ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

う~ん まいったなぁ 重たかった。。。 

痴漢容疑の青年に、
当番弁護士すら 「否認しても勝ち目はないし、時間がかかるから認めたほうがいいんじゃない」といった態度。
警察にいたっては 「罰金を払えばすぐに釈放されるが、否認すれば10日間の拘留だぞ。たとえ、裁判になっても勝てる保証はない。」と恫喝。

やっていないものは認めるわけにはいかない青年の戦いは過酷を極める。
まず、弁護士探し。検察や警察という国家と戦うことになる裁判の弁護=刑事事件の弁護はなり手が少ないという。
裁判官の言動すら結果ありきのようでサラリーマンの印象はぬぐえない。
数ヶ月の拘留後、200万円の保釈金で仮釈放され12回にわたる公判の末、3ヶ月(3年の執行猶予)の判決、裁判費用は被告の負担。。。
「それでも ボクは やってない」(周防 正行監督)
 f0020352_9274942.jpg
映画の中の表現によると、日本の刑事裁判においては99.9%が「有罪」になるという。
「有罪」ありき・・の裁判という印象だ。有罪を前提とした裁判があるとしたらなんという恐ろしさ。。。
裁判官、検察の保身も見え隠れし、裁判の本質はどこかに霞んでしまっている。
実話では、二審で逆転判決で無罪となったようですが。。。

250%の乗車率の通勤電車で身動きもできないなか、15歳の女の子の曖昧な発言が”冤罪”を作り出していく恐ろしさをまざまざとみせられました。
痴漢という物証の乏しい事件で、反証をあげなければならない難しさは、無実の人間を簡単に罪人にしてしまう。
真実を主張するのがこんなに困難なことだったとは。。。
これが今日本という国で行われている裁判の一端なのだろうか。

個人的には、元職場で一時期裁判所通いをし傍聴席に座った経験があるので多少の雰囲気はわかるが、それはあくまでも「民事」事件の話。様相は全く違う。

2年後には「裁判員制度」なるものがスタートする。ごく一般の人々が裁判員となって「刑事事件」を裁くことになるという。
裁判は、犯罪を犯した人を裁く場とは限らない。無実の人を罪人にしてしまうこともある・・・ということを肝に銘じなければならない。
人が人を裁くということは並たいていのことではない。
裁判員制度では、70歳以上の人は辞退することができそうなので自分が裁判員となって人を裁くということの可能性は極めて低いが、この一見平和と言われる日本という国に住まいながらも、せめて冤罪にまきこまれないよう緊張の日々を送らねばならない、ということのようである。
[PR]
by m-morio | 2007-01-30 09:35 | 日々雑感 | Comments(0)
月初のこと。。。
年末から8日まで市内で開催されていました「写真展」に最終日に足を運びました。
閉場1時間前に飛び込んだのが間違いでした。
普通の写真展ならば1時間もあれば十分に鑑賞できるのですが、違いました。
写真の点数は勿論その内容に圧倒されゆっくり回っているうちに時間が。。。

後ろ髪ひかれる思いで会場を後にしました・・・写真集を買って。

その写真集を、昨日、f0020352_11554929.jpg日がな一日眺めていました。

カリブー が 川を 渡っている写真に 
”浅き川も深く渡れ”
 
とあります。
この言葉は、彼が 小学校の卒業文集に寄せた言葉なのだそうです。
NHKの特集番組で、会場で、そして今 活字で・・・

未だ理解できていません。。。

人は生きているかぎり、夢に向って進んでいく。
夢は完成することなはない。
しかし、たとえこころざし半ばにして倒れても、
もしそのときまで全力をつくして走りきったならば、
その人の一生は完結しうるのではないだろうか。
会場でも眼にして記憶に残っていた一節でした。

自らのことを表現した言葉なのでは!

カムチャツカ半島でヒグマ撮影中の事故で亡くなった 星野道夫さん。。。
[PR]
by m-morio | 2007-01-29 12:00 | 写真 | Comments(0)
このサイトにリンクさせて頂いている「北海道発・建築と格闘中!」 の管理人 (株)北工房の社長さんが新しいBlogを開かれました。

リクルート社運営の「Smatch」という住宅Blog専門のポータルサイトに
「住まいの達人」としてBlogを掲載しています。

アクセス数、稼がないと、、いつ削除されるか、、、首がヤバイ・・・(TmT

な~んて 冗談を言っておられますが 興味深いですよ。

先日の北見でのガス漏れなどにも触れられています。

是非 ご覧ください。
建築士の眼で見た世界を解りやすく解説されています。

「幸せになるための家づくり from 北海道」
[PR]
by m-morio | 2007-01-24 11:28 | 日々雑感 | Comments(0)
1月も間もなく終わろうとしています。
この時期(お年玉の抽選も終わりましたので)恒例になっている年賀状の整理をし、書き損じや余ったハガキを切手などに交換しています。
整理といっても住所が変わっていないか・・・程度のことですが。

ここ数年、少し気になっていることを。。。

私たちの写真展は、大体11月下旬から12月にかけて行われています。
従って、ご来場頂いた方々へのお礼は年賀状で・・・ということになります。
観ていただいたのか?はご署名を遺していただいたり、メールを下さったりで判明することになるのですが、年賀状に”観たよ!”と知らせていただいた場合には、追ってお礼状を出すことになります。

賀状には、「足を運べず残念だった」とか、毎年「日を間違えちゃった」というのが必ずあります。
・・行けなかったことへの言い訳ではないと思っていますが。。

それまでは二部開催だったため、どちらかにしか出品しない私の場合にはこんな間違いも起こるかも・・・とは思うのですが、昨年は2週間通しての一部開催(案内にも付記したのですが)だったのに・・・と思わずにはいられません。

こんな年賀状を見ながら毎年、必ずある添え書きに 「写真展のご案内ありがとうございます」 とだけ書かれてくる賀状が複数枚あります。
さあ~て これをどう読み取ったらよろしいものか。。。
”観て楽しみましたよ!”ということを言外に込められているものなのでしょうか? 
どうも私としては、”観られずに残念”という風に受けとめているのですが 如何なものでしょうか。

最近は、賀状のやり取りのみのお付き合いになってしまった方が多く、お会いする機会もないまま過ごしているため確かめようがない・・というのが現状なのですが。。。

そして、これらの年賀状の始末はどうしたらいいのだろう!!!  
といつも悩みます。 ある時期に、遺しておきたいと思う賀状をピックアップし、残りを裁断して処分させていただいているのでが、何か後ろめたさも感じます。
いま手元には、4年分があるんですが。。。
[PR]
by m-morio | 2007-01-24 11:13 | 日々雑感 | Comments(0)
中国の新聞記事から拾ってみました。。。

昨年の12月に、
「日本語能力試験」が実施されました。
この試験は、日本語を母国語としない人が対象で、海外では国際交流基金(国内では、日本国際教育支援協会)が年1回実施しているものです。

昨年は世界で53万人が受験しました。
中国では、若者の日本語ブームを背景に受験者が年々増加しているのだそうです。
その数、前年比46%増の21万人に達し、過去最高だったとか。

急速な経済発展に伴い、日系企業の進出が増加している中国では、日本語ができる人材の需要が高まっていることを反映しています。
若者の就職難も続いていて「日本語ができると就職に有利」として、日本語学習がブームとなっているのです。
因みに、韓国では9.4万人、米国が2.8千人で中国の多さが際立っていました。

もう一つ。
上海の高校生に「国籍を選べるなら どこ?」との質問に「日本」との答が15%だったとか。
1位は米国で36.9%。
上海では2005年に大規模な反日デモが起きましたが、日本の企業への就職希望や日本アニメなどを学ぶ若者も多いのだそうです。
[PR]
by m-morio | 2007-01-23 10:38 | 中国のこと | Comments(0)
たっくん は 一人っ子です。私たちの大事な可愛い孫です。学校は来年です。
じじ馬鹿と言われるのを承知で言いますと、なかなか賢い男の子です。

おとうさん、お母さんは勿論の事、双方のじいじ、ばあば、おばさん、おじさんなどからシャワーのように愛情を一手に受けています。
正月の電話で、おとうさん達はたっくんのことを少し心配しているような気配を感じました。
クリスマスです、お正月です、更にはお誕生日ですと身内以外からもいろいろとプレゼントなどを頂くようで、これがたっくんに必ずしも良い影響を与えるとは限らないのでは・・・・・
と気遣っているような雰囲気でした。いずれ何か言ってくるだろうなぁと思っています。

More
[PR]
by m-morio | 2007-01-21 20:07 | たっくん | Comments(0)
大相撲初場所も間もなく千秋楽ですね。
例によって、大関陣の不甲斐無さもあってあの横綱が優勝をさらいそうなムードで少し興ざめの感は否めなません。
そんな気持ちでテレビを観ているので、時々画面の前で、本来の体と体のぶつかり合いとは無関係な、アップで映し出された力士の表情に顔をしかめています。
今時のTVのカメラの性能の良さとカメラワークのせいでしょうか、受像機の良さもあるのでしょう、土俵上の力士の表情が細部まで見て取れます。

そして思うんですよ・・・
あの睨みつけるような目つきは何なのだろう、何を見据えているのだろう、いやいやあれは闘志の表れであって睨んでいるのではないのだ・・・など考えてしまいます。
でも、あまり感じの良いものではありません。第一全ての力士がそんな眼をするわけでもないのだから。。。。
TV局側も敢て映すこともなかろうに・・と思うこともあります。
昨日は、そんな場面になりかけると、カメラがスーッと流れたのを観ました。少しは意識しているのだろうか? カメラマンorデイレクターも。。

そんな折に手にした本にこんな件がありました、、、、、、

肉体の力が、そのまま直接に、その生活と人生に響いてくる力士の姿には、本能的に見物の眼と心が吸いつけられ、勝負を争う力士達の相撲の取り方を見ただけで、敏感に、その力士の人柄まで見透してしまうのだ。それだけにまた、力士の人柄と日常生活というものが、その体と顔と相撲ぶりに、ハッキリと現れるので(恐ろしい職業だな)と、しみじみ、島一は思うことがある。

「島一」とは 元大関"三根山"のことです。 私たちの年代の方でなければ記憶にもない力士の名前でしょうが・・・今、現役の力士の姿にダブらせますと「岩木山」の雰囲気かも知れませんね。
この文章を書いているのがあの 池波正太郎 [「武士(おとこ)の紋章」」 なんです。昭和32年頃のことですが。。。

あの睨みつけるような目配りは果たして"闘志"の表れなのでしょうか。。
[PR]
by m-morio | 2007-01-19 10:28 | 日々雑感 | Comments(0)
「年賀の便りもそろそろこのあたりでおしまいとさせていただきたい。長年ありがとうございました」
という年賀状を受取りました・・・
という読者の投稿を毎日新聞で読みました。 
84歳のご夫人で、亡き夫の友人からの賀状だとか。。。ご夫人は、送り人の体調を案じておられました。

なるほどなぁ・・

このような心境になるのは 何時ごろになるのだろうか・・・などと考えてしまいました。

全く 話は飛びますが・・・
昨晩、たっくんのお母さんから電話をもらいました。
最近 ブログの更新がなかったので 心配になって・・・とのこと
(電話の直前に前回の書きこみを読んだのですが・・・と言いながら)

私たちの体調を気遣ってのこと。

なんと嬉しいことでしょう。

頼まれ仕事に取り掛かっていましたので1週間も空けてしまいました。
これから1年以上は続くのですが・・。

ブログでつまらないことを書きなぐっていても、こんな風に元気のバロメーターとして見てくれている人もいることを肝に銘じなければ・・・

ありがとう たっくんのお母さん!

・・・たっくん は 何かに集中して遊んでいるらしく "お母さん 電話しといてっ!" と言っていたようです。
[PR]
by m-morio | 2007-01-17 10:21 | 日々雑感 | Comments(0)
また一週間振りですね。
この間 訪れてくださいました方々に "ゴメンナサイ"  です。
マンション修繕のお仕事のお手伝いをしておりましてそちらの方に専念しておりました。
氷点下の毎日ですが 元気に過ごしております。

ところで 昨日 お年玉つき年賀ハガキ の当選番号が発表されました。
くじ運に見放されている私には「当たるはずもない」とは思いながらも50万本に1本の確率という1等の番号と照らし合わせている自分が少し可笑しいです。

結果は3等の切手シートが4枚・・当選でした。
100本に2本の確率なのだそうですから頂いた枚数から推してマズマズの結果として喜ばねばならないのでしょうね。

この当選した一枚の年賀ハガキを見て亡き友を思い出しています。
昨年「友 逝く」で触れたS君に宛てて書いた賀状が訃報に接し手元に保管してあったハガキです。

水彩展を訪れたことへの礼状を、窓越しに入る冬の日差しの中で見るにつけ彼の穏やかな心根を思い出しています。

私にとっては 彼の 遺作となった 絵手紙(礼状) です
f0020352_10405095.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-01-15 10:45 | 日々雑感 | Comments(0)
たっくんが京都に住むようになって1年です。
西宮からの引越しなのでズーッと関西暮らしです。
保育園も変わりました。比較的こじんまりとした家庭的なところから大人数のところへと・・・。
最初は戸惑ったのでしょうが順応性があるので直ぐみんなに溶け込んだようです。

遠足に行ったこと、
プールで遊んだこと、
運動会のこと、
クリスマスのこと、
そして 大晦日には除夜の鐘を突いたこと(お寺が運営する保育園なので・・)
などを 折々聞かせてくれました。

地の利を生かしておとうさん、お母さんと休みのたびに観光している様子です。
なかなか写真を送ってこないので話だけですが。。。

昨日、遅い年賀状が届きました。    30日の夜 投函したと言っていたらしいですが・・・
昨年は引越しに紛れて出さなかったため親類からどうしたの?元気なの?などと私たちのところに問い合わせが来た始末。。。
なかなか凝った・にやりとさせる賀状を作ってくるので楽しみにしてくれている人がいるのです。
本人達は気がついていないのでしょうが。。

たっくんが生まれてからはその内容が少し変わりました。
題材が”たっくん”中心になったのは良しとするのですが「作品」(?)に凝るあまり、賀状の体をなしていないのです。
新年・・、謹賀・・などという文字は見当たらない。。。
特に今年は2年ぶりのせいかまるで「転居のお知らせ」という感じ。。。官製の年賀ハガキなのだが・・

町家でのたっくんの写真 に こう添え書きがしてありました 

             たからはん、京都人にならはる 

とだけ・・・    (念のためですが、 たから は たっくん のことです)

ねっ 引越しの挨拶状でしょう ふっふっふ(笑)

今年は何時頃出かけようか!! 秋に!と思っているのですが。。。 ばあば と 意見があわないっ。。
[PR]
by m-morio | 2007-01-07 10:29 | たっくん | Comments(0)