ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0020352_15355010.jpg


私が所属している写真講座 NPM(北海道Nature Photo Masters)でご一緒させていただいている清野幸輝さんの写真展が富士フイルムフォトサロン(札幌)で開催され、多くの方々がその作品を鑑賞し、惜しまれながらも28日で終了しました。

清野さんは、教壇に立たれていた頃から生徒の写真の指導をされていましたのでその技量は周囲の誰もが認めるところであり、素晴らしい感性を持ち合わせた方です。
従って、講座の仲間の中でも偉才を発揮する存在でした。

体調が思わしくないということはお聞きしていましたが、パーキンソン病であることは会場に掲示されたプロフィールではじめて知りました。
しかも、この個展を開催することが決まった頃にその病名がはっきりしたとのことで、それから2年間、病と闘いながら岡本洋典先生との二人三脚が始まりました。

しかも驚くことには出品作品35点のほぼ3分の一は、発症後に撮影された作品とのことです。
先生は清野さんの体調を気遣いながらも「もっとこんな作品が加われば・・・」と厳しい要求を何度も口にし、一方でこんな過度の要求が適当なのか?と自問もされたそうです。
今回の個展は「水辺を表現すること」を目指した清野さんの集大成でした。

清野さんの言葉をお借りしますと

「人と人との交流」の素晴らしさ・・・
会場では、個展を祝う言葉に励まされ、病気を気遣う言葉にともに涙したとのこと・・・
人の心がこれほどまでに熱いとは・・・


昨晩は、先生からの我々への言葉 
「同様にこの会場で作品発表することの素晴しさ、充実感を味わって欲しい」 
を背に帰宅しました。

清野さん ご自愛くださいますように 

この日記を書いた後に ふと思い出して訪れたサイト">「北海道美術ネット別館」に清野さんの個展の感想が載っていました。
専門家の目でご覧になっています。
[PR]
by m-morio | 2008-05-31 15:40 | 写真 | Comments(0)
3ヶ月に1回 歯医者さんに通院しています。
特に 歯が痛い とか 歯槽膿漏に罹っている ということではありません。
定期的に 口腔内の清掃 に通っています。歯垢をとったり・・・ということです。

一頃は もう少し 歯の磨き方を丁寧にしてください と衛生士さんに言われていましたが
最近では 大変よく お手入されていますね ・・などと言われるようになりました。

そもそも 若いときに 忙しさに取り紛れて 虫歯をしっかり治療しなかったせいで 
今 自分の歯は26本しかありません。差し歯や部分入れ歯のお世話になっています。
その内1本は親知らずです。 どうやらこの1本が虫歯になりかけている・・・といわれて随分と日にちが経っているのですが、それがあまり進行しないし、痛くも無いので様子をみています。
この歯はいずれ抜くことになります。
下のかみ合わせの歯がありませんので無くても何ら支障がないので・・・・・という事になっています。
でも、抜くとなると多少の痛みも伴うでしょうからできるだけ先に・・と祈っているのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯医者の帰りに久しぶりの天気なので道庁の前庭まで足を運んでみました。
カモの親子を見に。。。
テレビで見たときは6羽ほどの子がいたはずが、3羽になっていました。
カラスなどが襲うんですよね。 毎年繰り返されている生存競争です。
この写真 あまり出来はよくありませんが、
子守をしている母鳥に雄鳥が猛然と襲いかかった瞬間です。 
真ん中に子鳥が身を縮めているのが哀れでした。
ひょっとしたら 敵は カラスばかりではないのかも知れません。
f0020352_153057.jpg

[PR]
by m-morio | 2008-05-28 15:11 | 日々雑感 | Comments(0)
近所の街路樹に マロニエ があります。
「マロニエ」と言えは、「マロニエの並木道」があるパリのシャンゼリゼ通り・・・
と話には聴きますが、ヨーロッパはもちろんパリになど行ったこともありません。。。。。。

マロニエ には 赤 と 白 があるらしいのですが、ほんとうの マロニエ は白い花が咲く 
セイヨウトチノキ のことで、高さが20m以上にもなる大木なのだそうです。

赤の ベニバナトチノキ は、その マロニエ の雑種で、マロニエほどには大きくはならないものの、狭い庭では始末におえないほど育つらしいのですが・・ 

ご近所のは かなりスマートでした。

f0020352_1551353.jpg


f0020352_15515533.jpg

f0020352_15521013.jpg
[PR]
by m-morio | 2008-05-22 16:00 | 日々雑感 | Comments(0)
朝から、雨と強風の大荒れです。夕方がピークになりそうだとか・・・そんなことで家に居ます。
時間ができましたので・・・年金のことでも。

75歳以上の後期高齢者は07年10月時点で1270万人となり、総人口に占める割合は9.9%(前年比0.4%増)。「10人に1人が後期高齢者という『本格的な高齢社会』」と位置付けた。55年には75歳以上が26.5%に達し、現役世代1.3人が1人を支える社会になる。   日本の総人口が減るなかで、65歳以上の高齢者は増加を続ける。総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)は現在の21.5%から55年に40.5%まで上昇。国民の2.5人に1人が65歳以上となり「世界のどの国も経験したことのない高齢社会になる」と指摘した。(20日の閣議で政府が決定した「2008年版の高齢社会白書」・・日経WEBニユースより)


f0020352_1424731.gif
高齢者への扱いが「年金」「後期高齢者・・・」などで話題になり、その施策・対策の冷たい仕打ちに心さびしくなる日々を過ごしています。
そんなところに我が家にもあの 「ねんきん特別便」 なるものが届きました。なぜかしら家内のは数日遅れで・・・。

昨年12月に始めた「ねんきん特別便」は、個人情報を理由に事業所名や加入期間を記さなかったことなどのため、わかりにくいとの指摘を受け、舛添厚労相が1月22日に見直しを表明するなど、いろいろ話題を醸し出したものだけに興味深く(?)拝見しました。

More
[PR]
by m-morio | 2008-05-20 14:29 | 日々雑感 | Comments(0)
甥っ子が近所に住んでいます。
一頃 写真に没頭した時期があったようで 機材も なかなか高級なものを持っています。
レンズも フィツシュアイから600ミリまで・・・。

先日 来宅したときに ”いま 三脚 を探しているんだよ” といったのを 覚えてくれていて 「これ使ってみなよ」と ジッツオ の 三脚を貸してくれました。

この ジッツオ というのは フランス製でプロ愛用の品です。もともと機関銃の台座のメーカーだったと記憶していますが・・・
品物は一級品で なかなか高価です。 新品にはとても手が届きません。 
今、中古を探しています。

この借用中の三脚の試しに公園に行って見ました。

三脚には、「本体」と「雲台(うんだい)」とがあって一体で初めて機能します。
彼の三脚の雲台は パン棒 が一本のもの。 私は初体験。
ボディを 横に、 縦に、 斜めに、 大きく変えたり、微調整したり と いろいろやってみました。
まぁ 慣れの問題なのでしょうが・・・ しばらく掛かりそうです。

この三脚はなかなか具合がよろしいです。
1.5Kgと比較的軽い割には 安定感があります。 伸ばしたときの高さも私の背丈にぴったり。
300ミリくらいまでなら大丈夫そうです。

f0020352_11595333.jpg


f0020352_11511795.jpg

[PR]
by m-morio | 2008-05-17 12:25 | 写真 | Comments(0)
f0020352_9534025.jpg

南区に桃を生産している果樹園があります。札幌では 珍しいように思います。
先週 通ったとき 桃の花が満開だったのを思い出し ちょっと遅いかなぁとの想いを胸に
出かけてみました。

果樹園ですから のこのこ と 中に入っていくことはできません。
作業をしていたお兄さんに ”写真を撮らせていただいよろしいですか” と 声を掛けました。
予想通り 中に入れないけど 柵の外からならいいですよ・・とのこと。

車から カメラをとって 戻り 撮ろうとしましたら ”しょうがないなぁ” という表情で
2~3分ならいいよ でも 奥のほうには行かないでよっとの声が掛かりました。

突然の申し出に 驚きましたが お言葉に甘えて。。。
お兄さんは 作業の手を止めて 傍で じっと 私を 眺めています。
ドキドキ。。。
持参した三脚も使わず 手持ちで 、 PLをつけていたのに その操作も失念。
あわてて 数枚 を撮り お礼を言って 退散。

f0020352_9535959.jpg

その帰り 近くの市民の森へ・・・
小さな スミレに遭いました。
先日の教室で 教わった 「花の群落の撮り方」 を思い出しながら パチリ とやってみました。
[PR]
by m-morio | 2008-05-14 10:07 | 写真 | Comments(0)
f0020352_15471328.jpg


桜や梅に気をとられていて 裏山の公園 に ごぶさたしていました。
マイヅルソウ や クルマバソウ の見ごろは もう少し後のようですが、ヒトリシズカ はなかなか元気でした。

平日の昼下がり 1時間余の散策の間 二人の人とすれ違っただけでした。
風も無く 穏やかですが 気温は上がらず 10度程度でしょうか・・・ちょっと肌寒いですが
気持ちのいい散歩でした。

ヒトリシズカ は 園内の表示 に・・・

2対の葉が接していて輪状になる多年草
白い花のように見える部分は花びらではなく 雄しべの集まり

とありました。
[PR]
by m-morio | 2008-05-12 15:58 | 宮丘公園 | Comments(0)
このGWは 花見 の連続でした。
桜 と 梅 が同時に開花しますので なかなか忙しい。

桜もほぼその盛りを過ぎましたが ドライブをしていますと 山すそに・・ 道路縁に・・
家庭の庭に・・ まだまだ ピンクの花をつけて 眼を楽しませてくれます。
今は 八重桜 が 見ごろでしょう。

今年は 気温が 高くて いろいろな花の開花がスピートアップしていて 戸惑いを感じます。
月末に予定していた 菜の花の撮影も急遽2週間繰り上がりました。
市内の 公園のチューリップ も 例年より随分早く満開状態です。
さっぽろ の ライラック祭りは 下旬に予定されていますが それまでには花はもたないのでは・・と関係者をはらはらさせています。

教室では、毎回作品を2点提出し、自分なりのコメントをしながら先生の講評を受けるという方法がとられていますので、仲間の皆さんの 作品 は 勿論 ”語り” もたのしみの一つです。
提出作品は、必ずしもベストショットとは限りません。失敗作でも 講評を受けることによって更に前進が期待できますので・・・・・。

写真は、昨夜の教室で先生に講評をお願いしたものです。
家内と花見に行った あの墓地の中の様子ですが 花見客を避け 人工物をカット しようとしますと こんな窮屈な写真になってしまいました。
赤色は エゾヤマザクラ 白っぽいのは ソメイヨシノ です。
f0020352_9333520.jpg

下の写真は 市内の梅園での一こまです。
この場合は 思いっきり ”人物” を入れました。 
きょろきょろと 花を眺めていると 突然 幼稚園の子供たちが飛び込んできました。 慌てて撮ったなかの一枚ですが 
子供よりも ”保母さんがねらいだったのしゃないの~” などと言われてしまいましたが 子供たちの歓声が今でも耳に残っています。
f0020352_934025.jpg

[PR]
by m-morio | 2008-05-10 10:11 | 写真 | Comments(0)
札幌では サクラ と ウメ が同時に咲いています。

◇ 平岡公園の梅林
  紅梅、白梅が一緒に咲いています。
  天気も良いし 早朝から 大勢の市民が 梅を楽しんでいました。
f0020352_1952087.jpg


◇ 戸田記念墓地公園
  8000本のソメイヨシノが満開でした。
  
f0020352_19535867.jpg

[PR]
by m-morio | 2008-05-04 19:55 | 写真 | Comments(0)