ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

市民カレッジ

物忘れすることが多くなってきています。
居間から寝室にきて・・・あれっなにしにきたんだっけ!ということが多くなっているような気がしています。
少々ボケがきつつあるなぁ~と思う瞬間です。
「ボケないための生活術」という新聞のコラムも大いに気になります。
やはり脳のタガが緩んできているのだ・・・と自覚したわけでもないのですが、
この緩みつつある我が"脳"に 少々"喝"を入れようと、今日から市民カレッジなるものに通いだしました。

この冬の間ぼ~んやりとしているときにふと何か新しいことをやってみょうか・・・という気になったのがキッカケです。
別に、特別何かを生涯の研究テーマにしようとか、ある事をもっと深く勉強してみようとかという高邁な目標や信念があってのことではありません。
物事に取り組んでいるうちに 興味がわいてくることにぶつかるかもしれない といった極めて曖昧な動機から始めた事なのです。

でも、一念発起してほぼ半年になりますがやはり事を始めるにはエネルギーが必要です。
まだ私にも多少の気力が残っていたのだ・・と改めて感じた次第です。

このブログを始めたときもそうでしたが、やはり "はじめのいっぽ" には勇気も気力も必要なのですね。

ところで何を学んでいるのか・・
触りだけを書きますと・・・・・・・
いろいろあるカリキュラムの中から、取りあえず私にでも聴講できるかなぁと思ったのが「現代史」でした。
特別、歴史の勉強をしたかった・・・というわけではありませんでしたが、
「世界史から現代の諸問題を学ぼう」というタイトルで
その内容も、少数民族に焦点をあて「パレスチナ」「チェチェン」「チベット」「ネパール」について、その地域の文化、宗教を学び、様々な歴史的事実についてその背景から物事を考えていこうというものです。

例えば、「パレスチナ」の問題一つにしても 
紛争の現状のこと 
ユダヤ民族のこと 
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教のこと 
など 新聞紙上にその記事が載ってもずっと目をそむけてきました。
その最大の理由は、その背景や史実についての知識がないために現在起こっている事柄を理解できないが為・・といっていいかも知れません。
そんなこんなで、今回の受講となりました。

実は、これが終わった後にもう一つ別の講座も受講する予定をしています。(現代史 とは全く関係ない内容のものですが・・)

さて!これらのことは 私にどんな刺激を与えてくれるのでしょうか? 

写真一つでも満足に身に付かないまま今日に至っている自分を恥じながらも
"何かの刺激を求めて"また一歩を踏み出してみました。

f0020352_19311933.jpg

[PR]
by m-morio | 2006-05-25 20:04 | 市民カレッジ