ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 これまで、中東・アフリカの騒乱について思いつくまま書き連ねてきました。
しかし、振り返ってみますと、起きた事実をそのまま転記しているに過ぎない・・・のかも。
それは当然でしょう!?
タイトルが “受け売り” 現代史 なのだから。。。!(^^)!
文才のない私には、その意図するところを十分に伝えきれないのがもどかしい。

先日、講座を聴講して、いろいろなことを考えさせられました。

 中東などに限らず、中国・北朝鮮も含めて、求められている(求めている)「民主化」とは何なのだろう。
言論の自由なのか、富の配分の公正化なのだろうか。

国情が異なり、その背景にある歴史や民族構成や政治・経済情勢がそれぞれ異なるため、一様には論じられるものではないですね。

私は迷走しています。

そもそも、アラブの人々は、「“欧米流”の民主化」を求めているのでしょうか。
差し当たっては、身近な“自由”を求めているのでしょう。
長年、圧制の下で抑圧されてきた人々が、今、この機会を逃したら、次のチャンスは何時来るのか・・
という気持ちなのでしょうか。

エジプトにしろ、チュニジアにしろ、今後どのようなプロセスをたどって新たなスタートを切っていくのか。

これが“正解”というものがありません。

とにかく今後の推移を見守ります。

もう一つ、私たちは、“現代史”を学んでいます。
紛争中のシリア・バーレーン・リビア・イエメンなどの国々に関する報道を日々追いかけて、目先の事象にばかり囚われて単に騒乱の状況を知るのではなく、その背景にある“歴史”を20年なり50年遡って学ぶという場に身をおいていることを忘れてはならないと自戒しています。

“歴史”をどのように文章に散りばめればいいのか、試行錯誤の日々です。

そんな思いを持ちながら、
「緊迫する中東・アフリカ情勢」の掉尾を飾って(?) 「エジプトのその後」を・・・。

興味がおありならば、続きを
[PR]
by m-morio | 2011-06-09 12:26 | 市民カレッジ | Comments(0)
苫小牧に 北海道大学の研究林 があります。

北海道も やっと 初夏の訪れ を 感じるようになりましたので 車を走らせました。

目的は 木漏れ日を背にしての 森林浴 です。

札幌は25度になるというのに 現地は 16度 です

どんな ところ?

実は 私も 初めて訪れる場所なので 様子 はよくわかりません

敷地内に 幌内川 が流れていますので とにかく それに沿って 歩くことにしました

森の中は こんな具合でした
f0020352_1010924.jpg

水辺には クリンソウ や マイズルソウ などが 咲いていました。
f0020352_1021135.jpg

周囲を見渡しますと あまり人影は ありません
時々、バードウオッチング の人 を見かける程度です
そうそう 入り口に 「熊に出会ったときの注意!」 が書かれていたなぁ・・・・・

樹木 と 植物 にばかり 気をとられていましたら こんな情景にも 遭遇・・・
f0020352_101429.jpg


ハプニングが・・・・

何かが目の前を横切りました
エゾリス です
しばらく 観察 しました
木に上ったり 降りたり と 全く ジッ と していません
そのなかでの一瞬です
f0020352_10164144.jpg

その直後 ダッと 逃げていきました
f0020352_10173489.jpg

昼食を挟んで およそ3時間 の 散歩 ・・・・
気持ちよかったですよ
[PR]
by m-morio | 2011-06-09 10:30 | 写真 | Comments(0)