ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

プロ野球もそろそろシーズンが終わる。セ・パとも首位争いが激烈で目が離せない。
そして 野球が終わると、マラソンや駅伝のシーズンになる。特にマラソンは北京五輪への出場者を選考するレースも予定されている。 

そこで気になるのが中国・北京の様子。

北京五輪の開幕は、2008.8.8(午後8時8分だったかなぁ)。あと一年をを切った。
中国は開幕まで、競技施設の建設や運営手法の確認など開催国としての準備だけでなく、環境汚染の克服や食品の安全確保、市民マナー向上に至るまで、国際社会に「責任ある大国」の姿を示すため、多くの社会矛盾に挑みながら五輪成功を目指している。
 胡錦濤国家主席は昨年十月、五輪施設建設現場で「中華民族が百年待ち望んだ五輪だ。民族の復興のため必ず成功させよう」と国民に檄を飛ばした。

日本では、JOCが、中国産食品の安全性や北京の大気汚染など懸念される問題について、現地で環境、食事、水などを総合的に調査し、日本選手団に悪影響を与えないよう対策をたてるための行動を起こした。
 
調査した結果

「汚染は明らかで無視できない。しっかりした対策が必要」

「この時期の北京が、暑くて空気が悪いのはよく分かった。競技直前まで日本で調整すべきか、早く現地入りして慣れるのがいいのか対策を考えたい」


「大気汚染は慣れることは不可能。10分程度外にいただけでも目や鼻、のどに影響が出るケースもある」

などと指摘している。

ところが

大気汚染改善「十分じゃない」 と北京五輪組織委が言い出した。(朝日新聞 Webサイト)

 
北京五輪組織委員会が26日の記者会見で、大気汚染問題について、従来の強気の姿勢から一転、「取り組みは十分と言えるレベルに遠く及ばない」と認めた。
 組織委は01年から昨年までの環境報告書を公表。
「先進国と比較的大きな隔たりがある。空気中の汚染物質も多い」 と話した。
 国際オリンピック委員会は、大気汚染が改善されない場合、マラソンなどの延期も示唆している。組織委がここまで率直に認めるのは珍しく、余副部長は「空気は1年ごとによくなっている」とのいつものフレーズも力がなかった。


”マラソンなどの延期も示唆” ですよ。。。IOCが。
今、選考レースに向けて必死に調整を続けている選手はこの報道をどのような思いで聞いているだろうか。
[PR]
by m-morio | 2007-09-27 10:40 | 日々雑感 | Comments(0)
ごめんなさい。昨日のエレベーターの「非常用ボタン」が低い位置にあるものには無いとかいてしまいました。

きちんとありました。早とちりしました。 訂正し お詫びします。
[PR]
by m-morio | 2007-09-25 14:29 | ひとりごと | Comments(0)
家内が入院している病院で気になったこと。。。
例によって、小うるさいこと=どうでもいいこと です。

◆ エレベーター
先ほど、外泊した家内を病院へ送り届けてきた。部屋は3階なのだから歩いていけばいいものを、横着を決め込んでエレベーターを使った。
整形外科の病院だから、車椅子で移動している患者さんが多い。 これらの患者さんは頻繁にエレベーターを利用する。

室内を見回すと、行き先を指示するボタンも高・低にあり特段の問題はない。
でも、「非常時の外部との連絡ボタン」は私が立っていてほぼ眼前に位置している。
車椅子の人の中には、立ち上がる程度のことはできる人は居るかもしれない。
・・・が両足骨折という方もいる。
このままでいいんだろうか。 お役所の指導はどうなっているのだろう。
・・・と思ってしまった。
  これはどうでもいいことなのだろうか?
*訂正します。 早とちりしました。 低いところにあるボタンの横にも「非常用」がありました。
ごめんなさい!! 07.09.25

私のマンションにもエレベーターがあり毎日利用している。
でも、車椅子生活を余儀なくされたら、今のエレベーターの構造では一人で乗り降りできないかも知れない。
関節痛を抱えているのでエレベーターがあるところ・・・・と思って越してきたが、年寄りの目で見直してみると、使い勝手は必ずしもよろしくない。
当時の仕組みでは購入時にエレベーターのボタンの位置など確認のしようもない また そこまで気が回らなかった。

◆ 掲示
病院はどこにいっても「手作りのお知らせ」などがところ狭しと張られている。
この病院の一枚の掲示に違和感を覚えて何回も読み直してみた。
「最近、盗難事件が続発的に発生しています・・・・・」
という注意書き。

ちょっと待ってくださいよ!!
この病院はそんなに物騒なの? もう少し表現工夫したら如何でしょうかね。
それに「続発的に発生」という言い回しも気になるのですが。。。

何を言いたいのか分かっていただけますよね。

暇ネタでした。。。
[PR]
by m-morio | 2007-09-24 12:09 | ひとりごと | Comments(0)
f0020352_1922389.jpg
昨年の5月、家内が転倒し手首を骨折するという重症を負いました。
入院、手術、リハビリとおよそ6ヶ月間の戦いでした。

そのとき判明したことが「骨密度がかなり低い」とのこと。 
医者の言葉によると ”紙のように薄い骨” とショッキングなお言葉。
家内はせめて”ガラスのような”とでも言ってくれるなら・・・・とお冠だったようです。

それでも1年4ヶ月経ってみると骨はしっかりと再生されたようです。

でも課題を抱えたいました。 固定する金具が入ったままになっていて○○歳なら抜いておいたほうがいいでしょう。
ということになり1週間の予定で入院中なのです。19日に手術をし、昨日からリハビリも始まっています。
怪我したときとは大違いで、精神的にも落ち着いているから我々もずいぶんと気が楽です。
傷口の消毒などがあるので三連休の「外泊」がどうなりますか?

写真はその金具です。6㎝あります。こんな大きなものが”紙のような”骨に釘で固定されていたとは・・・
術後の写真を見せてもらいました。 骨はしっかりとついていたのはもちろんですが、この金具を止めていた釘の穴が骨にくっきりと残っているのです。 この穴がふさがるのに半年はかかるのだそう。。。

Drからは、何回も 「転ばないようにしなさい」 「運動をしなさい」 と言われ続けています。
これから雪の季節を迎えるので、かなりのプレッシャーになっている様子。

他人事ではないのです。かく言う私自身が関節の病に取り付かれ、同じように「転ばないように」「骨折や捻挫は絶対ダメ」と言われている身ですから。

退院したら、体育館通いでもしましょうか。
[PR]
by m-morio | 2007-09-21 19:49 | 日々雑感 | Comments(0)
「思慮深い子」と書きました。 昨日のブログで。

通常、この年頃の子供を評して使う言葉としては 「利発」 でしょうね。
・・・・外野席から 褒め過ぎじゃないの との声がかかるかもしれない。
いやかかってもいいんです。 
馬鹿なじいじはひたすらそう信じているので誰がなんと言おうと意に介さないんです。

おっと脱線・・・

「思慮深い」というのは、広辞苑によると「物事を注意深く考え、慎重に判断するさま」とありました。

そ~らご覧なさい。 正にその通りではありませんか。

何回か書いたように思いますが、このブログの文章は練りに練って書いているものではありません。PCに向かって思いつくままに書きなぐっています。
したがって、表現には適正を欠くこともあります。支離滅裂なこともあるでしょう。

昨日のこの言い回しも、後になって良かったのだろうか・・・とベッドの中で思い巡らしていました。 先ほど辞書を引いてみて表現としては正解であっても、6歳の子供に対して使うことが正しかったのかどうかは分かりません。

”じじ ばか”を自認している 私はそれで良しとしています。
[PR]
by m-morio | 2007-09-20 19:34 | たっくん | Comments(0)
私が自転車に乗れるようになったのは小学校5年の頃だったと思う。昭和25年のこと。

今時の子供たちに比べるとずいぶん遅い。
当時は物のないころで、家族7人が食べるだけで精一杯の時期だから我が家に自転車などあろうはずもない。
近所にお金持ちのお坊ちゃまがいて遊び仲間だった。その子が自転車を乗り回していた。
皆の羨望の的だった。取り巻く我々は時々借用しているうちに次々と乗れるようになっていったように思う。
乗れないことで左程引け目を感じたことはないように思うのだが、やはり子供なりに悔しいという気持ちがあっただろう。

今、ならどうだろう。 乗れないことが妙ないじめに・・ということにならないのだろうか。
・・・・などと一枚の写真を前に思ったことである。

「彼」は、未だ自転車に乗れない。補助輪を外したのだが練習の時間も少ないらしく思うように行かないらしい。

そこでお節介なじいじが 「入学までに乗れるようになろうよ。その時は“ごほうび”を・・・“ とメールを送った。
おとうさん、おかあさんがストレートに「彼」に伝えるかどうかなぁ・・と思いながらも。

昨晩、「彼」から電話あり。
いろいろお話をし、話題も途切れたのでおかあさんに変わってもらった。
この話をしたら、やはり本人には話していないという。

「彼」はこのようなことをとても嫌うようだ。
先を見通すというのか、「彼」の思考回路は、できなかったときのことまで先を読んでしまうらしい。
「密かに努力して、結果が出たら“やったー”と報告」したいようだ。

だから、安直に口にした“ごほうび”で釣るようなことはとても嫌うのだ。・・・・・じいじ 猛反省!!

・・・お母さんから見た「彼を」いろいろ話してくれているだが、それらをここに十分に表現できないのがもどかしい。。。
最近、新しいことを始めたらしい。でも、まだ内緒らしくて教えてくれない。
ふふふっ・・と明るく笑っている。

「神経質」とは違うものを感ずる。

なかなか繊細で、思慮深い子。

ますますの成長を楽しみにしている。 

孫の たっくん のことである。
[PR]
by m-morio | 2007-09-19 13:07 | たっくん | Comments(0)
といっても、雨と梨は何の関係もありません。

今日は朝から絶え間なく雨が降っている。
北海道は 今 初秋を向かえていますが 気温は乱高下しています。
昨日は27度を越えたと思うと、雨の今日は最高22度と予想されているが、とてもとてもそんなに上がらないでしょう。18度程度ではないでしょうか。

だから部屋に居ても薄ら寒い感じがします。

大雪山系の 赤岳 ではウラジオナナカマドの葉が赤く色づいてきていて、20日頃が見ごろとのことです。

梨をいただきました。
一箱です。小粒のパートレットです。 自作の梨です。送ってくれた方のメモに”黄色くなったら食べてね”とありました。
さて何日くらいで食べごろになるのだろうか・・・

              
携帯の写真では あまり美味しそうではないかなぁ~
f0020352_14431250.jpg

[PR]
by m-morio | 2007-09-15 14:48 | 携帯日記 | Comments(0)
おやおやっ
首相が辞任を表明してしまった。 昨日一行だけ触れたばかり。。。
どこかの国に行って、インド洋の○×支援を継続しますと大見得を切ってきて、更に所信表明演説をした直後の辞任とは・・・・・わかりませんね。

引き際が大切なのは 政治家ばかりではありませんが。。。

まぁ そんなことは(いや、大事なことではありますが)横においておいて、昨日の続きを。

「まえがき」でつまづいた本を横目で見ながら、”積読”で埃をかぶっていたのを手に取りました。
今年の「乱歩賞受賞作」です。

この賞の対象は毎年1,2作(殆どが1作ですが・・・)例年8月ころに発売になる。
新人の登竜門とも言われる賞なので、開くとまず「受賞の言葉」が作者の写真入りで載っている。
多くの作家は「嬉しい・やっと念願がかなった・応援してくれた人に感謝・選者にお礼言いたい・・・」などと書くことが多いのだが、今回の作者の文は少々変わっていた。ここに転記してみます。

大学時代、「ありきたりな人生は嫌だな」と考えた。やりたいことは思いつかなかったので、とりあえず身を持ち崩して退路わ絶つことにした。じつは安定志向が強いため、いったん就職してしまえば定年まで勤めてしまうだろうと思ったからだ。
大学を中退したときは、「これで道をはずれた」とホッとした。
それでも念のために、仕事は傾きかけたサウナの店員を選んだ。案の定、店は潰れ、次に働いたのは地下の薄暗い漫画喫茶だった。「いい感じだ」と思ったのも束の間、時流に乗って支店が増えていった。
給料と役職が上昇し始めたことに危機感を抱き、辞表を出した。
(中略)
公園でアンパンと水だけの食事をしながら、「順調に人生の階段を下っているな」と感慨に耽っているとき、ふと気がついた。
いつのまにか、身を持ち崩すことが人生の目的と化している。
一念発起して図書館に通い、長編二作目で幸運にもデビューすることができた。
今後はありきたりな人生ではなく、ありきたりな価値観に抗う、作家をめざしたい。


曾根 圭介 著  「沈底魚」
f0020352_22135579.jpgちなみに 昨年の長編も 一次審査をパスしているのだとか。。。
[PR]
by m-morio | 2007-09-12 22:05 | | Comments(0)
10日 臨時国会が召集され 安倍首相の所信表明演説があった。
今回の特色のひとつは「カタカナ」文字が極端に少なくなったのだとか・・・。
確かに 前回は 多すぎて 悪評タラタラだつた記憶がある。

道新にその「全文」が載っている。 紙面から目を遠ざけてさーっとみても やはり 少ない・・・カタカナが。

そんなことを思いながらこんな本の「まえがき」を読んでいてちょっと引いてしまった。

多民族国家 中国 (岩波新書 王 柯著)
f0020352_20214526.jpg

中華文化の「多民族的」性格について
「自らマイノリティーを選ぶのは、多民族国家である中国におけるエスタブリッシュメントが、かならずしもマジョリティーである漢族とは限らないからである。」


「まえがき」でつまづいてしまった。 こんな調子でカタカナ文字に付き合わねばならないのか・・・と思うとうんざりしてしまい、今横において呼吸を整えてから改めて・・・ということにしている。
[PR]
by m-morio | 2007-09-11 20:25 | | Comments(0)
今日は、孫の たっくん の6回目の誕生日です。

彼を最初に抱き上げたのは、生後1ヶ月ほど後だったろうか。
その軽さと、何ともいえない温もりは、今でも手にその感触が残っています。

6歳になった 彼 は 今 元気一杯 です。
生まれたときは心配しました。 100人に一人位の確率で罹るといわれている病を持っていたから。。。

おとうさんがお休みの昨日、お祝いをしたのだそうだ。
あちこちに電話をしたようで・・・

多分

「誕生日 おめでとう」
「いくつになったのかなっ」
「プレゼント もらったの」
「保育園は楽しいかい」
「まだ、京都は暑いんでしょう」

・・・・それぞれの人たちから 同じような問いかけをされているのでしょう。

少し 嫌になった 雰囲気が電話口を通して感じられます。

「おかあさん と かわろうか」  とか 「もう、お話しするの 飽きたなぁ」

とかいわれてしまった。

離れで暮らしているので、年に1,2回会えれば良いほうです。
だから、彼に合わせられる適当な話題が出てこない。

「電 王」とか「○○レンジャー」とかの話のほうが喜ぶのだろうが・・・こちらがついていけません。

だんだん ごまかしがきかなくなってきました。

なかなか生意気なことを言いますからね。

先日、「お泊り保育」というのがあって泊り込みでいろいろな体験をしたらしいですが、
電話で、「お泊りは一つだったの二つだったの」 と聞くと 「二泊三日やぁ」 との返事が返ってきた。 こんな調子でやりこめられていますよ。

来年は 学校 です。 また心身ともに一段と成長することでしょう。

じいじ は その姿を想像しては 一人 ニヤニヤしています。
[PR]
by m-morio | 2007-09-10 21:19 | たっくん | Comments(0)