ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

持病の定期診察を2ヶ月ごとに受けています。また、風邪をひいたりもしますので幾つかの診療所などのお世話になっています。
診察を受けると、多くの場合薬ももらうことになりますよね。f0020352_11241184.jpg

診察・投薬の領収書に、検査料、投薬処方発行料とか、
薬の場合には、調剤技術料、薬学管理料、薬剤料などを点数で表示されているに過ぎません。

薬代は決して安くありません。数種類のうちどの薬が高額なのかとの疑問を持っても、薬局でさえ即答できない状態です。コンピーター処理のせいです。   これは確定申告に添付する医療費の領収書の山 ↑
複数の薬をもらっても個々の薬の値段が分かりません。今時、殆どの商店のレシートは商品ごとの価格が印字されています。
ず~と胸の中でくすぶっていました。

一度、窓口で聞いたことがあります。
「別に文句を言うつもりはないのですが、請求の明細を教えていただけませんか・・・」と。。。
この時は、直ぐには分かりませんので次回の時までに調べておきます、とのことでした。
2ヶ月後、口頭(メモは渡せない・・とのこと)での回答を得ました。
「薬学管理料」というのは、こちらがお願いしているわけはありません。
薬局側が好意で「薬のカルテ」を作っているのだろうぐらいに受け止めていた。
甘いですね。
必要か否かを聞かれたこともありません。辞退も可能だとの説明でした。
もっとも、その「カルテ」が私の役にたっているのなら兎も角も・・・こちらからのヒアリングで書き込んでいるにすぎないような代物ですよ。
薬については医師から十分に聴いて納得の上服用しているのです。
なんで薬局の窓口での管理が必要か私には理解できません。
100~200円程度だったように記憶していますが。。。100円として年間600円掛ける15年・・・・ふ~ん です。
敢えて管理不要です・・・などと申し出てはいませんが  今のところ。

喧嘩してもしょうがないので、そうですかと引き下がってきましたが、すっきりしませんでした。
せめて薬ごとの料金ぐらい表示してもいいんじゃないの・・との思いです。

昨日、新聞に次のような記事が載りました。

厚生労働相の諮問機関、中央保険医療協議会(中医協)は
医療費の詳しい内容を記した「明細付き領収書」の患者への無料発行について、2010年度から原則義務化する方針を了承した。(10.02.06道新)


当面は、診療報酬のオンライン請求が義務付けられている医療機関で、病院では全体の9割、診療所ではほぼ半数が該当するといいます。

明細付き領収書では、検査や薬剤などの種類と点数(1点10円)が詳しく示されることになるそうです。

やっと胸のつかえが治まりそうです。
[PR]
by m-morio | 2010-02-07 11:55 | 日々雑感 | Comments(0)
昨年4月5日、チェコの首都プラハで行った演説で、オバマ米大統領は
          写真はオバマ大統領就任式における宣誓の際の聖書↓f0020352_19241088.jpg

「核兵器は冷戦の最も危険な遺産だ」 と述べ、米国が率先して核軍縮に踏み出すことを宣言した。
「核兵器のない世界」を実現させると宣言したのである。
  画期的だったのは、核兵器を使用した唯一の国として「道義的な責任がある」と言い切ったことだった。  日本への原爆投下について、米国内では「対日戦争を早期に終結させ、日米両国民の多くの命を救った」と正当化する意見が支配的だ。 オバマ氏は原爆使用を誤りだったと認めたわけではない。だが、過去に「責任」に言及した現職大統領はいなかった。核問題に取り組む真摯(しんし)な態度が伝わってくる。
(09.04.08道新社説)

大統領の言葉には並々ならない意欲が満ちているが、その行程には多くの課題・困難が横たわっていることだろう。
過去、世界のどの指導者も成しえなかったこの課題は、本当に実現に向かうのだろうか。
米国一国で成し得ることではない。ハードルの一つは「米ロ関係」であろう。
大統領の演説に対するロシアの反応は冷ややかだったと報道された。

核兵器廃絶に至る道程は、とてつもなく長い。
オバマ大統領も 「私の生きている間には実現不可能だろう」 と語っている。

・・・・・というのは前置きの話。

実は、3月から始まる市民カレッジの現代史の講座で、この「核問題」がテーマとして取り上げられることになった。
例えば
核の脅威は減ったのか? 
北朝鮮、イランの動向と核拡散の行方は? 
原発は必要悪か? 
「核なき世界」の実現は可能か?

などという難題に取り組むことになる。
核の拡散を防止し、縮小に努めようという動きの中で、外敵から身を守るため、核の平和利用とカモフラージュしながら核兵器の保有に必死な国もある。
核を巡る世界の情勢から目を話せない今、なかなかタイムリーな題材を提供された。
もっとも、「現代史」という括りから若干逸れたかなっ・・
とは思うが、
見方によっては、「核」というキーワードから関係諸国の実情を知る良い機会(切っ掛け)になりそうである。
[PR]
by m-morio | 2010-02-05 19:37 | 市民カレッジ | Comments(0)
どうも気になることが続いている。  私が一人不安に思っていることなのかも知れないが。

世界は融和への道程を進んでいるのだろうか。  その動き遅々として進展しない。
・アフガニスタン、イラク、イラン、パキスタンは相変わらずの混乱振り
・イスラエルとパレスチナの抗争は泥沼に落ち込んだ
・ウクライナの大統領選は決戦投票だ
・タイの南部では民族闘争が活発化
・ロシアや中国は原油・天然ガスの獲得に血眼
・北朝鮮と韓国の朝鮮半島問題は相変わらず北朝鮮の不可解な動向が目立つ
・中国と米国の動きも目が話せない
これらの中から、今回は北朝鮮を取り上げてみる。

兎に角分からない国の一つ・・と私は思っている。
わが国との関係では、拉致問題が一向に進展しない。民主党政権は国内の問題で手が一杯。
かの国はそんなことは歯牙にもかけない雰囲気すらある。

朝鮮半島で“砲撃”事件があったと報道された。(10.01.27 朝日)
f0020352_10481289.jpg海岸に設置した砲台から、3日連続でおよそ350発の砲撃があった。
船舶などに被害はなかったが、韓国側の島の近くにも着弾しており、南北間の緊張がにわかに高まっている。


More
[PR]
by m-morio | 2010-02-04 10:58 | 市民カレッジ | Comments(0)