ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

前回「ましゃロス」という言葉に触れました。

「ましゃロスの 妻を救った 五郎丸」・・サラリーマン川柳

新聞記事で、言葉の意図するところは理解したのですが、
まだすっきりしませんでした。

この機会に「カタカナ語辞典」を入手。
店頭には結構な種類が書棚にならんでいます。
私の選ぶポイント
・字が大きいこと
・価格が手ごろであること
・できればその言葉の用例があること
・・・程度のことでしたが
まあまあのものが見つかりました。

辞典をパラパラとめくっていて
ひょつとしたら この「ましゃロス」の原点?はこれではなかろうかという言葉に遭遇しました。
全く 偶然でした。

「ペット ロス」(pet loss)
長年飼い続けた愛玩動物の死が引き金となって飼い主に生じる悲しみや、ショックなどの心理状態
・・とありました。

皆さんは先刻ご承知のことなのかもしれませんが
時代の流れに乗り遅れている"じいじ"もやっと納得しました。

もっとも 「原点」がこの言葉かどうかはわかりませんが・・・。

f0020352_953573.jpg

[PR]
by m-morio | 2016-02-24 09:59 | 日々雑感 | Comments(0)
「ましゃロス」とか「ゆう活」などという活字を目にしたがその意味がピントこないんです。

生命保険会社が募集した川柳の入選作品に出てくる言葉です。

作品:
「ましゃロスの 妻を救った 五郎丸」

一読して理解できませんでした。
冒頭の言葉の意味が分からないのです。

記事の説明を見てはじめて そうなんだ! と・・・。
歌手・俳優の福山雅治さんが結婚したことを嘆く女性ファンのことを「ましゃロス」というのだそうですね。
流行語なのだとか。知らなかったなぁ)^o^(

毎日、しっかりと新聞に目を通し、時の流れに乗り遅れまいと意識しているつもりですが
やっぱり・・・遅れていました。

今の時代の若者は、なんでも言葉を短縮することが好きなようだ。
いや、時代には関係ないのかもしれない。
「モボ」「モガ」なんて言葉がもてはやされた時代があったのだから・・・。

この短縮言葉に戸惑っている一方、氾濫する「カタカナ語」にも閉口しています。

芸能人から政治家まで、やたらと口走る。
「ストイック」「カミングアウト」「イノベーション」などなど
そろそろ「カタカナ語辞典」を手元に置こうかと考えています。

川柳ですが

「『休みます』 新入社員の 紙対応」

「やってみた ゆう活憂鬱 趣味がない」

なんとなく理解できるような できないような!?


f0020352_18164885.jpg

[PR]
by m-morio | 2016-02-18 18:17 | 日々雑感 | Comments(0)