ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「朝鮮半島」をテーマにした講座が終了しました。
朝鮮戦争後の、北朝鮮の歩んだ道、韓国の歩んだ道、そしてそれぞれの道はどこへ行くのか? を考える機会を得た貴重な時間でした。f0020352_1113792.jpg
両国は、1948年に成立し、
北朝鮮は、独裁的、閉鎖的かつ孤立的体制を維持してきましたが、この体制を今後も維持していけるのでしょうか。
そして、「朝鮮半島の統一」はあるのでしょうか。

民主化の道を進んだ韓国では、全く違った国の道を進む北朝鮮との統一など望んではいないのではないでしょうか。
あまりにも経済の格差が大き過ぎます。
万が一にも、“統一”となった際は、韓国側の持ち出しは莫大なものになりかねません。
北から南への急速な人口の移動も予想され、大混乱になるのではないでしょうか。

そして今、北朝鮮は世界から注目されています。
3月16日に、「4月にミサイル(衛星といってはいますが)発射すると予告」しました。
韓国で開催の「核安全保障サミット」でも、主な議題ではなかったものの、米韓中露の各首脳が発射阻止へ協調の動きを示しています。

しかし、この発射を止めることができるのでしょうか。
昨日今日計画されたものではないと推測します。 それなりの準備が必要です。
ひょっとしたら、金正日の生前時から、密かに進められた一大イベントなのかもしれない・・・・・と考えていましたら、28日の朝日新聞が、
この計画は「金日成主席の生誕100周年に際しての実用衛星打ち上げは金正日総書記の“遺訓”で、かなり前から計画されていた」と朝鮮中央通信が伝えたと報道しました。

恐らくは予定通りに強行するのではないでしょうか・・・。 
かの国においては、金正日の意思を捻じ曲げることなとできないのでしょうから。

その時、オバマ大統領や胡錦涛主席らは、どのような措置をとるのでしょうか。
万が一、中止となったときに、かの国は何を要求してくるのでしょうか。

その辺りのことは、発射を強行するのか否かを注視しながら、もう少し時間が経ってから整理してみることにして、今回は、韓国について、特に大統領選について触れることにします。

More
[PR]
by m-morio | 2012-03-31 11:23 | 市民カレッジ | Comments(0)
春分の日を迎えようという時節にもかかわらず、北海道は寒い。
真冬日の今日19日は、市内の小学校の卒業式が行われたとのことで、テレビには“和服姿”の男女の姿が見えます。時代の変わりようを感じています。

70代の私が小学校を卒業したのは60年も前のこと。
昭和27年頃というのは、戦後の復興を目指していた時代です。
まだまだ物が不足で、ひもじい思いをした記憶がありますが、この70代の人たちは、戦場に行かずにすみました。

中学、高校へと進み、大学も入ってしまえばトコロテン式に押し出され、社会は高度成長期。
就職は売り手市場で、学校の推薦があれば、面接を受けるだけ。
どうぞ入社してください・・・・という時代でした。

将来はばら色、どんどん世の中が豊になっていくという感触がありました。

ごく普通に就職し、家庭を持ち、子供たちも就職活動に奔走することもなく、非正規社員か?などと我が子の行く末を案じることの多い現在に比べれば親としてまあまあ幸せな世代なのではないでしょうか。

今、年金生活。
でも、「年金」と一口に言っても、これには個人差があるでしょう。
現役時代に、しっかりと将来を見据えて、個人年金の備えをしていた人は、まさに悠々自適といったところでしょうか。

年金のカットも始まっています。
2012年度も、前年度に続き0.3%減額されることになっています。
さらに、特例措置法で、マイナスの物価スライドを行わず年金額(2.5%)を据え置いてきたために、これを3年かけて解消しようという法案が通常国会に提出されています。
決定すれば、今年10月からさらに減額されることになります。

でも、我々70代は、この年金カットの影響も比較的軽微で通り過ぎることができそうな最後の世代なのかもしれません。
60代の人は、恐らくそうは行かないのではないでしょうか。

ならば、恵まれた世代の我々は何をすべきなのか。。。。。
長年の持病のせいで、体は思うように動きません。
せめてマンションの役員をお引き受けし、細々とした買い物で消費税を納めることなのでしょうか。

孫のたっくんは、つい最近、小学校に入学したと思ったら4月には5年生です。
中学生も目前です。
高校、大学、そして社会人に・・・・。

10年後の社会は、日本の人口も減少局面に入り、社会における競争相手は外国人労働者・・・ということになっていくことでしょう。
70代の我々の時代とは趣を異にした競争の時代になるのでしょうね。

たっくんには、目を外に向け、できることなら海外に飛び出して欲しいものと・・・・

寒い一日 窓外の雪模様を眺めながら じいじ は 妄想を逞しくしています。
[PR]
by m-morio | 2012-03-19 19:41 | 日々雑感 | Comments(0)
◆アラブの春から1年・・・・・シリアを中心に

▼”アラブの春”と呼ばれる一連の独裁体制の倒壊は、中東とアラブの歴史において類を見ない事件だった。
第二次世界大戦の終結、ベルリンの壁崩壊などとともに”アラブの春”は世界史に記録される大事件。
エジプトでムバラク独裁政権が倒されて1年が経った。 2度目の春が巡ってきた。 
チュニジアにおける政権打倒とともに、エジプトでの政変は地域に多大な影響を与えた。

まず、四つの国のその後を・・・・・

□チュニジア
昨秋、新憲法制定のための制憲議会(憲法を制定する議会)の選挙が行われ、イスラム系政党が第1党となり、連立政権が誕生した。 制憲議会は、1年以内に新憲法を作り、議会選挙や大統領選挙を経て、正式な政権が誕生することになる。

□エジプト
自由な選挙で選ばれた人民議会が始まった。  新議会では、旧政権時代の最大野党のムスリム同胞団による自由公正党が、議席の半数近くを得て第1党になった。                     
今後、憲法の起草委員会が作られ、新憲法案が国民投票にかけられる。
大統領選挙の後、軍政からの民政移管が予定されているのだが・・・・・!? スムースに進むのか。
                        
□リビア
昨年11月、暫定政府が発足はしたものの、今後安定した民主国家が誕生するかどうか?             カダフィによる、憲法も、議会も、選挙もない、という極めて特異な独裁体制が続いたため、極端に言えば「一から国を作り出さねばならない」状態。
この国は、100以上の部族があると言われる伝統的な部族社会で、部族同士の対立が絶えない。
「ひとつの国」という意識が薄く、安定した国づくりは前途多難。

□イエメン
2月27日(2012年)サレハ前大統領は、副大統領だったハディ氏に権限を委譲し、1年を超えた反政府デモが収束。
民主化運動「アラブの春」で独裁者が退陣する4つ目の国となった。
しかし、権限の委譲を受けたとはいえ、部族勢力同士の対立が激しく、対立する陣営がそれぞれ勢力を維持しつつ、妥協の末に事態を収拾した「勝者なき革命」と言われたりする。
ハディ暫定大統領は、2年間の移行期間内に、新憲法制定や大統領選挙を行わねばならない。
ひとまず混乱は沈静化しているが、今後、各陣営の対立が再び表面化する可能性も無きにしも非ず。

More
[PR]
by m-morio | 2012-03-02 16:26 | 市民カレッジ | Comments(0)