ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先ごろ、文化庁が平成19年度「国語に関する世論調査」の結果の要点を発表した。
毎年、行われている調査である。
次のような要領で・・・(18年度の場合)・・19年度の要領が見つからないので・・
調査目的:情報化時代における漢字使用,慣用句等の意味の理解や使用に関する意識等を調査し,国語施策を進める上での参考とする。
調査対象:全国16歳以上の男女
調査時期:平成19年2月14日~3月11日
調査方法:個別面接調査
回収結果:アタック総数 3,442人
有効回収数(率) 1,943人(56.4%)


ふだんの生活の中で接している言葉から考えて,「今の国語は乱れていると思うか、乱れていないと思うか」との問いに対して
・・・「非常に乱れている」=20.2%、「ある程度乱れている」=59.3% 計 79.5%
で、同じ質問をした平成11年度の 85.8% を下回っている。
この低下が何を意味するのか私には判断がつかないのだが・・・。

新聞を読んで、はてな?と思ったのが 「ゲキを飛ばす」 の意味です。
調査の結果は 
①「自分の意見や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること」・・・19.3%
②「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」・・・・・・・・・・・・・・72.9%
正解は①であるという。

「広辞苑」には
確かに「考えや主張を広く人々に知らせて同意を求める」とある。
だが、加えて「また、元気のない者に刺激を与えて活気づける」ともある。

正しいとされる①は「本来の意味」ということであって、②も間違いではないのかも?!

調べてみた。
よく例に出されるのが「監督がゲキを飛ばした」という事例。
これは、“叱咤激励”の意味で使われているが、本来の意味ではない。
この「ゲキ」は、 「檄」 と書く。
古代中国で、役所がおふれを告げるために出した木札(文書)のことで、その檄文を急いで多くの人に回すことを「飛檄」と言った
ことから「檄を飛ばす」が生まれたのだそうだ。
この「檄」を ”激励の「激」” と勘違いをしている
・・・ということだろう。

広辞苑には両方の意味で載っているのだが、まだ、「激励の意で用いるのは間違いだ」とする辞書もあるという。

「意味のゆれていることば」 だそうです。
[PR]
by m-morio | 2008-07-31 15:20 | 日々雑感 | Comments(0)
f0020352_13105220.jpg

日ごろ ブログ をご覧いただき ありがとうございます
涼しい札幌から 暑いところに お住まいの方々に
暑中お見舞い申し上げます


札幌の空は 夏らしい 爽やかな 青空で 雲ひとつ 見当たりません
気温は いま 24度程度 ですが もう少し上がりそうです

開け放った窓から 気持ち良い風が入ってきて 昼寝でもしたくなるような のんびりしたひと時です058.gif

京都は 連日35度を超えているようです
そんな中 たっくん は元気でした

教室から出ると ”ど~っと 汗がでるんや” といいます 毎日 水筒持参での通学です048.gif( もう夏休みに入りましたが )

福岡育ちの おかあさん も さすがに ”暑いです~” と顎を出している様子

暑さに弱い じいじ&ばあば には とても 耐えられないことでしょう

皆さん 体調管理 に ご注意 ください!!001.gif
[PR]
by m-morio | 2008-07-26 12:58 | 日々雑感 | Comments(0)
f0020352_10402337.jpg
「空を飛ぶものは」 飛行機 以外
「四本足のものは」 机 以外
なんでも食べる・・・というのが中国人といわれる

と聞いたことを思い出している。
きっかけは 先日の新聞記事である。

「犬肉禁止令」…道新08.07.13
北京市は北京五輪関係者が宿泊するホテルに、五輪期間中は犬の肉を使った料理を出さないよう通知した。
理由は
「多くの国で犬を食べる習慣がなく、犬は人類の友であるから」
中国の飲食業協会も加盟店に対して自粛を呼びかけている。
犬を食べる習慣のある雲南、貴州地方の料理店が重点対象という。

1988年のソウル五輪で、韓国の犬肉料理が海外から批判されたのを教訓としているのであろう。

個人的には(心情的には)
“犬を食べて欲しくない”とは思うが とんでもない野蛮な行為だとは思わない。
中国では、古代から犬肉は食用として供されてきた。その文化が一部の地域(民族)に引き継がれているということであって、察するところそれらの地域では犬をペットとして飼うという習慣はなく、豚、羊の類と同列に受け止めているのだろうと理解しているのだが・・・。

More
[PR]
by m-morio | 2008-07-20 10:50 | 中国のこと | Comments(0)
今日は 雨の一日。
まとまった雨が降らなかったので、農家さんにとっては恵みの雨なのだろうか。

お手伝いしているマンションのお仕事の資料が届いたが、その量は相当なもの。
熟読して意見を付すには3~4日は掛かりそう・・・。

ということで、資料は横において、娯楽小説に没頭。
そこに一通の封書が届いた。

市民カレッジの事務局から。
先週依頼してあった手続きが終わったのである。

私が受講している「さっぽろ市民カレッジ」では、講座の回数、時間によって「単位」が決められていて、受講する講座のうち7割以上出席するとその講座の「単位」を取得することができる。
その取得「単位」数によって「称号」を認定するという仕組みになっている。
f0020352_1850585.jpg

前回の「現代史」の講座を終了して、50単位に達した。ルールに従って「学士号」なるものの認定を受けたのである。
何の学士かということはない。
とにかく「学士様」として認められたということである。

だから、どうだということでもない。特別なことは一切ない。
いわば自己満足の世界である。
カレッジに足を踏み入れても周囲の人ががそのことに気がつくということは全く無い。

一応、大学を卒業したことになっている。四捨五入すると50年も前の話である。
当時は、入学さえしてしまえば(蛇足だが、当時の競争倍率だけをみれば今日の比ではない厳しさがあったと思うのだが)、後はトコロテン式である。
必要な単位を取っていれば「学士号」なる称号がくっついてオートマティツクに卒業させられる。「学士様」誕生である。
振り返ってみると、その称号が何の役にたったのだろうか。
本当に勉強しない学生であった。

今日、この認定を確認して「ごく限られた範囲とはいえ、学生時代よりもはるかに真剣に取り組んだ」との感が強い。
ほぼ2年間を要した。

この後「修士号」「博士号」と先がある。
「博士号」の認定を受けるまでには、更に70単位を取得しなければならない。
単純に計算すれば、およそ2年半頑張らねばならないことになる。

そこまで達すると受講手帳が「青」から「赤」に変わる。
ここで初めて人目に触れることになる。
最近、この「赤い手帳」を時々見かけるようになった。すごい人たちがいるのだ。
なんとなく誇らしげで、胸を張って闊歩しているようにさえ見える。

今後予定している講座は9月以降始まる。(夏の暑い盛りを避けているので)

さぁ! 体調に留意しながらコツコツと「博士」を目指して進んでみようか・・・。
[PR]
by m-morio | 2008-07-11 19:06 | 市民カレッジ | Comments(0)
NHK・TV世界遺産・ルアンパバーンを観た。
番組紹介欄には
「東南アジア最後の秘境ラオス」
「仏教の祈り満ちる癒しの古都ルアンパバーン」
とあった。
ラオスは市民カレッジでインドシナ半島が教材になった際、時間の都合で割愛された国。
f0020352_13324791.gifなんとなく心残りだったところ、この番組が目に留まったので興味深く拝見。


内陸国で、面積としては日本の本州程度の広さを有し、人口約580万人、開発の遅れから東南アジア最後の秘境といわれる。
その北部のメコン川沿いに14世紀、仏教を信奉し、ラオスを最初に統一したラーンサーン王朝が都とした「ルアンパバーン」がある。
多くの仏教寺院をはじめラオス伝統の建築と、フランス植民地時代の建築物が融合されているとして、旧市街全体が世界文化遺産に登録されている。



街で目立つのは「ルアンパバーン様式」といわれる大きな屋根の数々の壮麗な寺院。
屋根はメコン川から吹く強い風で建物が倒壊しないように工夫された伝統建築物だという。

f0020352_1333553.jpg
これらの寺院には多くの出家した僧侶が厳しい戒律のもと暮らしている。
寺院の修復費や僧侶の生活費など全てが、ルアンパバーンの在家(出家していない人)信者によってまかなわれている。
番組でインタビューした15歳の少年僧侶は、勉強をしたくて12歳の時に出家したとのこと。
この地の「出家」は生涯その道を進むということではないらしい。
少年は将来教師になりたいのだという。夜間、塾で英語の勉強をしていた。これらの費用も喜捨で賄われている。

毎朝6時頃、千人近くの僧侶が街中を歩く托鉢が行われる。(他の東南アジアの国などでは廃れつつある)この”朝の托鉢”が、ルアンパバーンでは今なお行われている。
この托鉢のために在家信者は毎日、大量のもち米を朝早く(午前4時頃)から炊き、6時頃から路上に座って一人一人の僧侶に喜捨を行う。
かの少年僧侶の昼食を覗くとインスタントラーメンと喜捨を受けたもち米のご飯だった。

路上で会った老女によると、道端で僧侶に会ったときは立ち止まって敬意を表すという。「僧侶が一番偉い」からという。
老女は言う
・・・記者の「死は怖くないか」との問いに、「何が怖いものか。人間は必ず生まれ変わってまた戻ってくる」と信じているので・・・。
こうした信仰深い営みがルアンパバーンではおよそ600年に渡り現在まで、毎日続いているのだそうだ。

経済的には決して豊かとは言えないであろうラオスの人々の笑みを絶やさない表情に触れ、心の安らぎを感じたのは私だけだったであろうか。
[PR]
by m-morio | 2008-07-06 13:35 | 市民カレッジ | Comments(0)
△上海の開港と発展
中国最大の商工業都市である上海が世界史の表舞台にその名前が現れるのは、1842年アヘン戦争に敗北した清朝が、南京条約において上海など五港(広州、福州、アモイ、寧波、上海)の開港を認めたときからであろう。
イギリスは、それまで広州に限られていた中国貿易の窓口の拡大を求めていたのである。

上海は中国の交易の中心地となり、イギリス、フランス、アメリカが次々に「租界」を設け、列強の支配を受けることになった
「外灘」(バンド)
に代表されるように、今でも上海の街並みにはこの租界時代の面影が色濃く残されている。
租界の形成は列強の経済的進出をもたらし、上海は中国随一の商工業都市へと成長した。
f0020352_145161.jpg


More
[PR]
by m-morio | 2008-07-05 14:07 | 市民カレッジ | Comments(0)
f0020352_18581080.jpg

コンデシと呼ばれるカメラがあります。
コンパクト・デシタルカメラのことです。 バカチョンカメラ といったらお叱りを受けるかもしれませんね・・・。

我が家にも1台あるのですが、最近まで 触ったことがありませんでした。
ひょんなことから このコンパクトカメラで写真を撮ってみましょう・・・ということになりました。

説明書と首ったけで操作要領を覚えて、さてと「撮影」してみましたが・・・・・

これがなかなか難物で、思うようにいきません。
まず、ピントがどこに合っているのか・・・あの液晶画面を覗きながら撮るのですが、
光線の具合によっては良く見えないんですね。ファィンダーで見るのとは大違いでした。

次に、カメラが軽い。 しっかり持って、静かにシャッター押さなければ”手ぶれ”続出。
安易に 片手で撮ろうなどとはもっての外。

更に、(これが一番の欠点なのですが)バッテリーの消耗が激しいですね。
レンズのズーム、露出の補正、
マクロへの切り替え、写した写真の確認
等々の機能全てをこのバッテリーが動かしているのでほぼ2時間で the end となります。(我が家のカメラの場合ですが)

まあ そんな こんな で 大騒ぎしましたが 結構楽しいひと時を過ごさせていただきました。

実は、いつも通っているカレッジの講座の中に「コンパクトカメラで札幌を撮る」というのが目に付いたので参加してみました。
その内に生徒の作品展を開くのだとか。。。。。

[写真]
失敗作の一枚
我が家のカメラは 連続してシャツターを切れないんですね
(最近の機種はもっと性能が向上しているのでしょうか・・)
よって リリー・トレインは 通り過ぎてしまいました

[PR]
by m-morio | 2008-07-03 19:27 | 写真 | Comments(0)