ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

◇臓器移植法改正
 09年7月、解散前の国会で「臓器移植法」(1997年=平成9年成立)の改正が駆け込み成立しました。
現行法における「”臓器移植の場合に限り” 脳死を人の死とする」という定めが改正されたのです。
前提の文言が削除されてしまった。そして、1年後に施行されるという。

すなわち、「脳死は人の死」だといいます。

主な改正点は次の通りです。

・「脳死の位置づけ」=従来、移植を前提に人の死とされてきた「脳死」が、移植に関係なく「脳死=人の死」とされた
・「臓器提供条件」=本人の同意と家族の承認が必要だったのが、本人が生前に拒否表明していなければ「家族の同意」のみで可とした。
・「年齢制限」=15歳以上の制限を撤廃した

その後、衆議院解散・総選挙の影でこの話題は一時鳴りをひそめています。

私にしてみれば、「人の死=脳死」と言われると、

・なぜ前提条件が削除されたのだろうか
・前提条件が外れたことによって何が変わるのであろうか
・そもそも「人の死」については、どこに(どのような法律で)定められているのだろうか
・心臓死とどう違うのか
・脳死とはどのような場合に起こるのだろうか
・脳死が人の死ならば、その後の治療(手当)は、遺体に対して行う行為ではないのか
(米国では、提供される臓器ができるだけ好い状態を維持できるように手当てを行うときくのだが、はたしてわが国ではどうなのだろうか)
・であるならば その後の治療(手当)の費用は誰が負担するのだろうか。医療保険は適用されないのか
・死亡時刻はいつなのか
・この時刻のとり方によっては、遺産相続に影響しかねないケースもあり得るのではないか
・本人の意思表示がなければ、家族の判断で臓器を提供できるというが、「本人の意思」はどのようにして確認するのか。意思表示していても、家族でさえも気付かないというケースも起こりえるのではないのか
・意思表示の方法はドナーカードしかないのか
・この「人の死=脳死」となったことに、「国民の合意が得られた」と胸を張って言える状況なのだろうか

など様々な疑問が沸いてきます。

こんなことを漠然と思い巡らしていた折も折

先日ANA Openを観戦に行った際、諸々のゴルフに関するパンフレットを貰ったのですが、その中に何故かしら「ドナーカード(臓器提供意思表示カード)」と説明文書が入っていました。
f0020352_14562747.jpgこのカードを手にしたのは初めてで、しげしげと眺めました。
裏面に「脳死後」に提供してもよい臓器名が書かれ、更に「心臓が停止した死後」に提供可能な臓器も書かれて、○で表示するようになっていました。
もちろん「提供しません」という項目もあります。

なぜ、”ゴルフ場”でこの種のカードを配布しているのかは分かりかねますが、恐らくドナーを増やしたいとの理由なのでしょう。

説明書によりますと、
日本で臓器提供を待っている人はおよそ1万2千人だとか。
 一方、事故や病気で亡くなる人は毎年およそ110万人で、その1%弱の7千人が「脳死」状態で亡くなっているのだそうです。
しかし、実際に提供ということになると極めて少ないのだろうと推測できます。

そんなことでカードを手にしたのを機会に、「死」と「臓器移植法」(改正も含む)について考えてみることにしました。

(つづく)
[PR]
by m-morio | 2009-09-30 15:04 | 日々雑感 | Comments(0)
おやっ また お会いしましたね。
ご主人は、この ちえりあ で 良くお見かけしますね。
何かお仕事でもされていらっしゃいますか。 はいはい 遊びで・・・
それは羨ましい。 えっ 市民カレッジでボケ防止・・・ご冗談を
で 何を・・・ おうおう、現代史をねえー。 

結構じゃございませんか。

少し時間がありましたらお茶でもご一緒しましょうか。f0020352_11265383.gif

確か、現代史の講座はお休みの期間でしたね。

おおっ「ご近所先生講座」を受講されて・・・
で どんな?・・・
「中国各地・中国人との交流から~画像を通して中国を見る~」
はいはい 案内のパンフを見ましたよ。
実を言いますと、私はちょいと中国のことに興味がありましてね、暇を見つけては本を捲っておりますよ。

中国というお隣の国に興味を持っても、普段は新聞・テレビ・ラジオ・本などを通して得た知識で、中国で暮らしたことのある人や中国人から直接話を聞くことは少ないので、貴重な時間でしょうね。

最近、新聞に
「日本人、中国人双方に互いの国にどのような印象を持っているか」というアンケート調査をした結果、中国に否定的な印象を持つ日本人は73%、日本に否定的な印象を持つ中国人は65%だと発表されたといいいますね。
この記事をご覧になりましたかな。

ご覧になった・・・ふむふむ 講座でも、このことに関する意見交換が行われましたか。なるほどねぇ。

この記事は、読み方を誤ると「日本人は73%、中国人は65%」という数字が先走って、その調査の方法や否定的印象を持つ理由などを横に置きますと少し誤った解釈になりかねませんね。

確かに、数字だけを見ると、お互いに随分多くの人が 否定的=感じが良くない と思っているように伝わるでしょう。
でもね、まずその「理由」をきちんと把握することが大切だと思いますよ。

日本人の中国に対する印象が良くないとする「理由」は
「食品の安全問題などで見られた中国政府の対応に疑問があるから」が8割を超えている・・ということだったはずです、記事ではですよ。

ということは、表面的な数字から多くの「日本人」が単純に”中国人”を嫌っている・・・というふうに捉えると少しニュアンスが違いますね。

それからもう一つ、調査のタイミングの問題があります。
この調査が行われた直前に、中国製冷凍ギョウザ中毒事件だとか鰻問題などがあり、中国の食品に対する信用が下落したことが、この数字に反映されていると思います。
だから、もし調査する直前に特別な事件などが起きなければ数値は大きくブレるのではなかろうかと思うんですね。
あまり数字に拘ると間違った判断をすることになると思いますよ。

一方、中国側の理由は
「過去に戦争をしたことがあるから」が最も多く7割を上回ったということでしたね。過去にこだわっているということですよね。
これは、日本側の理由とは質的に異なるような気がします。

この国は、学校の歴史教育にも国の意向が強く反映されていて、自国内の歴史的事実を隠蔽して教科書には載せない、即ち学生に知らせないということをやる国ですよね。f0020352_1811444.jpg
例えば天安門事件などは教科書に載っていないらしい。
なぜ? 「国策」ということで片付けられているようですが・・・。
だから 日本のことも自国に都合の良いように表現(日本の過去の行為を悪意をもって表現)したものが教科書に載っている可能性もあります。

一頃、相互に教科書問題を研究するという会議がもたれたはずなのですが、その後どうなったのでしょうね。マスコミは、目先の話題性ばかりを追う傾向があるので、こうした地道な活動を見落として欲しくない・・・と私は日ごろ思っております。

もっともっと お互いを知る努力が必要なんでしょうね。

いやぁ ご主人の聞き上手に乗せられて、勝手なことをおしゃべりしてしましました。

楽しいひと時でした。

また、お会いしましょう。
[PR]
by m-morio | 2009-09-20 18:14 | 中国のこと | Comments(0)
f0020352_18313544.jpg
・・・ANA Openを観戦してきました。
ゴルフ場に足を踏み入れたのは、およそ15年ぶりでしょうか。
ましてや、プロの競技をラウンドについて回ったのは二回目。。。

わが家の ばあば が年甲斐も無く 遼くん に熱をあげているものですから しぶしぶ同行した次第です。

快晴に恵まれ 気持ち良い一日でした。

遼くん はこの日(予選ラウンド)は、11時57分のスタートでした。
同伴プレーヤーは、矢野 東(前日まで-6)、谷原 秀人(同-3)、遼くんは-4でスタートしました。
普段、TVでは見ることが出来ない様子がみられましたね。

例によって、大ギャラリーがプレーを見守っています。
永久シード権を持つ中嶋 常幸選手はさすがに貫禄がありました。 終始にこやかで・・・

係員は、「静かに」とか「動かないで」とギャラリーの行動がプレーヤーに影響しないように気を使っていました。

遼くんがオナーになって、最初にショットを追えると、ギャラリーはもう動き出します。
だから、係員は必死に制止しますよね。

矢野選手は少々いらついていました。 
キャディが「動かないで」と声を上げたのに対し、「良いですよ 行ってください」なんて言ってシラケタ様子。
彼はデフエンディング チャンピオン なんですよ。

選手について歩くのもたいへんでした。
300ヤード近く飛ばした後、スタスタと歩く速度は結構速いですね。
年寄りがその速さについていくのも大変なうえ、グリーンは殆どが砲台型ですから、上手く場所を選ばなければ カップインの瞬間を見れないことになります。

そんなこんなで、9ホール回って、へとへとになりました。

観衆も面白いですね。
遼くんのスタートホールで・・・・
私たちは、最前列で絶好のポジションを確保し、今や遅しと待機していると、後ろのほうから「ごめんなさい」「ごめんなさい」といいながら前のほうに割り込もうとする"おばさん二人"

それを見た隣の(やはり)おばさんが一言
「後から来て「ごめんなさい」といえば前に出れると思ったら大間違いですよ」と一喝・・・
件の"おばさん二人"は 声も無く退散。

会場係りの人たちは、煩いほど "携帯電話はマナーモードに・・" とPRするが・・・
6番ホールだったろうか
グリーン周りで観戦していると 突然携帯の呼び出し音・・・
周囲の観衆から一斉に非難の視線が集中する。
プレーは中断。困ったものですね。

今回の大会は、65歳以上は入場無料。しかも、最寄の駅まで無料送迎バスのサービスあり、おまけにバス利用者には全員に「ゴルフキャップ」のプレゼントもあるというおまけつきでした。

遼くんは 終始冷静にプレーしていたように思います。
でも、テレビの画面で見るよりはるかに身体は細いですね。 やはり まだ 少年の体つきで 同伴の青年とは体格では少し差があるようです。
それでも飛ばし屋振りを発揮し、ミスショットの後のリガバリーなど見事でした。
ハーフを終わって、矢野=-5 谷原=-3 遼くん=-6 でした。

この日の私の歩数、12、000歩。
これは日ごろの3倍に近いんですよ。

あ~ 疲れた!!
[PR]
by m-morio | 2009-09-18 19:15 | 日々雑感 | Comments(0)
じいじ: たっくん、 じいじ が お隣の「中国」のことをもっと知りたい・・・といつも言っているのを覚えているよね。
この国は土地も広いし、人口は世界一だし、多くの民族が住んでいることでも知られているね。
先日、「クルド民族」のことを書いたので、もう少し「民族」について考えてみよう。

たっくん: 中国には「55の少数民族」が住んでいるんだよね
じいじ: そうだね。よく覚えているね。中国の人口は13億人を越えているから、少数民族の比率は8%程度なんだ。ウイグル族840万人、チベット族540万人程度だね。少し古いので、いまはもう少し増えているかも・・・。
その少数民族の中でも、「チベット族」のことは以前に触れたことがあるので、今日は、「ウイグル族」のお話をしよう。

More
[PR]
by m-morio | 2009-09-03 19:25 | 中国のこと | Comments(0)