ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「倒」「毒」 「末」 「金」「戦」 「帰」 「虎」「災」「愛」 「命」
最近10年の「今年の漢字」です。
どれをとっても、心からいい年だったなぁ・・と思い起こすような漢字が見当たりません。
「愛」にしても、愛・地球博が開催された、愛ちゃんブームに沸いたのですが、愛の欠如も問われた年でもありました。

ご承知のように、今年は「偽」でした。f0020352_1120485.jpg


とにかく不二家に始まり、北海道での肉屋、菓子メーカーで次々と偽装が発覚、その後は雨後の竹の子のごとく出るは出るは、食品に関わる乱脈ぶりは目を覆うばかり。
食品に限らず・・ではありますが 呆れた1年でした。
営業を再開したところ、未だその見通しも立たないところ・・・。 表面化したのは氷山の一角なのでしょうか。

まあ、いろいろ書かれていますので、私がここでとやかく言うこともないのですが、その手口はいろいろでした。
主なものは賞味期限の改ざん、原料の使いまわしなどなどですが、一番ドキッとした身近なことを・・・。

あの菓子メーカーは我が家から歩いて15分程度のところにあります。 
"あの商品"は、道外に行く際のお土産に買い求める程度のことです。普段、その商品を口にすることはまずありません。口にしたのは何時のことか思い出すことさえ出来ません。
ですから、どの程度美味しいのか私には分かりません。

その会社があの商品以外にも各種のものを販売していました。この問題が発覚したとき、日付の問題のほかに恐ろしいことが報道されました。

アイスクリームから大腸菌が検出されたというものです。この問題は主力商品の陰に隠れて沙汰闇のようになってしまった(今後製造しないことになった)のですが・・・。

実体験として、多少賞味期限が過ぎたからといってそれが直ぐ健康に悪影響を及ぼすものでもないでしょう。しかし、「大腸菌」となると事は別と思うのですが・・。
孫が遊びに来たときに、連れて行ってアイスクリームを食べさせたような気もするのです。

我が家の冷蔵庫には時々期限経過の食品が鎮座している。
例えば、納豆。皆が納豆好きなのでそれを切らすことがない。朝はパン食だから食べるのは昼か夜になる。麺類などが続くとあっという間に期限が過ぎてしまう。でも、直ぐ捨てたりしない。最近の納豆は3パック位を1まとめにして売っていて、その賞味期限は1パックごとには表示されていない。
従って、帯や箱を捨ててしまうとその期限は分からなくなる。しかたがないから、帯を捨てる際は、パックの表面にマジックで手書きすることになってしまう。(あの菓子メーカーも一包みごとに表示するよう改めましたね)納豆の賞味期限が2~3日過ぎたからといってその品質が急激に落ちるとも思えない。
熱々のごはんで食べる納豆は美味しいです。

賞味期限にあまりにも神経質になりすぎてはいないだろうか。
だからといって「偽」を許すということではありませんが。

来る年が よき年 であることを祈って 最後の 書き込みとします。

今年1年間 拙いblob をご覧いただきありがとうございました。来年は、体調を整えて "写真" に取り組みたい と願っています。


なお、

我が家は 喪中につき 年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます。
[PR]
by m-morio | 2007-12-31 11:40 | 日々雑感 | Comments(0)
と 今年の残り少ない日々 を数えている。

毎年の事ながら やり残したことを あれこれと頭の中で並べてみても 今更間に合いそうにない。
だから ほぼあきらめて 翌年に繰り越すことにする。

それにしても いろいろあるものだ。

その一つに、 「分からないことは 調べて 理解しておこう」 というのがある。
これが毎日 新聞を読むたびに積み重なっていくから始末が悪い。
最近の新聞は 大層親切にはなっている。
「用語解説」であったり「特集」で解説してくれたり、中には「もっと知っりたい」などというのもある。

しかし、読む片端から 忘れていくのだから  困ったものだ。
だから 関心事はスクラップしてPCに取り込むことを日課にしている。

そんなことを考えながら立ち寄った 書店の店頭に こんな見出しが目に付いた。
「いまの日本」・・・よくわからないまま社会人している人へ・・・経済・社会・世界などについての簡単な解説がされている。
ただ、その項目数が15と少ない。中には 更に疑問がわいてくる問題もある。
やはり、自分で調べなさい! ということなのだろう。
f0020352_15205618.jpg
[PR]
by m-morio | 2007-12-28 15:34 | 日々雑感 | Comments(0)
人様のために、何かをする、力を貸す、援助するということは人生の中でその大小の差はあれたまには起こる。
ところが、その結果について相手から何の反応も無かったり、曲解されたり、感謝すらされないとしたらその行為も空しい。

◆小さな新聞記事を目にした。        「最後の円借款署名」
要点は
1 最後の対中円借款となる今年度供与分(463億円)の署名を行った。
2 資金の使い道は環境関連の案件
3 中国側は、「中国の改革・開放政策支持の象徴となってきた。経済発展や貿易拡大、日中友好に積極的役割を果たしてきたことを高く評価する」と述べた。
4 円借款は1979年度に始まり、累計額は3兆円を超える。
などというものだ。

More
[PR]
by m-morio | 2007-12-24 11:11 | 中国のこと | Comments(0)
今年も あと1週間。
年内の用事はほぼ終わりました。 
体育館のプールは整備やら年末・年始で17日以降元日までお休みです。
トレーニングルームを使ってみましたが、あの 水の中に浸っている心地よさ のほうがはるかにいいですね。

日々からだをもてあましています。  本を読むのにも飽きました。

ということで・・・
午前中は 恒例の”ガラス拭き” 
居間のほうはベランダに出れば楽々で鼻歌交じりでスイスイと終わります。
今日の最高気温は4度ですから比較的暖かい。  腕まくりしていても大丈夫。。。

しかし、寝室などはそうはいかない。
なにせマンションの4階ですから。
窓の外側は身を乗り出しての作業です。何度か内側から透かして見るが手の届かない箇所に少し汚れが残っている。

でも、”まぁ いいかっ” 無理することもない。落っこちたらたいへんだもの。

仕事を離れて いや 年をとって 覚えたこと ”ほどほど で よしとすること” です。
f0020352_14402920.jpg
[PR]
by m-morio | 2007-12-23 14:48 | 日々雑感 | Comments(0)

彼が5歳のときに描いた絵が彼の住む町家の一室に張られている。f0020352_18264615.jpg
一目見て う~ん といって暫し言葉がでなかったのを想いだす。
私にはまったく絵心がないが、なんといっても画用紙一杯を使ったその構図が気に入った。
描かれた電車の色使いもいい。彼の伸びやか(「伸びらか」かなぁ)な性格が浮き出ている。
保育園で描いたもので「絵画作品展」に堂々と展示された作品だ。

そろそろクリスマスが近づいてきた。 
彼はわくわくしてその日が来るのを待っていることだろう。

もともと大げさなプレゼントは私の性分に合わない。

彼を驚かせてやろうと、手配した品が届いた。
金額にしたら僅少なものだが、今の彼はきっと喜んでくれるだろう。

・・・・・この絵をパソコンの待ち受け画面に貼り付け 日々眺めながら 孫の顔を思い浮かべ 一人 ほくそ笑んでいる・・・・・
[PR]
by m-morio | 2007-12-13 18:30 | たっくん | Comments(0)
昨夜、福岡の I さん からお電話をいただいた。
季節のご挨拶のなかで”札幌は雪が少なくて”・・・一層根雪になってくれたほうが寒さが和らぐような気がするんですよ・・・などとお話した。

報道によると
道内各地が大雪に見舞われる中、札幌市内では9日現在、今冬の累積降雪量は11センチと平年を50センチも下回っていて、過去十年間でも2番目の少なさなのだそうです。
11月以降、西風の吹くことが多く、近くの手稲山(1000メートルほど)が雪雲をブロックしているのが原因らしいです。

ところがこの西寄りの風に乗った雪雲は空知方面へ流れ、岩見沢市では9日現在で、平年より50センチほど多い176センチの累積降雪量を記録している。
岩見沢方面の方はうらめしく思われているかも知れませんね。

10日の札幌市内では4センチの降雪がありましたが、午後五時現在で積雪はゼロ。
根雪の初日は平年で3日、昨年は11月29日だった。
今年はいつになるか予想がつかないらしい。

降雪が少ないため、市内のスキー場は今月上旬の営業開始を延期。雪不足のため、オープンの見通しが立っていない。 我が家から毎晩眺めていたさっぽろばんけいスキー場の夜間スキーの照明も未だ見られません。

気象台によると、今週いっぱいは降雪がないらしい。
「帳尻を合わせるようにドカ雪の降る日もあるので、ひと冬の降雪量は平年並みとなるのでしょう」
f0020352_9235690.jpg
[PR]
by m-morio | 2007-12-12 09:27 | 日々雑感 | Comments(0)
を機会にもう一度“チベット”を振り返ってみます。
1949年、中国の人民解放軍はチベットに侵攻して全国土を占領し始め、1959年に勃発したラサ蜂起が鎮圧されるに至り、ついにはダライ・ラマ14世がインドへ逃れ、続いて約8万人のチベット人(族)が亡命し、インド、ネパール、ブータンに定住しました。

チベット人の総人口は600万人。209万人はチベット自治区に住んでいます。
その他はチベット自治区以外のチベット人地区です。また、世界各国にも分散し日本には60人ともいわれます。(2002年)

難民の流入は今も続いています。
現在、難民の数は、亡命中に生まれた者を含めて合計13万人以上です。

自らの生命を賭けてチベット人は、老いも若きも、中国支配のチベットから毎年2,000人以上が脱出し続けているといわれています。
何千キロにも及ぶヒマラヤ山脈の壁を越えてなんとか中国を脱出できた人たちは、チベット亡命政府の難民収容センターに保護されるのです。 f0020352_19383642.jpg
写真は 「ネパール国境付近のヒマラヤ越えの難民」→
ご参照: チベット 悲惨

この度日本を訪れたダライ・ラマ14世は新聞社との会見で、現在の中国チベット自治区や周辺のチベット人居住地区の情勢について「ここ数年で最も緊迫している」と述べています。

「ダライ・ラマの帰還を求めるチベット人住民」や「ダライ・ラマの米議会名誉黄金賞受賞を祝うチベット仏教の僧侶らの活動」に対し、中国当局が武装警察部隊を出動させ、多数の住民、僧侶を投獄するなどの弾圧を強めていることを明らかにしています。

More
[PR]
by m-morio | 2007-12-05 19:56 | 中国のこと | Comments(2)
再会でした。

過ぎし日に職場を共にした仲間が一堂に会しました。

折に触れ集まっては旧交を暖めてきてはいたのですが、最近少し間遠くなっていました。

定山渓温泉での一夜は楽しいひと時でした。

昭和44年から4年ほど留萌に勤務していたときの面々です。

この集まりは、もう何回目になるのだろうか。
 
あの方、この方は故人になられてしまい過ぎし時間の長さを実感しました。

通常この種の会といえば、男ばかりの飲み会になるのが常でしょうがこの集まりにはご夫人が多いのが少し赴きを異にしています。(留萌在住の女性がお二人参加してくれました)
今回も13人(平日にかかったせいもあっていつもより少ない)のうち六人は女性でした。

最高齢は81歳、80歳もお二人、70歳代二人、60歳代三人、女性のお年は分からないことにしておきます。

送迎バスの中、会食がはじまるまでの時間、会食、二次会(女性は三次会)のおしゃべりは尽きることがありませんでした。

話題ですか?・・・
往時のこと、家族のこと…等々
そして、わが身の病経歴のご披露となると留まるところがありません。入院何回、手術何回・・と。

反面、女性の皆さんは”だんなさんの年金が何時からもらえるか?”との話題で盛り上がっていたようです。

いずれにしてもそれぞれが相応の年齢に達しているので、いつまでこの会を続けることができるのかという危惧もあります。

元気なうちに会いましょう!ということで来年の再会を約して解散しました。

f0020352_1621229.jpg
[PR]
by m-morio | 2007-12-03 16:04 | 日々雑感 | Comments(0)
があったとか。。

スポーツ界の有名人二人の・・・

なぜか同じ日に・・・

”謝罪” したのだという。。

反応はさまざまだろう・・・

「斯界から去れっ!」

「出直して 頑張れっ!」 

とか。。

でも、

もっと ”謝罪” しなければならない 御仁 がいるように思うのだが・・・

国民に ! 
[PR]
by m-morio | 2007-12-01 09:13 | ひとりごと | Comments(0)