ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

寒いですねぇ~
暖かくならんですね~
今朝 ベランダから眺めると 木々が真っ白に 変わっていました。f0020352_19363747.jpg
一時は 春は 早いぞ と 随分 気を持たせられましたが 来週の予報も 曇りがち で 雪のマークも見られますね。



きょうの プール で・・・
水中歩行のコースは ひだり端 にあり、隣は 遊泳 更に向こうは 完泳のコースとなっている。
歩き始めると 隣のコースを 音もなく 水澄ましのように泳ぐ女性がいた・・
そのうち 件の女性が コースの端にず~と立っているのに気づいた。
あれっ と 思いながらも もくもくと歩く。 何回か往復するうちに やはりへんだ!
よ~く見ると ・・ なんと 立ち泳ぎ をしているのだ! 延々と・・
結局 ほぼ 50分間 立ち泳ぎを続けたことになる。

年度末で水泳教室もなく閑散としていて
採暖室でたまたま二人になったので声をかけてみた。
水泳の指導員とお見受けしたのだが、違うとおっしゃる。でも、私の聞き方が悪かったようでここのプールではなく、別の場所で教えていた経験がありそうであった。
今の水泳教室では、上級でもこの立ち泳ぎは教えていないとのこと。
泳ぎ方には 二通りの方法 があるんですが・・・
久しぶりにトライしたので、水から上がったらふらついてしまいました・・・

との笑顔が素敵でした。



明日は 4月1日 本来ならば 雨竜町 まで出かけなければならない。
雨竜町の道の駅に、「雨龍沼自然館」として熊五郎先生の公設ギャラリーがopenする日なのだ。
だが 行けない。
ちょっとした 変更で 全てが狂ってしまった。
セレモニーの時間が午前から午後に変更になったのだ。まあ、これだけなら何とかなったのだが、悪い事に翌日の午前中に用事が入ってしまった。
いかんせん札幌からは遠い。
距離・夜間のドライブ・体力などを考えると・・・家内は無理するな・・・と
已む無くセレモニーは欠席となってしまった。
でも 来週中には訪れねば・・
[PR]
by m-morio | 2006-03-31 19:45 | 携帯日記 | Comments(0)
を ご存知ですか! 
テレビで流れ、夕刊にも載っていましたから勿論ご承知ですね。

f0020352_19523321.jpg

今朝8時に小樽第3埠頭に接岸しました ので 
野次馬・・の気持ちで飛んで行きました。

遠くから町並みを取り込んだ写真でもと思いながらノコノコと出かけたんですが、高台はことごとく残雪で近寄れず、手宮公園は格好な場所なのですが、いかんせん木が邪魔をしてダメでした。
結局は港まで降りての撮影となってしまいましたので平凡なものばかり・・・

全景を写真に納めるため
障害物がない対岸へ車を走らせデジカメに20mmをつけてやっと・・写真の通りギリギリでした。
f0020352_19331456.jpg


とにかくデカイ!5万tとか この船はこれまでの「飛鳥」の後継船として新造されたものと思って近づいてみて むっ?・・何に これ新品でないなぁ・・・・
あまり近づかないで遠くから眺めるのがいいようです(後で調べてみると改造したものとのこと)。

2泊3日のデビュークルーズを3月に済ませ、今回初の日本一周クルーズの途中小樽に寄港したんですね。
真っ白な船体は本当に 大きく 美しく 圧倒されました。
この感覚は側に立たなければ体感できないもの・・・すごい!
全長241mで旧飛鳥193mに比べおよそ50mも長い。
残念ながら内部の見学は事前に選ばれた100名のみとか・・。

今回のクルーズは
3月20日横浜を出発、神戸、瀬戸内海、長崎、(日本海をクルージング)、伏木、小樽、(津軽海峡を経て太平洋をクルージング)、横浜に帰港というルートで9泊10日
全食事つきで441千円~1800千円 ふ~っ!

世界一周も予定されている・・
因みに102日間 340万円~1800万円 で 4月早々に出発です。 

f0020352_1934040.jpg

飛鳥Ⅱは午後5時横浜へ向けて離岸しました。
[PR]
by m-morio | 2006-03-27 19:56 | 日々雑感 | Comments(2)
朝からの雨も その力を弱め 強まってきた日差しは心地よいが 風は襟首から容赦なく攻め込んでくる。f0020352_18533028.jpg
公園の雪も随分その贅肉を落としはしたが 梅や桜の木々はまだ蕾を固く閉じて眠りから覚める気配はない。






散歩の途中 古書店を覗く・・20%offの表示に釣られて
久しぶりなので店内をうろうろ     ・・・・特価コーナーがある
ずっ~と目を移していくと 記憶にある本が次々と・・・
しかも 直木賞や乱歩賞を受賞した作品の 単行本

f0020352_18525829.jpgこんな値段でいいのっ!
まだ綺麗だよ!
                         105円

更に レジで 2割引 
                          84円 (^^♪
[PR]
by m-morio | 2006-03-26 18:58 | 携帯日記 | Comments(2)
一寸法師の話題をかいたことがあります(1月8日、10日)。テレビのクイズがキッカケでした。
昨晩のテレビにまた出てきました。一寸法師の問題が・・・
みのもんた の あの番組です。
解答者は 俳優の 津川雅彦 でした。
この問題は、最後の問で 1000万円が懸かっていましたね。

問題:

法師が家を出た理由は何か?

①両親に嫌われた
②仕事を探しに
③嫁を探しに
④大きくなるため
(順序・表現に違いがあるかもしれませんが・・)

生意気ですが、私は 即座に 選択できました。
前回 少しお勉強しましたから・・・

仕官をしたり、嫁をもらったり は 身体が大きくなったことによって付いてきた結果ですよね。
確かに、小さいことへの劣等感のようなものは持っていたのかも知れませんが、都にでれば大きくなれる・・という思いはなかったと・・・勝手に想像していますが

キッカケ は おじいさんとおばあさんが、大きくならないことをこぼしていたのを聞いてしまったことでした(嫌われた という表現にはちょっと ? ですが)。

クイズ は楽しい です。
最近は 殆ど 不正解や答えがでてこない 状態です。
ならば・・・こんどは 問題をつくってみようか な~んて
[PR]
by m-morio | 2006-03-24 09:41 | | Comments(2)
退院後2週間 (手術後3週間) 妹が 小樽から 足を運んできた。
蓄膿症と鼻のポリープ除去の手術だったが、持病を持つ身体でもあり事前の検査等は慎重に行われた。

この間医師との間にはいろいろなやりとりもあり、時には憤慨することもあった(以前に触れたとおり)が、兎も角も経過は良好に推移している。

鼻の通りがよくなり呼吸が楽になった
嗅覚がだいぶ戻ってきた
聴覚も良くなった(自分でも意外だったらしいが、医者に言わせれば 繋がっているからねぇ ということらしい)
味覚のほうも若干だが好転しているとのこと

                ”手術してよかったぁ” 

との言葉に 万感の気持ちがこもっていた。
[PR]
by m-morio | 2006-03-23 13:06 | 日々雑感 | Comments(0)
f0020352_1244592.jpg前から一度眼前で見てみよう・・・と思いながらタイミングをつかめないまま日時が過ぎていた。
今回 やっと そのチャンス を 得た。
野生ではないので その気になれば 簡単に見ることができるのだが。。
このシロフクロウは、親が子育てを放棄してしまったがために、人手で育てられている幼鳥である。
オスはほぼ全身が真っ白になるとのことだが、あと3年くらいかかるらしい。
もともと白夜の地方に育つらしく 明るい時間帯に 活動する。
脚にも長い羽毛が生え、雪の上でも目立たない白い体色は極寒の気候に適応しているとか。

その様・・・・・・羽音を消した滑るような飛翔はなかなか魅力的
ただ 幼鳥 のせいか(?) 地面すれすれの低空飛行だ!

よって こんなピンボケ写真になってしまいました。
昨年の札幌の動物で訓練したにもかかわらず 空中の鳥は 私の手に余ります・・・。
f0020352_12455885.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-03-23 12:52 | 日々雑感 | Comments(0)
熱闘 4時間 王Japan 世界を制す !

やりましたね~
感動しました!
テレビの前で 万歳!

試合は予想通り緊迫したものでした
初回、相手投手陣の乱れに乗じて得点を重ね試合を有利に進めることが出来たのが一つのポイントだったでしょうね。
5回の追加点も心強かった
1点差に追いつかれたが、一度もリードを許すことがない
9回の4点は正にキューバを絶望の淵に追い詰めるものでした

素晴らしい試合だった

選手全員が頑張った

キューバも強かった

そして 王監督の采配も 冴えた!

監督とは同年代
あの厳しい眼光も、ユニフォームを脱いだときは誠に穏やかですね。

私の側に 一つのサインボールがあります。
東京勤務時代に、ジャイアンツの関係者の方から頂いたものです・・・30年ほど前のこと
そのボールもすっかり色あせてしまいましたが
いま この瞬間 改めて眺めてみると 変色したボールが また輝きを取り戻したように見えてなりません

おめでとう 王監督 !
f0020352_15384060.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-03-21 15:50 | Comments(4)

WBC

間もなくWBCの決勝戦(対キューバ戦)が始まろうとしている。

当初、それほどの興味もなく あ~やるんだぁ なんて傍観していた。
韓国に敗れてベスト4への進出も絶望的となった・・・・ところがアメリカがずっこけてしまった。

結果、日本にその権利が転がり込んできたではないか。決勝トーナメントの・・・

ご都合主義なわたし! 俄然 嬉しくなった!

しかもその初戦が2回対戦して勝てない韓国戦・・・

いや~な感じでテレビ観戦。
6回まで0が並ぶ攻防。7回福留の代打2ランで一気に攻め込む!
結果は"圧勝"! 

溜飲を下げることができ かつ 決勝進出となった。

WBCの開催については若干の疑問もないわけではない・・・
・組み合わせ決定方法
・順位決定方法
・審判員の問題

また、米メジャーに所属する選手で参加しない(できない)選手への苦言も聞かれる・・・

いろいろ言い分もあるだろうが

  決勝戦は目前だ!!!

とにかく 良い試合がみたい !

頑張れ!王Japanf0020352_10285377.jpg
[PR]
by m-morio | 2006-03-21 10:32 | 日々雑感 | Comments(0)
推理小説において謎解きの主役といえば、一般的なのはデカ長さんだが。。。
その役は時には「弁護士」や「探偵」だったり・・・する。
森村誠一の「棟居刑事」、西村京太郎の「十津川警部」は平凡、内田康夫ならあの居候のボンボン「浅見光彦」であり、ディック・フランシスなら「調査員シッド」。

ところが今回おもしろい設定に出会った。

アリバイ工作する側は”論理的思考”で工作を組み立てる数学教師
警察側はそのアリバイを崩せない
ほぼ完璧な工作・・・
工作の裏側の解明に煩悶する物理学者

大学が同期で、互いに天才と呼ぶ高校の数学教師と物理学者(大学の助教授)とが持てる能力をフル回転させての攻防を繰り広げる。

ところが

これはアリバイ崩しの問題ではなく 偽装工作 ではないのか・・・
謎は深まるばかり    
警察の捜査はある人物にとっては不可解なことばかり

これも数学者の仕掛けによるものなのだ・・・・

結末は悲しい!
人間がこれほど他人を愛することができるとは・・・
絶望と混乱の入り混じった悲鳴は聞く者すべての心を揺さぶる  

         帯に  「運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。」

         直木賞受賞 東野圭吾 「容疑者Xの献身

です。
[PR]
by m-morio | 2006-03-18 11:51 | | Comments(0)
どこで・・・・・

なにを・・・・・

いま ヒマラヤに挑戦している 友 のことです

13日に日本を発ち いま は?

現地は気候的にも厳しいらしい

文化の違いにも悩まされるらしい

高山病対策のため 数日間 ただ ぶらぶら している といこともあるらしい


とにかく 所期の目的 を 達し

無事 帰国 されることを祈っている

写真: 
前回掲載した写真を、私が撮ったものと誤解された方がいらっしゃったので付記します。
これも インターネット上から 無断借用 したものです。

携帯で・一眼レフで・デジタルで・フィルムで・・・
といろいろ使い分けているうちにゴチャゴチャしてしまいました。
紛らわしいのには注釈をつけることにしますね。

f0020352_13303630.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-03-17 13:37 | 日々雑感 | Comments(2)