさんが住んでいました。おばあさんは40歳になっても子供が居ないことを悲しんで、住吉の住吉大明神(神社)に子供を授けてくれるよう祈ったところ、大明神はおばあさんを哀れとお思いになり、おばあさんは41歳になって、子供が出来ました。ただ事ではないながら、おじいさんは大変喜びました。やがて10ヶ月たち、おばあさんは可愛い男の子をもうけたのです。

クイズから発展しておとぎ話のことに触れたところ不思議なことに、また一寸法師に出会った。
ある方の随筆の中にでてきたのだ。
昭和10年頃の尋常小学校の国語の教科書には次のような書き方をしていたとのこと・・・

オジイサン ト オバアサン ガ アリマシタ
子ドモ ガ ナイ ノデ
「ドウゾ 子ドモ ヲ 一人 オサヅケ下サイ」
ト 神サマ ニ オネガヒ シマシタ。
・・・・・・

私の入学時も"尋常小学校"だった。
当時の教科書の記憶などあろうはずもないが・・・
[PR]
by m-morio | 2006-01-10 10:18 | | Comments(1)