ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回は、ロシアと隣接し旧ソ連邦を形成していた「ウクライナ」に焦点をあててみます。
◇ウクライナ という国は
1 位置関係
  地図をご参照
f0020352_10471945.jpg

2 国旗f0020352_10474918.gif
  この旗の意味するところは、上の青は「青空」を意味し、下の黄色は「稔りの小麦」を意味しています。ウクライナは、肥沃な黒土地帯で、旧ソ連の”穀倉”といわれ、小麦、トウモロコシなどの生産地です。


3 人口など
  国の面積は日本の約1.6倍、人口は4,638万人(2007年 世銀)で、ウクライナ人74%、ロシア人22%です。
4 西側とのつながり
1991年ソ連が崩壊した後も、旧ソ連から分離独立した国々(「独立国家共同体」注1 を組織した)や東欧諸国(注2)は、ロシアとの良い関係を暫くの間維持してきていました。しかし、経済体制が社会主義から資本主義へと変わり、西側諸国との関係が深まるにつれて、これらの国々は西側を向くようになりました。
東欧諸国は続々とEU(国際連合注3・・・経済同盟)へ加盟していきました。自国の安全面でも、NATO(北大西洋条約機構・・・軍事同盟)に加盟してしまいます。
こうした状況の中で、東と西の綱引きの場となつたのが「ウクライナ」です。ウクライナは、ソ連崩壊時に独立を果たし、その後も独立国家共同体に加わりロシアとは親密な関係を維持してきたのですが、隣接するポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニアが次々とEUに加盟していくに従ってウクライナは自然とEU諸国と国境を接することになりました。
その一方、ウクライナの東側はロシアと国境を接し、この東部にはロシア系住民が多数住んでいます。(図を参照) このためにウクライナは、ヨーロッパを向く西部とロシアを向く東部とに、真二つに分かれてしまいました。
f0020352_10533165.jpg

注)1 独立国家共同体
旧ソ連を構成していた15共和国のうち,バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)をのぞく,12か国によってつくられている国家連合。英語で,Commonwealth of Independent Statesと書き,略称CIS。独立国家共同体は,共通の中央機関をおかないのが特色であり,加盟国の首脳によって年2回以上開かれる加盟国首脳評議会と,加盟国の政府代表者が参加する加盟国首相評議会を調整機関としている。国連の安全保障理事会の議席はロシア連邦が継承した。
加盟国はロシア連邦・ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ・アルメニア・アゼルバイジャン・グルジア・トルクメニスタン・ウズベキスタン・タジキスタン・キルギス・カザフスタンの12か国。なお、グルジアは2008.8脱退している。
注2 東欧
国連の分類によると、ウクライナ、スロバキア、チェコ、ハンガリー、ベラルーシ、ブルガリア、ポーランド、モルドバ、ルーマニア、ロシア
注)3 EU(国際連合) 現加盟国(27カ国) オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア(2004年)、ドイツ、 ギリシャ、 フィンランド、 フランス、 ブルガリア、 ハンガリー(2004年)、 アイルランド、 イタリア、 ラトビア(2004年)、 リトアニア(2004年)、 ルーマニア(2007年)、 ルクセンブルク、 マルタ、 ポーランド(2004年)、 ポルトガル、 スロバキア(2004年)、 スロベニア、 スペイン、 スウェーデン、 オランダ、 英国  外務省HPより(国名配列順も)


More
[PR]
by m-morio | 2008-10-19 10:57 | 市民カレッジ | Comments(0)
「現代史」の講座も回を重ねて11回目になりました。受講生も徐々に増えて40名余になっています。毎回、その日の講義の感想や質問を提出することになっています。(任意ですが・・)
先日こんな感想が。。。
「過去の講義は、殆ど記憶に残っていません」と・・・
全く同感です。「高齢者」と呼ばれる人がかなりの割合を占めているのです。脳のキャパシティに限界がある上、老化は否定しようがありません。
私が、ブログに講座の記録を留めておく理由はそこにあります。後で振り返ってみるために。。。(ブログでなくたっていいじゃない・・・と言われると返す言葉もありませんが。。でも、少数の方とはいえ ”読まれている” という緊張感が継続につながっています。)
今回の「ロシア」では、以前に受講したことがからみあっています。旧ユーゴスラビア、EUなどです。冒頭の言葉を聞き、この記録が少しは意味あるものと意を強くしたのですが。。。

さて、本題です。

◇ロシアの復活
いまのロシアには、過去の「偉大なソ連への復活」の思惑がありありと見て取れるような気がします。かつて米国と覇を競った超大国は崩壊し、仲間の東欧諸国は、ロシアを見捨てて、EUやNATOに走りました。この事実はロシアの誇りを大いに傷つけたことは想像に難くないと思います。あの硬派の元KGB(ソ連のスパイ組織)の要員だったプーチン首相にとっては耐え難いことであって、かつてのソ連の威信を取り戻そうと大統領を辞してからも首相の地位に留まり大統領と二人三脚でまい進し始めました。

 このところ石油価格が高騰し、産油国であるロシアには多額の外資が流れ込み、ロシアは好景気に沸いています。ソ連崩壊後のみじめなロシアから完全に脱皮したのでしょう。
これまでロシアは、旧ソ連や東欧諸国には、石油や天然ガスを低価格で提供してきましたが、ロシア離れが進む国には遠慮することなく国際価格で買うよう要求し、交渉が難航すると石油パイプを閉じるという乱暴なやり方で値上げを認めさせたりしてきました。
最近の新聞に・・
 
ロシアとウクライナは2日、来年のウクライナ向け天然ガスの価格交渉を行い、今後3年間で段階的に値上げし、欧州向けの価格水準まで引き上げることで基本合意した。ロシアのプーチン、ウクライナのティモシェンコ両首相が同日、モスクワで覚書に署名。インタファクス通信などによると、両国のガス会社が今後の交渉で価格の詳細を決める。
 ロシアでは当初、ウクライナ向けガス価格を現行の1000立方メートル当たり179.5ドルから400ドル以上への値上げを求める声も出ていたが、交渉妥結を優先し、ウクライナの求める段階的な引き上げを受け入れた。
 ロシアは旧ソ連構成国だったウクライナ向けのガス価格を、欧州向けより割安な価格に抑えてきたが、ここ数年、同国からの料金未払いや価格設定をめぐり対立を繰り返していた。(毎日新聞 08.10.04)

注)旧ソ連は、ロシアを含めた15の「共和国」によって構成されていました。即ち「連邦」です。この「共和国」の内部に、さらに「自治共和国」「自治州」「自治管理区」という行政区分がありました。この「自治共和国」は「自治州」は、民族を単位に構成されています。ソ連が崩壊した後のロシアも、「ロシア連邦」です。
外務省のHPには、政体は「”連邦制”で共和国や州等83の構成主体からなる連邦国家」と記されています。

つづく・・
[PR]
by m-morio | 2008-10-13 13:11 | 市民カレッジ | Comments(0)
所属しているNPMの(高齢いや間違い)恒例の写真展が開かれます。昨年からは、テーマは各人が設定して1年間の成果を発表する場となりました。
メンバーの皆さんの出品作品も決まり、その一部が先日の教室で披露されました。勿論、プリントしたものではなく「スライド」でですが・・・。次回は、恐らく全作品がお披露目されることでしょう。
37名の方々の108点が2部に分けて展示されます。最近の技術革新の影響もあってこれまでの「フィルム」作品は減少傾向にあり、およそ40%が「デジタル」の作品になったようです。

そのDMが出来てきて、今発送の準備をしています。
このBlogをご覧頂いている方にDMが届くのでしょうか・・・。と言いますのも、どなたが見てくださっているのか私には殆ど分かりませんので(笑)。。。
札幌市内あるいは近郊にお住まいの方限定でお届けしますので、是非足を運んで、ご覧いただき、そしてご感想を聞かせていただければ尚一層嬉しいのですが。
興味深い"自然"をお楽しみいただけると思いまよ。

日時等は次の通りです。
NPM展 「MY PURE NATURE 北海道」
第1部 10月17日(金)~23日(木)
第2部 10月24日(金)~29日(木)・・念のため、私のはこの部です・・・どんな作品か?・・・内緒です。ぜひ会場へ。。。
それぞれ 10時~午後6時30分   勿論 「入場無料」です
場所  富士フィルムフォトサロン札幌
     札幌市中央区北3条西3丁目 札幌北三条ビル1階 (℡011-241-7366)
・・・札幌西武の南向側です。
       一昨年までの(道庁前の)場所ではありませんのでご注意ください。
f0020352_14245633.jpg
このDMは両サイドをカットしてあります。 出品者のお名前が載っていますので。。。

なお、富士フィルムフォトサロンのHPでも事前PRされていますので、ここをクリックしてください。
[PR]
by m-morio | 2008-10-07 14:26 | 写真 | Comments(0)
世界は「金融危機」に陥るのでは・・と騒がれている、一方わが国の政治は野党も与党も「国民の生活」をなんと心得ているのか・・という体たらく。

私はと言えば、清原の引退に過ぎし日を想い、ファイターズのCS進出にホット胸をなでおろしているという能天気さです。

そんな中で、「現代史」の秋の講座が始まりました。
前回のイギリスによる植民地化の流れの中でシンガポール、香港、上海と巡り、次は「ロシア」と予告されていました・・。6月のことでした。

そして、8月8日に始まった北京オリンピック、そしてパラリンピックと続き9月には一連の行事も終わり開催国中国もホット一息ついたであろう・・と思う間もなく、またまた”食品問題”が世界を駆け巡っています。中国はいろいろな意味で話題を提供してくれます。

さて、こんな記事が載りました・・・
グルジア軍は7日夜から8日未明にかけて、同国からの分離独立を主張する南オセチア自治州の州都ツヒンバリへの攻撃を開始した。 事態を受け、同州に平和維持部隊を駐留させ独立派勢力の後ろ盾となっているロシアは、国連安全保障理事会の緊急会合の招集を要請した。
(2008年8月8日 読売新聞から抜粋)
北京オリンピック開会式当日、南オセチアにおいて、グルジア軍と南オセチア軍が軍事衝突したのです。直ちにロシアが軍事介入したことで、世界の注目が集まりました。

f0020352_1653262.jpg
これから、ロシアとのかかわりを進めていくに先立って、まずグルジアとはどのような国なのか、どのような人々が暮らし、そしてロシアとの関係は・・・と多少総花的になりますが整理してみます。
f0020352_16204544.jpg


More・・チョー長いです
[PR]
by m-morio | 2008-10-04 16:44 | 市民カレッジ | Comments(0)