人気ブログランキング |
ブログトップ

はじめのいっぽ

hiro1029.exblog.jp

日々雑感を記録します

2012年 03月 31日 ( 1 )

「朝鮮半島」をテーマにした講座が終了しました。
朝鮮戦争後の、北朝鮮の歩んだ道、韓国の歩んだ道、そしてそれぞれの道はどこへ行くのか? を考える機会を得た貴重な時間でした。f0020352_1113792.jpg
両国は、1948年に成立し、
北朝鮮は、独裁的、閉鎖的かつ孤立的体制を維持してきましたが、この体制を今後も維持していけるのでしょうか。
そして、「朝鮮半島の統一」はあるのでしょうか。

民主化の道を進んだ韓国では、全く違った国の道を進む北朝鮮との統一など望んではいないのではないでしょうか。
あまりにも経済の格差が大き過ぎます。
万が一にも、“統一”となった際は、韓国側の持ち出しは莫大なものになりかねません。
北から南への急速な人口の移動も予想され、大混乱になるのではないでしょうか。

そして今、北朝鮮は世界から注目されています。
3月16日に、「4月にミサイル(衛星といってはいますが)発射すると予告」しました。
韓国で開催の「核安全保障サミット」でも、主な議題ではなかったものの、米韓中露の各首脳が発射阻止へ協調の動きを示しています。

しかし、この発射を止めることができるのでしょうか。
昨日今日計画されたものではないと推測します。 それなりの準備が必要です。
ひょっとしたら、金正日の生前時から、密かに進められた一大イベントなのかもしれない・・・・・と考えていましたら、28日の朝日新聞が、
この計画は「金日成主席の生誕100周年に際しての実用衛星打ち上げは金正日総書記の“遺訓”で、かなり前から計画されていた」と朝鮮中央通信が伝えたと報道しました。

恐らくは予定通りに強行するのではないでしょうか・・・。 
かの国においては、金正日の意思を捻じ曲げることなとできないのでしょうから。

その時、オバマ大統領や胡錦涛主席らは、どのような措置をとるのでしょうか。
万が一、中止となったときに、かの国は何を要求してくるのでしょうか。

その辺りのことは、発射を強行するのか否かを注視しながら、もう少し時間が経ってから整理してみることにして、今回は、韓国について、特に大統領選について触れることにします。

More
by m-morio | 2012-03-31 11:23 | 市民カレッジ