ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なってきました
▽1週間ほどは晴天が続きそうです
近所の小学校の運動会です
昨年は雨で順延があちこちで・・・
今日は のびのび と 楽しんだことでしょう

▽散歩道の緑もまぶしくなってきましたので 森林浴を楽しんでいます
f0020352_1604465.jpg


いつもならそろそろ蝉の声が聞こえてもいいころなのですが・・・
地上に顔出しても 寒くて震えているのかもしれません
f0020352_1601975.jpg


しばらくおとなしくしていた 熊さん が 散歩に出てきたらしい
この17日に出された注意看板・・・・足跡が見つかったとか

この道を進む勇気はありません
f0020352_15575148.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-05-29 16:18 | 宮丘公園 | Comments(0)
北海道の大地のような、でっかい、
人が私の絵を見たら息が詰まるというような、
そういう迫力の絵を描きたい-----


と言ったのが あの 片岡珠子さん

札幌芸術の森美術館開館20周年記念で開催中の 「片岡珠子展」 を鑑賞
ご本人の言葉 を 引用 するまでもない ど迫力! しばし 呆然! 

札幌生まれの片岡球子さんは 2008年、103歳でこの世を去りました

鮮やかな色彩、自由な解釈、大胆な構図で個性的な画風

教師を続けながら 制作に励み 1930(昭和5)年 「枇杷」で院展入選 25歳だった

「学ぶ子ら」は28歳のときの作品
f0020352_11265578.jpg

モデルの子供たちに おしゃれな洋服を着て通学してもらったとか・・・
ノートに書かれている文字や洋服の柄まで細部を描写


名声を不動にしたといわれる「面構(つらがまえ)」連作は 正視できないほどの迫力で迫ってくる
面構 足利尊氏(一部) 1966年 61歳
f0020352_1355463.jpg

78歳から「裸婦」を「ポーズ」シリーズで制作
このとき 「私は100歳まで生きるから22作は描ける」・・といって モデルさん と契約した
このモデルさんがなかなか口うるさい
裸婦に花を添えた作品では
「先生! 私を描いているんですか 花ですか? 」
と叱られた とか・・・
ポーズ1 78歳の作品
f0020352_11504615.jpg


代表作約50点が展示されている

さらに、スケッチ17 点も公開  色あせたスケッチブックが生々しい
スケッチ(昭和新山)1961年56歳
f0020352_1237535.jpg


「春の富士(梅)」 83歳
f0020352_11271752.jpg


ご覧になっていない方は お急ぎください
5月30日までです
見逃しましたら 次は 旭川ですから どうぞ追っかけて。。。
[PR]
by m-morio | 2010-05-25 13:04 | 日々雑感 | Comments(0)
さっぽろ の 5月は 百花繚乱 ・・・といったら少し 大げさかもしれませんが。。。

市内の さくら(そめいよしの や エゾやまざくら) は ほぼ終わりですが 八重桜が満開!

ご近所の庭などは
チューリップ、水仙が満開
ボケ、ヤシオツツジ、しゃくやく もきれいです

遠くからでも ひと際目立つのが 芝桜 ↓ (ちょつと アップ 気味ですが)
f0020352_1529151.jpg

近づくと 強烈な 香り です 道東の有名な公園まで足を伸ばさなくても 満開の様子を楽しめます
(土手 一面 に植えられているんです)

チューリップ は撮るのが難しい!!
f0020352_1693270.jpg


こんなシーンにも出会います
実は この一瞬前 が シャツターチャンス だったのですが・・・・・
ピントを合わせているうちに もう次の動作に。。。残念 
f0020352_1695250.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-05-21 16:20 | 写真 | Comments(0)
「木曽路はすべて山の中である」
という書き出しで始まる大作を読んでいます。
日本の近現代史に取り組む前に、まず小説からということで 「くろふね」 「落日の宴」 に次いでこの本を手に。
島崎藤村著 「夜明け前」 (岩波文庫)
昭和初期に書かれたこの歴史小説は、今日でも比類ない最高傑作・・・といわれるとか・・・。f0020352_14572435.jpg

もちろん、作者や題名は承知していましたが、読んだことはありません。
歴史小説であることすら知りませんでした。
ましてや、歴史小説の最高傑作だとは・・・・。

1929年(昭和4年)から1935年(昭和10年)まで、中央公論に掲載された。
(古希を迎えた私も 未だ産声をあげていません(~o~))

主人公 青山半蔵(木曽路11宿の「馬籠宿」の本陣・庄屋・問屋の若き当主)の眼を通してペリー来航から明治維新の激動期を活写する大作。
岩波文庫で第一部(上・下)、第二部(上・下)の4冊です。
文庫本の初版が1969年(昭和44年)、以後増刷を重ね、最近では2009年に第7刷発行となっています。
人気は衰えないようです。

読み終えるには1ヶ月もかかりそうで、いつになったら本題に着手できるのでしょうか。
f0020352_1583776.jpg
[PR]
by m-morio | 2010-05-17 15:07 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)
散歩のとき
風があったり 気温が低いと ついつい うつむき加減で歩く
た゜から こんな花(マイヅルソウ)の 笑いかけてくる(?)表情に遭遇する
f0020352_12485262.jpg

でも 曲がった腰を伸ばして 上空を見上げると こんな具合・・・・
”新緑” には まだ遠い!!
f0020352_13185432.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-05-15 12:56 | 写真 | Comments(0)
f0020352_10112283.jpg

夏の季語(冬も・・)に 氷雨 という言葉があるとか・・・・・

雹(ひょう) や 霰(あられ)を指すらしい

変じて みぞれに近い つめたい雨

この二日ほどは まさに 氷雨 のようです

公園の桜 は 身を縮ませて じっと 寒さに耐えています
[PR]
by m-morio | 2010-05-14 10:19 | 写真 | Comments(0)
近所の 発寒川河畔 の桜が ぶんごうめ と一緒に咲き始めました

エゾヤマザクラ です

きょう は

朝から 雨 が ・・・・・ 

一日降り続きそうです

最高気温 は 10度まではあがらないでしょう


f0020352_103696.jpg

f0020352_10362524.jpg

[PR]
by m-morio | 2010-05-12 10:46 | 写真 | Comments(0)
前回、書き忘れたことがありましたので・・・

◆川路は、軽輩の身から次々と出世したことはすでに述べました。

その略歴は下記のとおりです。

江戸幕府勘定組頭格寺社奉行吟味物調役→勘定吟味役→佐渡奉行→小普請奉行→普請奉行→奈良奉行→大坂東町奉行→勘定奉行→西丸留守居→外国奉行

f0020352_20121687.jpg
◆川路は、プチャーチンから記念に「写真」撮りましょう・・といわれたことがあります。
しかし、このとき川路は頑なに固辞します。
その言い分は「私は醜男」だから・・というものだったとか。
プチャーチンはたいそう残念がったらしいが、もしそのとき撮っていたならば、
プチャーチンと並んだ肖像写真がのこったかも・・
と思うと残念な気がします。

◆川路聖謨が勘定奉行に昇進したときの日記に
「官僚の心構え」
として次のように書かれている。

1 議論で反論するときは穏やかな言葉を使う
2 相手の意見に道理がなくても、それが職務を損なわないなら心にとどめないこと
3 会議の際は、確固とした自分の意見を持ち、その上で多くの者の意見を聞く
4 衆議に従った場合は、自分の意見を忘れ固執しないこと
5 多忙に紛れて人に対する対応を粗略にしないこと


川路は、なかなかの堅物で、
質素倹約を旨とし、家中のものにもそれに倣わせ、
旅に出ると”仕事中”ということで、酒を断ち、家来にも従わせたとか。

そんな川路の姿を彷彿させる5ヶ条です。

どこかの国のある党のどなたかさんにお見せしたいような気もしますが。。。
f0020352_20292057.jpg
[PR]
by m-morio | 2010-05-06 20:31 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)
「日本の近現代史」を学ぶのに先立って、まず「小説」から・・・
と・・・・・
2冊の本に目を通しました。

1冊は
「落日の宴」~勘定奉行 川路聖謨(かわじ としあきら)~ 吉村 昭 著f0020352_13371153.jpg
本書は書店の店頭には見当たりません。
聞いてみると「絶版」とのことで取り寄せ不可能。
近所の古書店にもない。
図書館にはあるのだが・・・・・
インターネットで探したところやっと入手できました。
1999年に文庫化したもので、相当に日焼けしているとのことを承知で購入。
届いた現物は、なるほど”日焼け”していました。
でも、店晒しが長かっただけのことらしく、痛んでいません。
・・・・・・・・・・・・・・・

More
[PR]
by m-morio | 2010-05-04 13:51 | 井蛙のつぶやき | Comments(0)
                   裏山の公園はやっと小さな命の芽が顔を出し始めました↓f0020352_18493930.jpg

春らしい日差しを全身で満喫しました。  
今日の散歩は 気持ちよかったですね。
気温も18度程度だつたでしょうか。
背筋がキリッと伸びた感じがしました。

ず~っと寒い日が続いていて、風も強く背中を丸めての散歩はぜんぜん楽しくありません。

発寒川の川べりの桜や梅はまだ固いつぼみですが、今日のような天気が続くと1週間ほどで開花するかも・・・。

そういえば、札幌の桜の開花予想は9日だとか。

実感しています。
[PR]
by m-morio | 2010-05-02 18:54 | 写真 | Comments(0)